資格取得

“0円”なのになぜもうかる? 無料ビジネスの仕組みを解き明かす『フリー』/MBA必読書50冊⑤

グローバルエリートたちは、ビジネスの「セオリー」を知っている! ビジネスマン必読の50冊のエッセンスが1冊で学べる『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』(永井孝尚著)より、「読む」だけで差がつくビジネスマン向けの本をご紹介いたします(第5回)。

無料で儲けるビジネスモデル

私たちの周りには無料のモノやサービスが実に多い。グーグル検索やGメールは無料だが、便利で高機能だ。ラジオやテレビ番組、最近ではスマホアプリも無料が多い。この無料のビジネスモデルの仕組み「フリー」を解き明かしたのが、本書である。

無料ビジネスが増えてきたのには、3つ理由がある。


①出費の痛み→有料だと人は「お金を出すかどうか」考えるが、無料ならこの痛みは感じない。即座に使う。「0円」は実に強力で、ユーザーが爆発的に増える。

②ネットワーク効果→使う人が多いほど、サービスの価値が高まる効果だ。電子メールやSNSを使うのが自分1人なら何の価値もない。知り合い全員が使うから便利なのだ。無料にして使う人数が増えるほど、ネットワーク効果で価値が高まる。

③限界費用→限界費用とは、商品を1つ増やすのに必要な費用のこと。普通の商品の限界費用は、1個当たりの製造・流通コスト。商品を無料で提供するにも、それなりにお金がかかる。デジタルの世界だと無限にコピー可能だから、限界費用はほぼゼロになる。無料で大量に配っても、追加のお金はほとんどかからない。


高品質のサービスを無料にすれば、使う人は爆発的に増え、サービスの価値は高まるし、デジタルの世界であればコストもそれほど増えない。

ではどうやって儲けるのか。

本書は4つの方法を紹介している。最初の2つは昔からあったモデル、次の2つはデジタル時代に生まれたモデルだ。

①内部相互補助→無料で広げ、別の有料版で稼ぐ方法だ。0円スマホがあるのは、通信料金の中にスマホ代が含まれているからだ。

②三者間市場→広告で稼ぐ方法だ。ラジオやテレビが無料なのは、CMで宣伝する商品売上のおかげだ。グーグル検索が無料なのも、広告に広告主がお金を払っているからだ。

③フリーミアム→一部のプレミアム顧客が負担する方法だ。エバーノートやドロップボックスは無料だが、データ量が多いヘビーユーザーは有料だ。デジタルな世界では限界費用がほぼゼロなので、一部のヘビーユーザーが払えば問題はないのだ。

④非貨幣市場→社会貢献活動として行う方法だ。ウェブの世界では、情報発信にほとんどお金がかからないので、お金を得ることが目的でなくても、様々な情報をネットで提供できるようになった。ウィキペディアもボランタリーで運営されている。


無料ビジネスとは戦わない

無料ビジネスは大きな破壊力を秘めている。特にデジタルなものであれば複製コストがゼロ。いずれ無料になる可能性が高い。これまでの有料ビジネスを行ってきた人たちにとって大きな脅威だ。ではどうすればいいのか?

音楽業界が参考になる。音楽はスポティファイのようなサービスで聴き放題になった。しかし有名ミュージシャンは稼いでいる。ライブのおかげだ。

有名ミュージシャンと過ごす時間は、何ものにも代え難い。いまや時間が希少な資源だ。デジタル音楽のように無限にコピーできるものは無料になるが、希少なモノや時間の価値は逆に高まっていくのだ。

2016年に亡くなった音楽界のカリスマだったプリンスは、2007年にロンドンの新聞に19ドルのCDを280万部、無料でつけた。一見太っ腹に見えるが、実はしたたかに考えている。その後ロンドン公演全21回分は完売。20億円以上の利益をあげた。生のプリンスに会えることに、人々が大きな価値を感じたからだ。


現在、無料ビジネスは岐路にある。無料のフェイスブックやグーグルを使う際に、人々は無料と引き替えに、自分のプライバシーなどの莫大なコストを負担していることに気づき始めている。

一方で無料ビジネスはフェイスブックやグーグルだけではない。応用範囲は広い。

無料ビジネスと戦おうとせず、むしろ無料ビジネスの特長を理解し、場合によっては味方につけて、希少さを武器に顧客に大きな価値を提供して稼ぐことを考えるべきなのだ。

◇ ◇ ◇

デジタル時代のフリーの本質と威力を理解し、ビジネスで活用せよ

『フリー』著者:クリス・アンダーソン

3D Robotics 社CEO。ワイアード誌元編集長。「ロングテール」「フリーミアム」「メイカームーブメント」といったキーワードでデジタル時代の新しいパラダイムをいち早く提示し、2007年にはタイム誌の「世界でもっとも影響力のある100人」にも選ばれている。2012年にドローン開発のスタートアップ、3D Roboticsを創業。カリフォルニア州バークレー在住。



永井 孝尚

カテゴリ:資格取得

【著者紹介】永井 孝尚(ながい・たかひさ)
2013年に日本IBMを退社して独立、ウォンツアンドバリュー株式会社を設立して代表取締役に就任。執筆の傍ら、幅広い企業や団体を対象に新規事業開発支援を行う一方、毎年2000人以上に講演や研修を提供し、マーケティングや経営戦略の面白さを伝え続けている。主な著書にシリーズ60万部『100円のコーラを1000円で売る方法』(KADOKAWA)、10万部『これ、いったいどうやったら売れるんですか?』(SB新書)ほか多数。

【書籍紹介】『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』(KADOKAWA)

【記事内の書籍紹介】『フリー[ペーパーバック版] 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』(NHK出版)

あなたへのオススメ記事

  • “猿マネ”日本企業は、このままでは負け続ける『競争戦略論Ⅰ』/MBA必読書50冊①
  • 自社の“強み”を活かせる企業だけが生き残れる『コア・コンピタンス経営』/MBA必読書50冊②
  • ディズニーランドに学ぶ、顧客との絆『顧客ロイヤルティのマネジメント』/MBA必読書50冊③
  • “世界のトヨタ”が実践する、ムダを徹底的に省く方式を学ぶ『トヨタ生産方式』/MBA必読書50冊④
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

資格取得の人気記事ランキング

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • メンタリストDaiGo「超効率勉強法」が具体的すぎて素晴らしい/タロログ

  • 教えて!「中小企業診断士」って独立後にどうやって稼ぐの?/杉山友理

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る