資格取得

みんなはどれくらい勉強したの? 行政書士合格に必要な勉強時間とは

独学で行政書士試験の合格を勝ち取る人も多いようですが、合格するためにどのような勉強をしたのか気になりますよね。この記事では、独学で行政書士の勉強を行う人に向けて、合格までの勉強時間、スケジュールの組み方、効率の良い勉強方法を紹介します。

この記事を読んで、行政書士試験の合格率を上げるための参考にしてみてください。

勉強時間の目安は約500~800時間

行政書士試験に合格するためには、500~800時間は勉強する必要があるといわれています。ピンとこない人もいるかもしれませんが、1日3時間の勉強時間を確保できる人の場合、167~267日かかります。

つまり、毎日勉強して6カ月~9カ月かかるということです。1日の勉強時間が3時間未満や全く勉強しない日もあるはずなので、もっと日数がかかる可能性があります。行政書士試験は難関国家資格の一つで、効率よく短時間勉強すれば簡単に受かるというものではありません。

しかし、法律系の国家資格の中では難易度は易しめで、法律資格の入門の位置にあります。そのため、受験者に全くの法律初心者の人もいれば法律の知識を持っている人もいるので、勉強時間の目安に大きな差が生まれてしまうのです。

一般的には、法律の知識がある人が試験勉強をすれば500時間ほどで合格できますが、一から勉強する人は800時間ほど見積もっていた方が良いかもしれません。

行政書士は、テキストを1冊読んだり過去問を数年分取り組んだりするだけでは合格することができないほどの難関ですので、目的を持ってスケジュールをしっかり立てて勉強を進めていくことが求められます。働きながら勉強する人は、特にスケジュール管理が重要です。


勉強を始める時期はいつがいい?

合格するまでに必要な勉強時間が分かれば、試験日に合わせて逆算していくだけです。行政書士の試験日は例年11月の第2日曜日ですので、同じ年の遅くても2月~5月くらいには勉強を始めなければ合格の可能性が下がるでしょう。

いつから勉強を始めたらいいのか迷っている人は、まず自分が1日に平均どのくらい勉強時間を確保できるのか考えてみてください。平日と休日では勉強にあてられる時間が異なるはずですので、1週間単位で数字を出してみると、その後の計算がしやすいでしょう。

例えば、平日に3時間、休日に5時間勉強できる人の場合、1週間の勉強時間は3×5(平日の勉強時間)+5×2(休日の勉強時間)=25時間です。法律初心者であれば800時間÷25時間=32週ですので、月4週間と考えると8カ月前から勉強を始める必要があります。必要勉強時間を500時間で計算すると、500時間÷25時間=20週となるので、この場合は5カ月前から勉強を始めても合格できる可能性があるということです。

しかし、多くの人は急用ができたり体調を崩したりして予定とは異なる勉強時間になるはずですので、総勉強時間に差が出たら、早めに調整しておきましょう。

7月の第2週に試験が公示されて、年によって異なりますが、一般的には7月下旬から9月上旬まで受験申込の受付が行われています。法律の知識がある人でも、公示前には着手しておいた方が良いかもしれません。


行政書士の試験科目と合格ラインは?

勉強を始める前に、合格ラインを超えるためにどう勉強したらいいかを考える必要があるので、しっかり試験の詳細を把握しておきましょう。

行政書士試験の科目は全部で8科目あり、「法令等科目」と「一般知識等」の2科目に大きく分けることができます。

法令等科目では、5科目分が択一式と記述式で出題され、択一式が43問(5肢択一式40問、多肢選択式3問)、記述式が3問の合計46問の編成です。一方、一般知識等では、3科目から択一式(全て5肢択一式)で14問出題されます。試験は300点満点で、法令等科目が244点満点(5肢択一式 160点、多肢選択式 24点、記述式60点)一般知識等が56点満点です。

300点満点中180点以上が合格ラインの目安ですが、得点合計が180点を超えていても法令等科目で122点以上、一般知識等で24点以上獲得しなければ、合格基準を満たしたと判定されません。したがって、行政書士試験に合格するためには、得意科目に力を入れて勉強するのではなく、満遍なく得点できるように苦手科目を作らないようにすることが重要です。

特に、法令等科目の記述式問題は3問で60点満点と配点が高いので、いかに記述式で点数を伸ばせるかが、合格率を上げるためのポイントになりそうです。

効率よく勉強するには行政法と民法がキモ

これから行政書士試験の勉強をする人の中には、「試験範囲が広くて必要な勉強時間も多いから、効率の良い勉強方法を知りたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。足切り条件が重たいので、苦手科目を作ってしまうとかなり試験では不利になってしまいます。

そのため、全科目を満遍なく学習した方が良いのですが、より効率良く合格率を上げるためには、試験の配点が大きい科目を中心に勉強を進めると良いでしょう。

8科目中、配点が高めに設定されているのは、行政法と民法です。行政法は試験科目の中で本試験全体に占める配点割合が4割近くと非常に多く、民法も行政法に次いで配点割合が大きい科目とされています。

この2科目だけで試験の半分以上が構成されているので、行政法と民法に自信を持って試験に臨むことができれば、合格をグッと引き寄せることができるでしょう。しかし、単純に全体の6割をとれば合格というわけではないので、法令等では122点以上、一般知識等では24点以上得点できるように、行政法と民法を得意科目にして他の科目で苦手意識を持たないことが合格のポイントです。

合格までの目安の必要勉強時間は多いですが、勉強以外にもしなければならないこともあるでしょうから、なるべく勉強時間を最小限に抑えて合格を目指すようにしましょう。

[HEADすきま時間を有効活用? 休日に集中? 勉強時間をどうやって作る?
行政書士試験を受けるほとんどの人は仕事をしているので、勉強時間を確保することが難しいでしょう。そこで、勉強時間を確保するために必要なことは、暇があればその時間を有効活用するということです。

仕事をしていると、基本的には食事前や寝る前に勉強をするので、多く見積もっても3時間勉強できれば良い方でしょう。そこで、勉強のペースを落とさないためにも、通勤中や帰宅中の電車やバスの中、仕事の昼休み、食後や風呂上がりのゆったりとした時間など、ボーっと過ごしてしまいがちなすきま時間を使うことをおすすめします。

たった数分のすきま時間ですが、コツコツと積み重ねることで馬鹿にできないほどの勉強時間になります。5分あればテキストを読んだり問題を解いたりすることが十分可能なので、少しの時間も無駄にしないという意識が、勉強時間作りのポイントです。

しかし、このようにすきま時間を活用することは有効ですが、実際に試験に合格した人の中には、平日に勉強できない分を休日に集中して取り戻すスタイルの人もいれば、休日は家族サービスに使うという理由で全く勉強せずに平日の限られた時間だけで試験に合格する人もいます。

つまり、勉強時間の作り方は人それぞれなのです。すきま時間を有効活用するも良し、すきま時間はリフレッシュに使って休日にまとめて勉強するも良しなので、無理しないように自分のペースで勉強することを心がけましょう。


自分に合ったスタイルで合格を目指そう!

行政書士合格までの勉強時間の目安は500~800時間ほどで、法律の知識があるかないかで勉強時間に差が発生します。苦手科目を作らないように試験範囲を網羅することは大切ですが、行政法と民法を中心に勉強を進めると良いでしょう。

勉強着手から試験日まで期間が長いので、無理のないペースで勉強のスケジュールを組み、自分に合ったスタイルで合格を目指しましょう。

カテゴリ:資格取得

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 転職に役立つ? 副業にできる? 行政書士の資格を最大限に活かす方法
  • 行政書士の平均年収は約600万円⁉ 収入アップの方法を解説
  • 独学でも合格できる? 行政書士資格試験に向けた学習方法
  • 身近な法律家、行政書士の仕事内容は? 司法書士、弁理士との違い
  • NEW
    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • よし、全力でオカシイ人になろう! 一か八かの東大受験/ただの主婦が東大(21)

  • これで合格! 現役東大院生・ただっち流8つの「ずるい勉強法」

  • ガチで実践! 引き寄せの法則と脳科学で東大を目指す凡人主婦/ただの主婦が東大(20)

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 隠してたつもりだったけど、夫にはバレていた/ただの主婦が東大(7)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る