資格取得

副業行政書士になることは可能!「週末起業」する際に注意すべきことは?

行政書士の資格を持っている人の中には、資格を活かせる仕事に就いておらず、何とか活用できないかと考えている人もいます。本業が他にある場合、行政書士の資格を活かす一つの方法は、副業として行政書士をすることです。

この記事では、副業で行政書士をするにあたって具体的にどのような方法が取れるのかについて詳しく解説します。

副業として行政書士業務をすることは可能

副業として行政書士業務をするにあたって、そもそもそれが可能なのだろうかと疑問に感じるかもしれません。行政書士として仕事を行うためには、まず行政書士の資格を取り、登録を行う必要があります。この登録手続きさえ完了すれば、業として行政書士の業務ができる状態なので、副業として行政書士をしても問題はありません。

行政書士の登録をするということは、事務所を設けようとする場所の都道府県の行政書士会に入会して、事務所の現地調査も受けたうえで、日本行政書士会連合会の名簿に載ることになります。この状態なら、専業・副業に関わりなくいつでも開業が可能なのです。

行政書士の登録をすると、行政書士として業務の依頼に応じる義務が生じます。そのため、本業を持つ人が行政書士の登録をする場合は、その時点で副業を開始したとみなされる可能性が高いでしょう。登録した後は、正当な事由がなければ依頼を拒否することはできません。

そこで、行政書士は副業で行えないどころか、行政書士として登録すると業務を遂行するために副業としてでも業務を行う必要が出てきます。本業のある人が、行政書士の資格を活かすための副業をすることは可能なのです。

行政書士を副業で行うことのメリットは?

副業で行政書士を行うことには、さまざまなメリットがあります。一つの点として、多くの場合、行政書士の資格を取得して登録したとしても、一般企業で行政書士として業務を行うことはできません。どこかに就職するとしたら、行政書士を雇っている行政書士法人というケースが多いでしょう。ただし、それでも求人数はそれほど多くありません。

一般的には、行政書士として仕事をするためには独立開業という形を取るケースがほとんどです。ただし、いきなり行政書士として独立しても、その仕事だけで生活していけるという保証はどこにもありません。そこで、副業として行政書士を行うなら、思うように仕事の依頼を受けることができず収入がゼロになるという金銭的なリスクを回避できるでしょう。

また、行政書士といってもその仕事内容は多岐にわたり、さまざまな分野があります。今後行政書士として独立するのであれば、得意分野や専門分野をはっきりさせておけば強みになります。とりあえず副業として働くなら、自分に向いた分野を模索しつつ、今後の独立開業に役立つ準備をすることができるのです。

副業という形でも、行政書士の仕事をしていれば実務経験を積むことができます。さまざまな業務を引き受けながらスキルを身につけていれば、十分に収入を確保できるようになるまで成長できるでしょう。副業として働くことで取得した資格が無駄にならず、さらなるスキルアップを目指すことができます。

行政書士を副業で行うことのデメリットは?

一方、行政書士を副業で行うデメリットは、時間的な制約を受けることです。行政書士が行う業務の多くは、官公署を相手にしたものです。そのため、平日の日中に官公署に出向くことができない場合は、業務を行うのが難しいでしょう。

特に、官公署への書類申請や請求、手続きなどの業務は、官公署の窓口が空いている時間帯でなければ行うことができません。つまり、サラリーマンなど平日の日中に会社の中にいなければならないような仕事とは、掛け持ちができないということです。

また、サラリーマンなどは就業規則で副業が禁止されていることもあります。なぜなら、就業時間内に副業を行うと業務に支障が出て、就業規則違反となってしまうからです。別の点として、専業と副業の行政書士を比較すると、クライアントからの信頼度は副業のほうが低くなる傾向があります。

これは、本業が別にあるということで業務に専念していないと見られてしまうからです。副業でも信頼を得るためには、片手間に仕事をしていると思われないようなフォローが欠かせません。

業務内容によっても向き不向きがある

行政書士が副業で行いやすい業務は、ネット環境があればそれだけで完結させられる業務です。たとえば、車庫証明業務はディーラーからの依頼をもとに申請書類を作成します。発行された車庫証明を受け取ったら、ディーラーに送り返すという形で完結させることが可能です。依頼人が自宅に訪ねて来なくても済む業務も、副業向きといえるでしょう。

飲食店の営業許可を取るのであれば、相手先に出向けば用事は済ませられます。宅建免許に関する業務も同様で、副業向きです。

さらに、本業の業務で培ったスキルを活かせるようなジャンルであれば、副業としても取り扱える可能性が高いでしょう。補助金の申請業務や契約書の作成業務などのスキルがあるなら、それを副業で行えます。反対に、副業に向いていないのは、依頼人が事務所でじっくり話を聞いてもらいたいようなジャンルです。

なぜなら、本業があると日中ずっと事務所で依頼人を待つということはできないからです。しかし、全くできないというわけではなく、相談を受ける場所を変えるなど工夫できます。相談日を週末に設定することで、かえって需要につながる可能性もあるでしょう。

副業での行政書士業務を可能にするための工夫

この段落では、副業での行政書士業務を可能にするためにできる工夫についていくつか取り上げ、それぞれの手法を解説します。


【ウェブサイトの運営で集客】

ウェブサイトの運営をして宣伝すれば、集客を伸ばすことが期待できます。ただし、集客のためにはサイトの内容を充実させて、専門性をアピールすることが必要です。副業であっても片手間の仕事に見せないように、まじめで信頼性を感じられるサイトが求められるでしょう。

利用者の目線からサイトをチェックし、使い勝手の良いウェブサイトになっているか確認することも大切です。なぜなら、使い勝手の良いサイトはリピーターが多く、良い口コミが広がりやすいからです。また、毎日メールをチェックし、できるだけ早く返事をすることがサイト運営の基本です。


【電話応対のみアウトソーシング】

副業の場合、本業の就業時間内は電話対応が難しいことがネックとなります。そんなときは、「電話応対のみ外注する」という方法を取り入れてみましょう。電話代行や秘書代行サービスを利用すれば、かかってくる電話の受付をしてもらえます。

専業の行政書士事務所でも、行政書士本人が電話に出られないことは多いので、外注しても不自然ではありません。電話応対を外注することで、顧客のニーズに合わせた電話応対ができるようになります。素早く対応できるようになるので、その分信頼も得やすくなるでしょう。


【複数の行政書士で役割を分担】

副業の行政書士は、平日の日中に官公署に出向けない点が大きなネックとなります。そこで、ウェブサイトでの集客と書類作成をメインに行うという方法を取れます。平日の昼間に本業の仕事がある場合、利用者の話を事務所でじっくりと聞くことも難しいでしょう。

その場合は、お店など落ち着いて話を聞ける場所をいくつか用意しておけば、休みの日にじっくりと話を聞くことができます。土日にしっかり時間をかけて話を聞けることは他の行政書士との差別化となり、需要を増やすカギになりえます。

複数の行政書士で役割を分担するという方法も効果的です。集客から相談に応じるところまでは自分で行い、官公署への提出業務や申請業務などは他の行政書士に依頼すれば、仕事を断ることなくスムーズに業務を進められます。

就業規則を確認したうえで行政書士登録しよう

会社員などの本業を持っている人が行政書士の登録をする場合は、いくつか注意したいことがあります。就業規則をよく読んで、副業が可能かどうかを確認してから登録をするのは大切なことです。いったん登録したら、後は依頼を引き受けて経験を積んでいくのみです。まずは、副業として行政書士の仕事をし、経験を積んでスキルアップを目指していくのはいかがでしょうか。

カテゴリ:資格取得

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 行政書士と司法書士はどう違う? 魅力的な2つの法律系資格を詳しく解説
  • 行政書士になるには? 資格試験の内容から資格取得後の流れまでを解説
  • 行政書士の登録料はいくら? 知っておきたい登録先と手続き方法
  • 行政書士の補助者とは何をする人? なるために必要な資格や資質は?
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

資格取得の人気記事ランキング

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • 教えて!「中小企業診断士」って独立後にどうやって稼ぐの?/杉山友理

  • メンタリストDaiGo「超効率勉強法」が具体的すぎて素晴らしい/タロログ

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • 問題集はどんどん書き込んで使い捨てる!/できる人の勉強法⑨

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る