ビジネスオンライン開催

帰ってきた 「欲望会議」! 2020年、〈人類の移行期〉の欲望論

このイベントは終了しました
帰ってきた 「欲望会議」! 2020年、〈人類の移行期〉の欲望論
千葉 雅也 , 二村 ヒトシ , 柴田 英里
オンライン
2020年12月25日(金) 19:00~22:00(受付開始18:30)
2,750円(税込)

異色の鼎談「欲望会議」メンバーが再び結集! クリスマスの夜に激動の時代の「欲望」を語る

人類は、変化の時を迎えています。
『欲望会議 「超」ポリコレ宣言』の刊行から丸2年が経ち、この鼎談での議論がよりリアルに感じられる世の中になりました。今読めば未来の予言に感じられる一冊『欲望会議』。哲学者、AV監督、現代美術家の三人が2020年のクリスマスに再び集まります。
『欲望会議』の検証と、コロナ禍が我々にもたらしたもの、新自由主義とアイデンティティポリティクスの現在ほか、その後に起こった社会の変化、そして今後人類はどうなっていくのか? 刺激的な鼎談をぜひこの機会にご視聴ください。


※本イベントはビデオ通話アプリ「Zoom」(無料)を使ってオンラインにて配信します。必ず事前にパソコンやスマホからZoomのインストールおよび会員登録をお願いいたします。

※本イベントのZoomのルームURLはご本人様のみ有効です。第三者への貸与、譲渡、コピーは禁止です。リンクの共有などを行なった場合、ご自身の視聴権利がなくなるだけでなく、法的措置を取らせていただくこともございます。ご注意ください。必ずご購入したご本人様のみがご利用いただきますよう、お願いいたします(払い戻しはいたしません)。

※ご視聴のためのルームURLは「12月17日以降」にパスマーケット経由のメールにてお知らせいたします。

このイベントは終了しました

講演内容

①2020年、〈人類移行期〉の欲望論/19:00~20:30
〈2020年の欲望地図〉
・3人にとっての2020年の欲望の形
・コロナ禍が我々にもたらしたもの
・アファーマティブアクション? ストレス炎上? BLMからおっぱい広告まで
・新自由主義とアイデンティティポリティクスの現在

---5分休憩---

②2020年、〈人類移行期〉の欲望論(まとめ)/20:35~21:15
・人類の欲望のこれから

③聖夜の質問コーナー/21:15~22:00
イベントへのご質問や、日々皆さまが抱える欲望のご相談まで、『欲望会議』の3人がお答えいたします。

※内容は変更になる可能性がございます。また、すべてのご質問にお答えするものではないことをご了承ください。

講師紹介

千葉 雅也ちば まさや

哲学者
千葉 雅也
1978年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程修了。博士(学術)。専門は哲学・表象文化論。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。著書に『動きすぎてはいけないージル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(河出文庫、2017年)、『ツイッター哲学 別のしかたで』(河出文庫、2020年)などがある。

二村 ヒトシにむら ひとし

AV監督
二村 ヒトシ
1964年生まれ。慶應義塾大学文学部中退。アダルトビデオ監督。女性が主導権をもって男性を愛撫する「痴女」、男優が登場しない「レズ」、女性が登場しない「女装美少年」などのジャンルの演出手法を確立した。著書に『すべてはモテるためである』(文庫ぎんが堂、2012年)、共著に『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(湯山玲子との共著、幻冬舎文庫、2020年)などがある。

柴田 英里しばた えり

現代美術家
柴田 英里
1984年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科彫刻領域修士課程修了。現代美術家(彫刻中心)。文筆家。主な論考に「いつまで”被害者”でいるつもり?―性をめぐる欲望と表現の現在」(『早稲田文学増刊女性号』、筑摩書房、2017年)、「”やさしさ”によって見棄てられる総ての者に捧げるあいらぶゆー―大森靖子のフェミニズム」(『ユリイカ』第49巻7号、青土社、2017年)などがある。
このイベントは終了しました

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出合えないビジネスセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る