資格取得

人生100年時代にMBAを選択すべき、たった一つの理由/川尻秀道

生涯を通じた「リカレント教育」により、自分自身を常に高めていく必要性が高まっています。そこで有効なのが、MBAの取得です。その理由について、「MBA Lounge」を運営する川尻秀道さんが解説します。

「リカレント教育」が日本でブームになっています。

まずリカレント(Recurrent)とは、英語で「回帰」「再発」「循環」という意味です。

「リカレント教育」とは、社会人として仕事を始めた後にビジネススキルアップのためにビジネススクールなどで学び直し、生涯にわたって学習を続ける教育システムを指します。

2017年11月の「人生100年時代構想会議」で、安倍総理が「リカレント教育」の拡充と財源の投入を宣言したことから、2018年は「リカレント教育元年」とも言われました。

では、なぜいまリカレント教育なのでしょうか?

会社に依存しない生き方

政府の働き方改革で、日本の会社員の働き方が変わってきています。

2018年1月の会社員の副業解禁を皮切りに、2019年4月より大企業を対象として時間外労働の上限が月45時間、年360時間までと規制されました。

2020年4月からは、中小企業も規制の対象となります。

これは、家族により重きを置くライフスタイルへの改善に加え、会社員に対して「一つの会社に依存しないで、多様なスキルを身につけて多様な働き方をしなさい」という、政府からのメッセージだと思います。

ひと昔前のように、「社員は家族」「会社は運命共同体」という考えは、薄れつつあります。

人材の流動も活発化し、会社員個人は会社の看板ではなく個人の看板を背負って会社を渡り歩いていく、という時代になってきています。

大学卒業までの知識では勝負できない

世界中で大ヒットしている書籍『ライフシフト』の著者であるリンダ・グラットン教授(ロンドンビジネススクール)は、日本政府の「人生100年時代構想会議」において、「人生100年時代では、これまでは教育⇒仕事⇒引退という3つの人生のステージが主だったが、これからは状況に応じて個々のタイミングで3つのステージを何度も移動するようになる」と語りました。
(出典:「人生100年時代構想会議 リンダ・グラットン教授との意見交換会を開催」/文部科学省)

これは「教育は大学卒業で終わり」という、今までの常識を覆す考え方です。

従来は大学卒業までの約20年間で習得したスキルと知識を活かして、残りの40年間会社に貢献しつづけることが可能でした。

しかし、人生100年時代にはそのような生き方が通用しません。

コンピューターのように常に自分自身もアップデートしつづけなければ、社会に貢献できるスキルや知識を維持することができないのです。

一流大学を出て、一流企業に就職したから、一生安泰。そんな考えで自分自身への教育を怠っていると、キャリアの途中で路頭に迷ってしまう時代です。

MBAで、いつの時代も通用するスキルを身につける

このように、長期間にわたり個人の実力で勝負できる人材になるための選択肢の一つが、リカレント教育でのMBA取得です。

その理由はたった一つ。MBAは「知識を詰め込む教育」ではないからです。

MBAで習得できるのは、

1)現状を分析し、
2)その結果を踏まえて組織として何をするべきか判断し、
3)それを実行するためのチームを作り、
4)組織として結果を出すリーダーシップを発揮するスキル 

です。

変化の激しい現代ビジネス社会だからこそ、よりこのようなスキルは重要になります。

このようなスキルがあれば、例えばソーシャル・ネットワーキング・サービスやシェアリングエコノミーが主流でなかった10年前にMBAを取得した人であっても、時代をどう分析し、組織として何をするべきかを提案し実行するリーダーシップを発揮できるはずです。

このような、業界や時代に関係なく通用するスキルを身につけられるのが、MBAなのです。

リカレント教育として何かを学ぶのであれば、MBAを選択肢の一つとして考えてみてはどうでしょうか。


川尻 秀道

カテゴリ:資格取得

【著者紹介】川尻 秀道(かわじり・ひでみち)
アメリカの大学教養学部卒業後、ワーキングホリデーで1年間オーストラリアを放浪。帰国後、日系メーカーで資材調達、国際貿易業務に携わる。その後、クイーンズランド工科大学(オーストラリア)へMBA留学。MBA取得後、台湾最大手のシステム家具メーカー「Order歐德傢俱集團」にプロジェクトマネージャーとして招かれ、台湾企業のための日本進出支援、国際マーケティング、国際見本市企画などの業務を経験。2010年からサントリーに入社し、主に北米、南米市場を中心に青いバラ、青いカーネーションの国際マーケティングに従事。
現在は、ラウンジグループ株式会社代表取締役兼CEOとしてMBA・大学院留学支援サイト「MBA Lounge」や留学準備とビジネスの会員制コミュニティ「U29 Lounge」、MBAメソッドを導入した起業スクール「MBA起業アカデミー」などの事業を展開。

※参考リンク
人生100年時代構想会議 リンダ・グラットン教授との意見交換会を開催(文部科学省)

あなたへのオススメ記事

  • ビジネスでつぶしがきく「万能スキル」とは何か?/川尻秀道
  • 優秀な日本人人材の海外流出、認めるべきか否か?/川尻秀道
  • アジアの巨人を率いる現代の「チンギス・ハン」経営術/川尻秀道
  • 名将野村克也氏から学ぶMBA式リーダーシップ講義/川尻秀道
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • すべてを1つのツールにまとめて反復するべし!/できる人の勉強法⑪

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る