佐々木 正悟ささき しょうご

心理学ジャーナリスト
佐々木 正悟
「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年、北海道旭川市生まれ。1997年、獨協大学を卒業後、ドコモサービスで働く。2001年、アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後の2004年、ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年、帰国。帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行っている。著書は、ベストセラーとなったハックシリーズ『スピードハックス』『チームハックス』(以上、日本実業出版社)のほか、『イラスト図解 先送りせず「すぐやる人」になる100の方法』(KADOKAWA)など多数。

講演テーマ

「先送りを防ぐ方法」
「残業ゼロを目指すタスクと時間の管理術」
「机と引き出しがカオスな人に送るデジタル情報整理術」
「文書をもっと早く作成するアウトライン活用法」 ほか

土井英司プロデュース KADOKAWA知的生産塾「コンテンツ・クリエイター」養成コース 詳しくはこちら土井英司プロデュース KADOKAWA知的生産塾「コンテンツ・クリエイター」養成コース 詳しくはこちら
ページトップに戻る