資格取得

行政書士で開業して食べていける? 独立前にやっておくべき準備とは

行政書士として成功したいと考えている人も多いでしょう。行政書士として独立して立派に仕事をしていきたいのなら、開業をするまでに何をするのかがポイントになります。開業に向けてしっかりと準備をすることで、独立してからも食べていけるようになるでしょう。この記事では、開業に向けた準備、独立までのスケジュールなどについて解説します。

行政書士の開業には事前準備が不可欠

行政書士として独立開業するためには、事前準備をしっかりおこなうことが重要です。まず、行政書士として働くためには資格を取得する必要があります。行政書士の資格を取得したうえで、行政書士会に登録すればすぐに働くことが可能になるのです。しかし、登録したからといってすぐに仕事が舞い込むわけではありません。

行政書士として開業する人は、右肩上がりで増えてきています。そのため、行政書士は競争率の高い仕事だといえるでしょう。地盤を固めたり人脈を広げたりすることが重要になります。行き当たりばったりではなく、事前に周到に準備をしてから開業するのがポイントです。

まずは運転資金を用意しよう

独立開業するのなら、運転資金を用意することは欠かせません。開業するためには、さまざまな費用がかかりますから、どのくらいの資金が必要なのか把握して用意するようにしましょう。一般的に行政書士などの士業は、低予算でも開業できるといわれています。

しかし、開業するためには少なくても50万円程度の資金が必要になるでしょう。余裕をも持った独立をしたいのなら90~100万円ぐらいあると安心です。

開業のための資金としてまずかかるのが、行政書士会への登録費用です。入会金はおよそ20万円、登録手数料が約2万5000円、会費が3カ月で2万円程度、登録免許税が3万円になります。つまり、登録費用だけでおよそ28万円が必要になるでしょう。それだけではなく、名刺や通信設備、事務所の備品を購入する費用なども必要ですから、合わせて50~100万円になります。

開業資金としては100万円あれば安心ですが、それ以外の費用も用意しておく必要があります。開業したとしても、すぐに仕事が来るとは限りません。場合によっては、なかなか仕事が舞い込まず、利益が出ないケースもあるでしょう。

十分な生活費や運転資金がないと、途中で廃業しなければいけなくなることもあるのです。そのため、1年分くらいの生活費や事務所の運転資金もある程度用意しておくことで、安心して開業することができます。

自分の得意分野を決めよう

行政書士が扱うことのできる業務は、非常に幅広くなっています。そのため、オールマイティーではなく自分の専門分野を作っておくことで、アピールポイントになりやすくなるのです。効果的にアピールすることができれば、顧客がつきやすくなり仕事がうまくいく可能性が高まります。

行政書士の仕事で扱う書類は膨大で、1万種類を超えるとされています。そのため、そのすべてに完璧に対応することは難しくなるでしょう。自分がどの分野を極めたいのか、方向性をしっかりと定めることが重要になります。

また、行政書士は営業力が問われる仕事です。行政書士というと書類を扱う仕事といったイメージがありますが、人とのつながりや営業をおこなうことが大切になります。その際に、専門分野があると相手にアピールしやすくなるでしょう。この分野だけは誰にも負けない、知識や経験を豊富に持っているということだと、安心して任せることができるため、仕事が来る可能性があります。

今までの経験やスキルなどをしっかりと洗い出して、得意な分野や人に負けないと思える分野を探しましょう。その分野に絞って勉強をしていくことでさらにスキルが上がり、顧客からの信頼や仕事を得やすくなります。

人脈作りも新人には大切

人脈を作ることも、行政書士として開業する際には重要です。勉強会や異業種交流会などに参加して、ネットワークを構築することを心がけるといいでしょう。

地域にもよりますが、各都道府県の行政書士会で勉強会などが開催されていることがあります。行政書士は開業したら終わりではなく、常に勉強をして知識を増やしたりスキルを磨いたりすることが大切なのです。

そのため、勉強会にはさまざまな行政書士が参加しています。経験豊富な先輩がたくさんいますから、そのような人と交流をしておくといいでしょう。また、勉強会の後には懇親会がおこなわれるのが一般的です。参加費が必要にはなりますが、新人なら参加しておいたほうがいいでしょう。

人脈が広がるだけではなく、行政書士の先輩としてのアドバイス、開業に必要なノウハウなどを教えてもらえる可能性もあります。

異業種交流会などの懇親会にも積極的に参加していきましょう。行政書士の先輩だけでなく、ほかの士業の先輩とつながりを持つことができます。さまざまな業種の人とつながりを持っておくことで、営業につながることもあるのです。

異業種交流会や勉強会などで構築した人脈から、仕事が舞い込むこともあるので、人が集まる場所には積極的に顔を出して、幅広い人脈を構築しましょう。

事務所経営に必要なスキルも必須

開業するためには、行政書士としての知識やスキルだけでなく、事務所を経営するために必要なスキルも必須になります。まず必ず必要になるのが、会計の知識です。事務所を経営する場合には、管理しなければいけないことが多くあります。

優れた会計ソフトもありますし、難しいようなら税理士に任せることも可能ですが、基本的な会計スキルぐらいは持っておいたほうが安心でしょう。

会計スキルは、確定申告の際に非常に役に立ちます。また、事務所の経営状態を知るためにも会計スキルは必須になるでしょう。また、国民健康保険や年金についても考えなければいけません。独立開業した場合には、国民健康保険や年金は自分自身で支払う必要がありますから、会社員などで雇われているときと比べて、手間や負担が大きくなります。

営業スキルも磨くようにしましょう。行政書士は競争率の高い仕事なので、営業力は非常に重要なポイントです。集客するためにコミュニケーション能力を高めておくと、営業がうまくいって顧客が増える可能性もあるでしょう。また、web集客のスキルも大切です。

インターネットが広く普及していますから、ネットを使って行政書士の事務所を探す人も多くなっています。そのため、事務所のサイトを作るといいでしょう。サイトをわかりやすく作る、料金体系や得意分野をしっかりと記載するなどを意識して作ることで、web集客を高めることができます。

独立開業までのスケジュール

行政書士として独立開業するためには、スケジュールを把握しておくようにしましょう。まずは資格取得です。在職中なら退職の準備や手続きなどと並行して、事務所の場所を決めます。電話番号やホームページのURLなども必要になるので、そちらも準備しましょう。

場所を決めたら、入会予定の行政書士会に登録申請をおこないます。行政書士会による事務所調査を受け、登録が無事に終われば入会式へ参加します。開業届を提出することで、独立開業は完了です。

事務所を立ち上げるための準備と並行して、資金準備や営業活動などもおこなっていくと、スムーズに開業できるでしょう。

開業は計画的に行おう

もし、将来的に行政書士として独立開業したいと思っているのなら、しっかりと事前準備を整えることが大切です。資金を集める、得意分野を作ってアピールする、人脈を作る、経理や会計、集客などのスキルを高めておきましょう。開業のための事務手続きと並行して、計画的に準備をすることで、スムーズに独立開業をすることができるのです。

カテゴリ:資格取得
試験の難易度は? 年収は? 気になる「行政書士」の記事はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 行政書士になるには? 資格試験の内容から資格取得後の流れまでを解説
  • 行政書士と司法書士はどう違う? 魅力的な2つの法律系資格を詳しく解説
  • 行政書士のバッジにはどんな意味がある?資格をとったら身に着けるべき?
  • 行政書士会とは? 行政書士として働きたいなら強制加入って本当?
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士は儲かる仕事? 稼いでいる人がやっている7つのこと

  • 中小企業診断士はどんな仕事をしているの? 1日の仕事の流れは?

  • 中小企業診断士で独立したい! 稼ぐためにはどうすれば良い?

  • 中小企業診断士になりたい人必見!「養成課程」とはいったい何?

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る