ぬまっち流 自分で伸びる小学生の育て方

このイベントは終了しました
ぬまっち流 自分で伸びる小学生の育て方
沼田 晶弘
角川第1本社ビル2Fホール(東京都千代田区富士見1-12-11
2019年12月22日(日) 14:00~16:00(受付開始13:30)
3,000円(税込)

小学生を持つ親は必聴! ぬまっち流「自分で考える力」を身につけさせる方法

11月末に『ぬまっち流 自分で伸びる小学生の育て方』を刊行した、東京学芸大学附属世田谷小学校教諭・沼田晶弘氏が同名のトークショーを開催します。
これからの時代に大切なのは、「自分で考える力」。小学校でいち早く子ども参加型の授業を展開し、子どもが自主的に学び、自ら考える場をつくることに重きを置いてきた沼田氏。そうした小学校での実践経験を得てわかった「自分で伸びる小学生の育て方」のポイントを、今回、余すところなく紹介します。

このイベントは終了しました

講演内容

①自分の常識に縛られないことの大切さ

②今は『ワンピース』の時代になった!?

③自分で伸びるのに必要なのは「マイスペシャル」を持つこと

④PDCAサイクルで子どもは何を身に付けるのか?

⑤コミュニケーションスキルは「社交的」のことではない!

⑥ぬまっち流コミュニケーションスキル

⑦「今日学校どうだった?」は言ってはいけないNGワード

⑧お金・経済を子どものときから知っておく重要性

ほか

※内容は変更になる可能性がございます。

講師紹介

沼田 晶弘ぬまた あきひろ

国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭
沼田 晶弘
1975年、東京都生まれ。東京学芸大学教育学部卒業後、アメリカ・インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、2006年から現職。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が読売新聞に取り上げられて話題になり、近年では、日本テレビ『news zero』やフジテレビ『ノンストップ!』で特集をされる。教育関係のイベント企画を多数実施するほか、企業向けにやる気・意欲を引き出す声かけや、リーダーシップ、コーチング、信頼関係構築などの講演も精力的に行っている。主な著書に『「やる気」を引き出す黄金ルール』(幻冬舎)、『ぬまっちのクラスが「世界一」の理由』(中央公論新社)、『子どもが伸びる「声かけ」の正体』(角川新書)、『家でできる「自信が持てる子」の育て方』(あさ出版)、『one and only 自分史上最高になる』(東洋館出版社)など多数。最新刊に、『ぬまっち流 自分で伸びる小学生の育て方』(KADOKAWA)。
このイベントは終了しました
KADOKAWA×アップルシード・エージェンシー「日本一出版に結びつく著者養成ゼミ」詳しくはこちらKADOKAWA×アップルシード・エージェンシー「日本一出版に結びつく著者養成ゼミ」詳しくはこちら
ページトップに戻る