発達障害と仕事――「上司」ができない問題

このイベントは終了しました
発達障害と仕事――「上司」ができない問題
借金玉
KADOKAWA富士見ビル(東京都千代田区富士見2-13-12
2019年5月24日(金) 19:00~21:00(受付開始18:30)
5,400円(税込)

ベストセラー著者が、「発達障害と仕事」について実体験をもとに語り尽くす!

発達障害者のみならず、定型発達者からもアツい共感と支持を集め大ヒット中の『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』。本セミナーでは、著者の借金玉氏が「発達障害と仕事」について語ります。 発達障害者は、「教えるのが苦手」「叱るのも苦手」「れないから、溜めて爆発しがち」「命令できない」「ねぎらえない(自分がねぎらいを必要としていないから)」……などなど、人と協力する仕事、とくにマネージャー業とは相性最悪の特徴がてんこ盛り。企業にいても、上司になるのはしんどい。 もはや起業するしかないのか。しかし起業は起業で大丈夫なのか。 大企業サラリーマン生活にピリオドを打ち、起業するも見事な逆V字を描き失敗、現在は営業マンとして働く借金玉氏が実体験をもとに語ります。

このイベントは終了しました

講演内容

①近況報告

②最近仕事で起きた出来事

③サラリーマン、自営、営業マンをやった感想

④上司になると何が起きるか

⑤部下ができたらやるべきこと

⑥会社をやめて起業するときの心構え

⑦結局何をやるにしてもこれだけは知っておけ


※内容は変更になる可能性がございます。

講師紹介

借金玉しゃっきんだま

借金玉
1985年生まれ。診断はADHD(注意欠如・多動症)の発達障害者。幼少期から社会適応が全くできず、登校拒否落第寸前などを繰り返しつつギリギリ高校までは卒業。色々ありながらも早稲田大学を卒業した後、何かの間違いできちんとした金融機関に就職。全く仕事ができず逃走の後、一発逆転を狙って起業。一時は調子に乗るも昇った角度で落ちる大失敗。その後は1年かけて「うつの底」から這い出し、現在は営業マンとして働く。著書に『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』(KADOKAWA)がある。
このイベントは終了しました
土井英司プロデュース KADOKAWA知的生産塾「コンテンツ・クリエイター」養成コース 詳しくはこちら土井英司プロデュース KADOKAWA知的生産塾「コンテンツ・クリエイター」養成コース 詳しくはこちら
ページトップに戻る