資格取得

行政書士は儲かる仕事? 稼いでいる人がやっている7つのこと

行政書士を目指している人やなりたての人の中には、どうしたら儲かるのか知りたい人も多いでしょう。行政書士として儲けるためのポイントはいくつかあります。それらを押さえて、活動していくことが重要です。この記事では、そもそも行政書士は儲かる仕事なのかどうか、行政書士として儲けている人が実践しているポイントについて解説します。

1.行政書士は儲かる仕事なのか

インターネットで行政書士を調べると、儲かるという情報と儲からないという情報の2つが出てきます。実際にはどうなのでしょうか。

まず、行政書士は法律系の国家資格の中では比較的難易度の低い資格となっています。特別な受験資格がないことから、受験者数自体も多く登録者数も多いのです。年間4万人程度が新たに登録していることから見ても、人気の職業だといえるでしょう。

しかし、開業から3年未満の廃業率は9割にも及ぶとされています。そのため、食えない資格の代表として扱われてしまうことも多いのですが、実際の廃業率はそれほど高くないといわれています。これには、行政書士登録が公務員退職者や税理士もおこなえることに関係しています。これらを考慮すれば、実際の廃業率はもっと低くなるのです。

行政書士の平均年収は、およそ600万円です。ただし、中には年収2000万円以上を稼いでいる行政書士もいますし、年収200万円程度の人もいるので、格差の大きい職業となっています。行政書士は仕事の売上がそのまま年収として反映される職業なので、儲かるかどうかは自分の実力次第なのです。


2.稼いでいる行政書士がやっている7つのこと

実際に行政書士として儲けている人は、どのようなことを実践しているのでしょうか。稼いでいる行政書士がやっているポイントを7つ紹介していきます。

【2-1.1.実務をこなせるスキルを身につける】

まずは、実務をこなせるスキルを身につけることが大切です。行政書士の仕事は、資格を取得したからといってできるようになるものではありません。仕事をする上で重要な実務のスキルは、しっかりと勉強したり依頼をこなしていったりすることで培われます。そのため、資格を取っただけで満足せずに、まずは勉強を積み重ねていくことを意識しましょう。

依頼を確実にこなせるだけの実務スキルを身につけておかなければ、仕事はうまくいきません。当たり前のことですが、依頼をきちんとこなすことができなければ、信頼を獲得することは難しいのです。信頼を得ることで、継続的に活動を続けていけるようになるので、しっかりと実務スキルを磨きましょう。

業務の知識だけではなく、最低限のビジネスマナーを身につけることも必須です。ビジネスマナーがなっていないと、信頼できないと思われてしまい仕事を逃す可能性もあるので注意が必要です。


【2-2.2.営業活動を積極的に行う】

営業活動を積極的におこなうことも重要です。行政書士の仕事を軌道に乗せるためには、集客力がポイントになりますから、営業には力を入れるといいでしょう。

具体的な集客方法としては、ホームページやインターネット広告が挙げられます。多くの人が、インターネットで事務所を検索したりインターネットの広告からホームページを訪れたりします。そのため、わかりやすいサイトを作っておくなど工夫することが大切です。

ミニコミ誌に広告を掲載したり、周辺地域にチラシを配布したりするのも良い方法でしょう。ほとんどの人が、周辺にある行政書士に依頼をしますから、顧客になりそうな層にアピールをすることも重要になります。自分でチラシを作ってポスティングしていけば労力はかかりますが費用はかかりません。

無料相談会やセミナーを開くのも良いアピール方法です。相談会やセミナーに訪れる人は、悩みがあって解決したいと思っている人が多いのです。そのため、わかりやすい説明や親身な対応をすれば顧客になってもらえる可能性も高いでしょう。


【2-3.3.積極的に人脈を形成する】

人脈を形成することも、行政書士として稼ぐためのポイントです。異業種交流や名刺交換会などに積極的に参加して、人とのつながりを作ります。その際に、名刺を交換するだけでは意味がありません。お互いにどのようなメリットを提供できるのか、どのような協業がおこなえるかなどの具体的なアクションを起こすことで、印象づけることができます。

印象に残っていれば、何かの事業を起こす際や顧客から行政書士を紹介してほしいなど言われたときに思い出してもらいやすく、仕事を紹介してもらえる可能性が高くなります。

SNSを利用したり趣味の活動を通して知り合いを増やしたりするのも、きっかけとしては有効です。人脈が広ければ広いほど、ビジネスチャンスは広がります。思わぬところから仕事がもたらされることもあるので、行政書士とは直接関係のないような人脈も作っておくといいでしょう。

すぐには直接協力できなかったとしても、継続的にフォローし続けることによってWin-Winの関係になれる可能性もあります。人脈は量よりも質ですから、すぐにメリットがないからと思わずに、良い関係を長く続けるように意識するといいでしょう。


【2-4.4.経営者としての自覚を持つ】

行政書士として稼ぎたいのなら、経営者としての自覚を持つことも大切です。行政書士は資格を取って登録したからといって、すぐに仕事があるわけではありません。仕事を獲得するための方法を、経営者としての視点からしっかりと考える必要があるのです。

まずは、自分の強みや顧客のニーズを分析しましょう。分析をしなければ的外れなサービスを提供することになり、顧客は増えません。依頼をしたくなるようなサービス内容を検討して提供していくことが、顧客を獲得するためのポイントになります。

顧客を獲得しようと必死になって、過度に安い料金設定にしてしまう人も少なくはありません。しかし、適正価格よりも安い価格に設定してしまうと、儲けが出ずに結果として収入が低くなってしまうケースも多いのです。仕事には、それに見合う適正価格があります。儲けが出るように、経営者として適切な価格で仕事を請け負うことを意識しましょう。


【2-5.5.得意分野に特化した業務を行う】

行政書士の仕事は多岐にわたります。行政書士が扱える書類は膨大な数なので、得意分野に特化した業務をおこなったほうが稼ぎやすくなるでしょう。特定の分野に特化して業務をおこなうことで、その道のエキスパートになることができます。

依頼をする人の気持ちになれば、何でもできますという行政書士よりも、依頼する分野に特化している行政書士のほうが信頼できますし、依頼をしてみたいと思ってもらいやすいのです。エキスパートになれば、ほかの士業をおこなっている人からの紹介も受けやすくなります。

業務の効率化につながることもメリットです。得意分野を極めることによって、仕事を効率的にこなすことができるようになります。仕事を早くこなせるようになれば、その分新しい仕事を受けられるようになるので、稼げるようになるのです。

どの分野を極めるのかを決めて実績を作っていくことによって、それに関連する分野の知識も自然と蓄えられていきます。得意分野を増やすこともできるので、さらに幅広い活躍ができるようになるでしょう。


【2-6.6.業務の幅をひろげる】

行政書士として業務の幅を広げることもポイントです。具体的には、スキルアップのために得意分野に関係する資格を取得するのが効果的です。仕事に役立つような資格を取ることで、サービスに付加価値を追加することができます。

たとえば、宅地建物取引士や司法書士、ファイナンシャルプランナーなどの資格は、行政書士と相性の良い資格です。不動産業界の仕事を請け負いたいのなら宅地建物取引士、相続や遺言などの業務を主におこないたい場合には司法書士やファイナンシャルプランナーというように、自分の得意分野に役立つ資格を探してみるといいでしょう。

相談業務(コンサルティング)を取り入れることも大切です。書類作成だけではなく、経営や法務に関する悩みに応えられることができれば、それだけ業務の幅は広がります。


【2-7.7.長期的な展望を持つ】

長期的な展望を持って活動することも、ポイントです。営業活動や人脈形成のためにさまざまな行動をおこしても、なかなか結果が伴わないことも珍しくはありません。結果が出ないからとすぐに諦めてしまうのはよくありません。

特に開業したての頃は、割り切りも重要になります。短期間で結果は出ないものと割り切って、気長に営業を続けていける心の強さを持ちましょう。しかし、何も考えずに同じことを続けたのでは成長はありません。いろいろな営業方法を試して、集客につながるように努力をすることが必要です。


行政書士は実力主義!努力とアイデアで儲かる仕事に

行政書士は、資格を取ったからといってすぐに稼げるようになる仕事ではありません。資格取得後も、実務に関するスキルアップをしていきましょう。その上で、経営者の視点からビジネスを軌道に乗せる方法、売上アップのための施策をおこなっていくことが重要になります。努力とアイデア次第では、十分に稼ぐことのできる仕事になるでしょう。

カテゴリ:資格取得

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 行政書士と社労士では専門分野が違う! 業務内容や必要な資格を比較
  • 行政書士は未経験でも活躍できる? 求められるスキルや未経験からの学習方法を紹介
  • 行政書士は“食えない資格”? 資格取得でメリットがあるのはこんな人
  • 行政書士って何をする人? 仕事内容の変化から将来性について予測
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • 面白いとオカシイは紙一重。おいおい東大教授、どっちやねん!/ただの主婦が東大(25)

  • 東大教授は暗に示してる。「おかしい人」って私のこと?/ただの主婦が東大(24)

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 夫にバレるのが怖くて。こんな結婚生活、楽しくない/ただの主婦が東大(6)

  • 隠してたつもりだったけど、夫にはバレていた/ただの主婦が東大(7)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る