資格取得

行政書士は“食えない資格”? 資格取得でメリットがあるのはこんな人

行政書士は、官公庁に提出する書類や、権利関係・事実証明に関わる書類の作成を行う仕事です。また、これらの書類の手続きや、作成にあたって相談を受けることもあるでしょう。行政書士の資格は士業の中でも知名度が高い一方で、「食えない資格」であるという意見もあります。

ここでは、行政書士の資格を取っても十分な収入を得られないとされる理由や、行政書士の資格を役立てられる場合について説明します。

1.行政書士は食えないと言われる理由

法律系の国家資格の一つとして人気のある行政書士ですが、インターネット上では「食えない資格」であるという声を見かけることもあるでしょう。食えない資格と言われる理由がわかれば、行政書士を目指すことへの不安を抑えられるかもしれません。食えない資格と言われる理由を紹介します。


【1-1.資格を取得しやすいため競争率が高い】

行政書士が「食えない資格」と言われる理由の一つに、資格の取得しやすさが挙げられます。日常生活で法律に関わることを相談したいと思ったときに、行政書士を思い浮かべる人は多いでしょう。

行政書士は知名度が高い上に、実務経験の是非、学歴や年齢を問わないため、多くの人が受験できます。働きつつ資格取得を目指す人もいますし、働いた経験がほとんどない学生でも受験できます。

また、行政書士は法律関係の資格の中では比較的難易度が低く、弁護士や税理士の資格を持っている人ならば、試験をわざわざ受けなくても行政書士を名乗ることができます。このような理由から、行政書士は競合相手が多い職業であると考えられるでしょう。

一方、法律関連の資格の登録者数に注目してみましょう。実際の行政書士の登録者数は、ほかの法律系の資格と比較して、多いことがわかっています。世間の行政書士に対する意見はともかく、多くの人が行政書士の資格を持っているのは、それなりのメリットがあるためと考えられます。


【1-2.営業力やビジネス力がないと仕事が取れない】

行政書士の資格を取っただけでは、仕事に結びつかないことも理由の一つとして挙げられます。行政書士として働くには行政書士会に登録せねばなりません。ただし、行政書士会から仕事を紹介してもらえるわけではなく、自分で売り込みをかけて仕事を受注していく必要があります。

資格を取ってすぐ行政書士の仕事を始めた人の中には、働いた経験が少なく、営業力などを含めたビジネススキルに不安がある人もいるでしょう。

SEO対策・リスティング広告を駆使したホームページや、人海戦術によるポスティングといった宣伝方法を思いついたとしても、駆け出しの行政書士の場合には宣伝にお金をかけることが難しい場合もあります。結果として、自力で仕事を受注できない状況に陥る行政書士もいます。

さらに、行政書士の仕事内容には、いったん書類を作成したらそれで付き合いが終わるような、スポット業務が多いとも言われています。新規顧客獲得にかける手間がかさみ、実務にあてる時間が不足していくという問題もあるでしょう。実際には、9割の行政書士が、開業から3年以内で廃業しています。


【1-3.仕事自体が減ってきている】

行政書士の仕事自体が減ってきているとも言われています。インターネットで検索すれば、簡単な書類の作成方法ならば自分で調べられる場合もあります。会計ソフトやHRテックが普及したことも、仕事の減少につながっているでしょう。官公庁などのホームページでは、書類の雛型がダウンロードでき、インターネット上で入力してそのまま提出できるシステムも登場しています。

さらに、法律関連の仕事をあらゆる士業が取り合うという問題もあります。たとえば、弁護士や司法書士などの事務所が、これまで行政書士がやっていた仕事をも受注していることなどが挙げられるでしょう。

2.食えない行政書士にならないためには

行政書士として生活していくためには、あたりまえですがコンスタントに仕事を獲得することが重要です。まず、仕事を得るには、営業活動を行うことと、人脈形成をすることが欠かせません。

営業能力に自信がなければ、ホームページを充実させるという手もあります。広告のプロの手を借りれば、サービスの詳細やメリットを十分に紹介できるでしょう。また、一度仕事を受注できたら、新たな顧客を紹介してもらえないか、お願いしてみることも効果的です。

特定の業界や地域のつながりを利用して、仕事を回してもらえるかもしれません。さらに、自分の武器を見究めることも大切です。行政書士ができる仕事はたくさんありますが、特定の業界や手続きに絞ることで人気が出る可能性があります。

3.行政書士資格はどんな人が取得するとメリットがあるのか

行政書士として生計を立てるには、積極的な営業活動やビジネススキルが必要です。一方で、行政書士がメインの仕事ではなくても、資格を活かして収入やスキルアップにつなげられる場合があります。


【3-1.法律の知識を身につけたい人】

行政書士の資格を受験することによって、法律の知識が身に付きます。法律関係の情報はインターネットで調べることもできますが、法律用語が多く並ぶ画面を見ても、内容が頭に入らない場合があるでしょう。また、より自分の事例にあった例を検索していくうちに、法律について詳しくなりたいと感じるようになるかもしれません。

行政書士の資格を受験することで、5つの法律(憲法、行政法、民法、商法、基礎法学)に関する基礎的な知識が学べます。特に、民法は日常生活に深くかかわる法律であるため、学んだ内容を普段の暮らしに活かせることが期待できます。中には、自己啓発として行政書士の資格を受験する人もいます。

さらに、行政書士の資格は、司法書士などのほかの法律系資格の取得や、公務員試験や宅建士を目指す前に受験するのにも適しています。また、他の資格取得に役立つ知識が得られるだけではありません。行政書士の資格は比較的簡単なものとされているので、まずは行政書士の資格取得を目指すことで、法律関連で仕事をする上での自らの適正が見極められるでしょう。


【3-2.ほかの法律系資格を持っている人】

ほかの法律系の資格を持っている人は、行政書士の資格を取ることで、仕事の幅が広がることが期待できます。たとえば、司法書士が行政書士の資格を取得した場合を例に挙げて説明しましょう。

会社設立にかかわる案件が生じた場合、司法に関わる登記申請は司法書士、建設業・運送業・飲食業などの許認可手続きに関わる書類作成は行政書士に任せなければいけません。

ただし、司法書士と行政書士の資格両方があれば、これらの仕事を単独で受注することが可能です。ほかにも、社会保険労務士の人は、会社設立申請書類の作成や定款の作成などができるようになります。

なお、弁護士や弁理士などの資格を持つ場合は、登録さえすれば行政書士として業務ができます。行政書士の資格をあらためて取る必要はありません。


【3-3.キャリアアップや転職に役立てたい人】

一般企業に勤める人でも、行政書士の資格を取ることでキャリアアップや転職に役立てられます。まず、法務や総務などの部門で働く人は行政書士の資格が役立ちます。ほかの部門から法務部門に異動を希望する場合にも、国家資格である行政書士の資格を取ることで、強いアピール力となるでしょう。

ほかにも、ファイナンシャルプランナーの場合は、お客様の悩みを聞いた流れで、お金に関わる各種書類を作成できるようになります。書類の例としては、相続関連や事業継承関連の書類が挙げられるでしょう。さらに、中小企業診断士の資格を持つ人にとっても、行政書士の資格がおすすめです。

中小企業診断士とは、法律で定められた国内唯一の経営コンサルタントの資格です。行政書士の資格を活かして会社設立時に関係を築いた後に、経営法務の知識を活かせば、企業コンサルティングの仕事をもらえるチャンスがあります。

行政書士資格は将来性を考えてチャレンジしてみよう!

行政書士の資格を持っている人は非常に多く、競争に打ち勝つには営業力などのビジネススキルが欠かせません。自分の得意とする専門分野を打ち出すことも大切です。

一方、行政書士の資格を取得することで民法などの法律の知識を得られ、経済や金融関連の資格と組み合わせると仕事の幅が広がります。行政書士の資格にチャレンジして、スキルアップを目指しましょう。

カテゴリ:資格取得

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 最低でも4回は審議する! 意外と知らない「法律ができるまで」/行政書士試験に必須! 憲法の知識(6)
  • 成立すれば史上初! ハードルが高い「憲法改正」の条件/行政書士試験に必須! 憲法の知識(7)
  • 行政書士と社労士では専門分野が違う! 業務内容や必要な資格を比較
  • 行政書士は未経験でも活躍できる? 求められるスキルや未経験からの学習方法を紹介
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • メンタリストDaiGo「超効率勉強法」が具体的すぎて素晴らしい/タロログ

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る