下地 寛也しもじ かんや

働き方・社内コミュニケーション改善コンサルタント
下地 寛也
1969年神戸市生まれ。1992年文房具・オフィス家具メーカーのコクヨに入社。オフィス設計者になるが顧客対応が下手すぎて上司や営業に怒られる日々が続く。常に辞めたいと思いながら働いていたが、5年後、コクヨがフリーアドレスを導入したことをきっかけに「働き方とオフィスのあり方」を提案する業務に従事し、ワークスタイルを調査、研究する面白さに取りつかれる。以来、顧客向け研修サービスの企画、組織改革の推進など数多くのプロジェクトマネジメント業務に従事する。未来の働き方を研究するワークスタイル研究所の所長、ファニチャー事業部の企画・販促・提案を統括する提案マーケティング部の部長などを経て、現在は、経営管理本部にてコクヨグループの働き方改革や風土改革に取り組んでいる。同時に新しい働き方を模索して複業ワーカーとしての執筆、セミナー講演活動も積極的に行っている。

講演テーマ

「プレゼンの語彙力 ~ 短い時間で相手の心をグイッとつかむ話し方のコツ」
「一発OKが出る資料 簡単につくるコツ ~ シンプルで納得感のある資料の作り方」
「困ったら、『分け方』を変えてみる ~ ロジカル&発想力を使った問題解決の技術」
「部下育成マネジメント ~自律的に行動する部下を育成するコミュニケーション」
「図解フレームワーク発想術 ~ラフ図をどんどん書きながらアイデア発想する技術」

土井英司プロデュース KADOKAWA知的生産塾「コンテンツ・クリエイター」養成コース 詳しくはこちら土井英司プロデュース KADOKAWA知的生産塾「コンテンツ・クリエイター」養成コース 詳しくはこちら
ページトップに戻る