【ビジネストレンドの最前線】ハートドリブン時代の生き方とは何か?

【ビジネストレンドの最前線】ハートドリブン時代の生き方とは何か?
勝屋 久 , 塩田 元規
角川第1本社ビル2Fホール(東京都千代田区富士見1-12-11
2020年2月5日(水) 19:00~21:00(受付開始18:30)
5,000円(税込)

勝屋久氏&塩田元規氏が、ハートドリブン時代の生き方を説く!

社会が個人の時代になるにつれて、ビジネスパーソンにとっての「自己分析の重要性」が非常に高まっています。
所属している会社が何をしたいかではなく、自分が何をしたいのか、どういう生き方をしたいのか、そうした自分の「ハート」を軸にしてキャリアを考える時代になっています。
そこで、元日本IBMであり、独自の「つなげる」センスを活かして多様なプロジェクトにかかわる勝屋久氏の初著書『人生の目的の見つけ方 自分と真剣に向き合って学んだ「倖せの法則」』の出版を記念し、「ハートドリブン時代の生き方とは何か?」をテーマに対談を行います。
対談の相手は、今最も熱い企業の一つである株式会社アカツキ創業者、塩田元規氏。起業家でも会社員でも必須となる、ビジネストレンドの最前線。自分の本音とつながる貴重なトークをぜひ会場でご体感ください。

申し込む※ 外部サイトに遷移します

講演内容

①アカツキの「分かち合い」を体験する

②なぜ今、「ハート」が大事な時代になったのか?

③なぜ「ハート」を大事にするとビジネスがうまくいくのか?

④人生が変わる自己分析を体験する

⑤「自分を生きる」とはどういうことなのか?

⑥生きるうえで大切な「自分軸」と「他人軸」

⑦人生100年時代の生き方論


※内容は変更になる可能性がございます。

講師紹介

勝屋 久かつや ひさし

株式会社アカツキ 社外取締役
勝屋 久
1962年、東京都生まれ。上智大学理工学部数学科卒業後、日本IBM にて25 年間勤務。2000 年、IBM Venture Capital Group パートナー日本代表、経済産業省IPA 未踏IT 人材発掘・育成事業プロジェクトマネージャーなどを経て、2010 年8 月にリストラを期に独立。生き方そのものを職業として夫婦で活動中。2014 年から本格的に画家としても活動開始。株式会社アカツキ 社外取締役、株式会社マクアケ社外取締役、ほか多数のプロジェクトにかかわる。

塩田 元規しおた げんき

株式会社アカツキ 代表取締役CEO
塩田 元規
1983年 島根県出雲市生まれ。横浜国立大学電子情報工学科を経て、一橋大学大学院MBAコース卒業。株式会社ディー・エヌ・エー新卒入社、広告事業に従事。退職後、2010年6月に共同創業者である取締役COO香田哲朗とともにアカツキを創業。2016年3月 マザーズ市場へ上場、2017年9月 東証一部へ市場変更。アカツキは心が求める活動がみんなの幸せの原動力となる世界「A Heart Driven World.」をビジョンとしている。モバイルゲーム事業、リアルな体験を届けるライブエクスペリエンス事業を柱として、心が踊り感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開。自分たちがワクワクしながら作ったものが誰かの心を動かし、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくと信じて、活動の幅を広げながら急成長を続けている。著書に『ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力』。
申し込む※ 外部サイトに遷移します
KADOKAWA×アップルシード・エージェンシー「日本一出版に結びつく著者養成ゼミ」詳しくはこちらKADOKAWA×アップルシード・エージェンシー「日本一出版に結びつく著者養成ゼミ」詳しくはこちら
ページトップに戻る