資格取得

中小企業診断士になるメリット・デメリットと、資格の取得方法を紹介

企業の経営に興味があり、スキルアップを目指したいと考えている人は多くいることでしょう。中小企業診断士の資格を取得することができれば、高度な専門知識や能力が身につき今後の働き方に活かすことが可能です。今回は、中小企業診断士の仕事概要やメリット・デメリットに触れながら、資格取得の流れについて紹介していきます。

1.国家資格である「中小企業診断士」の役割

中小企業診断士とは、中小企業を対象とした経営コンサルタントに向けて用意されている国家資格です。取得することができれば国により認められるので、活動の幅を広げられる可能性があります。そもそも経営コンサルタントとは、企業に対する相談役として改善のたの提案やアドバイスを行う職業です。

企業から依頼を受けて、社内でのヒアリングや社内外を問わない調査を行い、経営診断報告書を提出します。その際に、企業に対して分析結果を示し、提案を的確に行うことで、企業をより良い形へと導くことが、経営コンサルタントの役割なのです。

経営コンサルタントとなるためには、仕事柄、経営、金融、人材など幅広い知識が必要となります。中小企業診断士となれば、これらをもとに企業のパートナーとして様々な活動を行うことが可能です。

2.中小企業診断士の仕事内容

中小企業診断士とは、実際にはどのような職務を行っているのでしょうか。資格取得後の働き方をイメージするためには、それをしっかり把握しておくことが大切です。

まず、中小企業診断士として働くには、企業に勤めて経営診断業務を行うサラリーマンに近い雇用形態の「企業内診断士」と、独立して複数の企業と契約して経営診断を行う「独立診断士」のいずれかを選ぶことになります。ただし、資格取得者の多くは企業内診断士として働いていおり、独立診断士となる人は少数派です。

企業内診断士の場合は、基本的には企業内での職務やデスクワークがメイン業務となります。一方で、独立診断士の場合はデスクワークのみならず、営業も自分で行わなければならないため、企業訪問やセミナー開催といった対外活動もこなすケースが多くなっています。

3.中小企業診断士になるメリット・デメリット


中小企業診断士の資格取得を目指す際には、まずメリットとデメリットを理解しておく必要があるでしょう。ここでは、中小企業診断士の資格取得に関わるなかで、考えられるメリットとデメリットについて解説していきます。

【3-1.メリット】

中小企業診断士になるためには、経営について学ぶ必要があります。経営について広く知ることで、細分化されがちな仕事を網羅して把握することができるようになるのです。

そのため、経営コンサルタントとして活動する予定がない場合でも、社内でのキャリアアップはもちろんのこと、転職の際には自己アピールポイントのひとつとして資格を役立てることができます。中小企業診断士は特に経営知識の地力が求められる資格であるため、能力の裏付けとすることができるでしょう。

また、中小企業診断士は合格者同士のネットワークが強いことが多いのも見逃せません。このネットワークを通じて人脈づくりをすることで新たなビジネスチャンスとしたり、独立へ向けての情報集めに活かしたりといったことができるかもしれません。


【3-2.デメリット】

中小企業診断士試験は、非常に難易度の高い試験となっています。合格率は低く、一発合格者に至っては全体の5%以下となるほどです。合格に3~4年かかる人も少なくないため、相応の時間が必要となることは覚悟しておく必要があります。

また、取得するのが大変な資格ではありますが、資格を取ったとしても収入アップに結びつくとは限らないのが実情です。出題範囲は広く浅いものとなっているので、それぞれの分野における専門家には敵いません。

そのため、実務経験や企業とのつながりがなければ、あまり認められない資格であると言えるでしょう。難易度相応のコストパフォーマンスを期待するのは、少し難しいかもしれません。

4.試験内容と合格までの期間・費用

中小企業診断士に限った話ではありませんが、国家資格を取得するとなると、相応の時間とコストがかかってくるものです。ここでは、中小企業診断士試験の内容・期間・費用について解説していきます。


【4-1.試験内容】

中小企業診断士試験では、第一次試験と第二次試験の、ふたつの試験を受ける必要があります。第一次試験は、全国8地区(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇)で8月上旬の土日に2日かけて行われるのが通例です。

試験科目は7科目で、いずれもマークシート方式による択一式となっています。1日目が、経済学・経済政策(60分)、財務・会計(60分)、企業経営理論(90分)、運営管理(90分)の4科目、2日目が、経営法務(60分)、経営情報システム(60分)、中小企業経営・政策(90分)の3科目です。

第二次試験は、全国7地区(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡)に会場が置かれ、試験回数は10月下旬の日曜日と、12月中旬の日曜日の2回となっています。10月下旬が4教科の筆記試験となっており、試験科目は、中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 IからIV(組織、マーケティング・流通、生産・技術、財務・会計)が各80分ずつです。

12月下旬は口述試験のみとなっており、面接官3名に対し受験生1名で行われます。試験内容は、筆記試験の問題からのランダム出題です。


【4-2.合格までの期間】

中小企業診断士試験に必要な勉強期間は、予備校のカリキュラム終了までの期間を参考にすると、1年から1年半程度になると言われています。

しかし、先にも述べた通り、中小企業診断士試験は非常に難しく、一発合格ができることのほうが珍しい試験です。ここで言う「1年から1年半程度」というのはあくまでも一発合格をする人の目安であるため、実際にはこれよりも大幅にかかってしまうといったことも起こり得ます。

学習計画を立てた当初の予想に反して時間がとられてしまう可能性は十分にあるので、合格できるまでの学習期間は長めに想定しておくほうが良いでしょう。


【4-3.費用】

中小企業診断士試験を受けるうえでは、受験料はもちんろんのこと、学習にも多くの費用が必要となります。独学の場合であったとしても、受験料や教材費などをトータルすると、年間33万円程度の出費となってしまうのです。通信教育を利用する場合であれば、独学よりもやや高めの38万円程度となります。

そして、通学するともなると、額が跳ね上がり53万円程度が必要になってきます。ただし、これらはあくまでも1年あたりの金額です。つまり、一発合格をした場合かかる費用、ということになります。

中小企業診断士試験は非常に難易度の高い試験であるため、実際にはこれ以上の費用が必要となる場合も少なくありません。取得を志す際には、費用計算を事前にしたうえで臨むようにしたほうがよいでしょう。

5.中小企業診断士が注目される4つの理由

中小企業診断士を目指す人の目的は様々ですが、多くの人に共通して挙げられるのは、経営全般の勉強をしてスキルアップできるという点にあるでしょう。企業の経営診断や支援に従事できるというのも注目されるポイントです。内容が多岐にわたるため、業務に資格を生かせる点も挙げられます。

また、何より経営コンサルタントとして独立したいという人にとっては必須の資格です。また、それ以外にも定年後や転職の際に役立つと考えて資格取得を目指すパターンもあります。

スキルアップや独立を視野に入れて中小企業診断士を目指そう!

中小企業診断士資格は、取得することができれば企業の経営を客観的に判断し的確なアドバイスができるようになるため、スキルアップや独立にぴったりの資格と言えるでしょう。

難易度が高く気軽に取れる資格ではありませんが、もし志があるのであれば、合格までにかかる期間や費用をイメージしつつ、今後のために勉強を始めてみるのもよいかもしれません。

カテゴリ:資格取得

★社会人の学びに役立つ「資格取得」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 中小企業診断士の合格率はどれくらい? どのような勉強をしたら受かるの?
  • 中小企業診断士になりたい人必見!「養成課程」とはいったい何?
  • 中小企業診断士で独立したい! 稼ぐためにはどうすれば良い?
  • 中小企業診断士はどんな仕事をしているの? 1日の仕事の流れは?
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

資格取得の人気記事ランキング

  • 夫を見送り、二度寝する主婦生活。私、このままでいいの?/ただの主婦が東大(1)

  • 行政書士の試験難易度が知りたい! 合格基準や必要な勉強時間の目安とは?

  • 勉強をゲーム化すれば、コスパ最強の遊びになる!―河野玄斗の超シンプル勉強法【前編】

  • 転職や昇進に有利な「コスパのいい資格」が知りたくて、ユーキャンに聞いてみた【前編】

  • メンタリストDaiGo「超効率勉強法」が具体的すぎて素晴らしい/タロログ

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る