講師一覧

「法人向け研修・講演プログラム」の講師紹介ページです。企業様のさまざまなニーズ、主旨やテーマ、ご予算に合った講師をご紹介します。

  • たかぎ こういちたかぎ こういち

    タカギ&アソシエイツ 代表/スタイルアドバイザー/コンサルタント(ファッション視点からの市場創造)/東京モード学園ファッションビジネス学科講師
    たかぎ こういち
    1952年、大阪生まれ。奈良県立大学中退。大阪で服飾雑貨卸業を起業。22歳で単身渡欧後法人化代表取締役就任、1997年香港に渡り1998年、現フォリフォリジャパングループとの合併会社取締役に就任。オロビアンコ、マンハッタンポーテージ、リモワ、アニヤ・ハインドマーチなど海外ファッションブランドをプロデュースし、日本市場の成功に導く。また、第1回東京ガールズコレクションに参画。米国の有名ファッション展示会「d&a」の日本窓口なども務めた。時代に沿ったブランディング、MD手法には定評がある。2013年にファッションビジネスのコンサルティング会社「タカギ&アソシエイツ」を設立。著書に『オロビアンコの奇跡』『超入門 日・英・中 接客会話攻略ハンドブック(共著)』(共に繊研新聞社)、『一流に見える服装術』(日本実業出版社)、『アパレルは死んだのか』(総合法令出版)などがある。
  • 高田 靖久たかだ やすひさ

    インフィニティイノベーション株式会社 代表取締役
    高田 靖久
    インフィニティイノベーション株式会社 代表取締役。元東芝ITコントロールシステム所属。20年間、飲食店・美容院向け顧客管理ソフト・顧客戦略支援ツールの企画・販売に携わる。入社数年は“売れない営業マン”だったが、その後「基本給の5分の1」を自己投資し、短期間で経営ノウハウを習得。それを顧客管理ソフトに組み込み、既存クライアントに提供したところ、売上拡大店が続出。そのノウハウを全国に伝えていきたいと、独立。飲食店や美容院を中心に、店の「顧客戦略立ち上げ支援」「販売促進サポート」を行なう。著書に、『お客様は「えこひいき」しなさい!』(KADOKAWA)をはじめ、『お客様が「減らない」店のつくり方』『「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!』(以上、同文舘出版)などがある。
  • 高橋 基治たかはし もとはる

    東洋英和女学院大学教授
    高橋 基治
    米国大学院にて英語教授法(TESOL)を修め、帰国後、英語系出版社で留学カウンセラー、大学・大学院入試エッセー作成指導などを担当。数多くの欧米一流校への合格を支援。並行して、大学、専門学校、英会話学校などでさまざまなレベルを対象に英語(Speaking/Listening, Writing, Reading,異文化コミュニケーションなど)を教え始める。その後も、一貫して英語教育畑を歩み、現在は大学にて英語関連科目を指導。書籍執筆の他、大学、NPO法人、カルチャーセンター等での講演・セミナーにも力を入れ、ユニークなメソッド、教材を使っての楽しくためになる内容は、講演依頼が絶えない。特に英語が生活言語でない日本という環境で、自律した学習者になるためにいかに学習意識意欲を高め、具体的に何をどうしたらいいのかを指南する「マインドセットセミナー」は大好評。少しでも日本人英語学習者の手助けになればと、日々研究を怠ることなく自己研鑽にも励んでいる。(財)日本国際連合協会主催の国連英検アドバイザー及び国連英検特A級面接官を務めるほか、英語ナレーターとして声の活動にも携わっている。
  • 高橋 洋一たかはし よういち

    嘉悦大学教授
    高橋 洋一
    (株)政策工房会長、嘉悦大学教授。1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)などを歴任。小泉内閣・第1次安倍内閣ではブレーンとして活躍。2008年『さらば財務省』(講談社)で第17回山本七平賞を受賞。著書はほかに、『この数字がわかるだけで日本の未来が読める』(KADOKAWA)、『「消費増税」は嘘ばかり』(PHP新書)など多数。
  • 財部 誠一たからべ せいいち

    経済ジャーナリスト
    財部 誠一
    1956年東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、野村證券に入社。同社退社後、3年間の出版社勤務を経て、フリーランスジャーナリストに。金融・経済誌への寄稿多数。政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」を主宰し、会員向けレポート「ハーベイロード・ウィークリー」では、取材したばかりの現場のレポートを提供し、多くの経営者に好評を得ている。2015年脳梗塞で倒れるが、リハビリを経て完全復帰。BS11「財部誠一の異見拝察」にて話題の人物へのインタビューを継続中。
    https://www.takarabe-hrj.co.jp/
  • 谷原 誠たにはら まこと

    みらい総合法律事務所代表パートナー/税理士
    谷原 誠
    【略歴】
    昭和43年  愛知県生
    平成6年4月 弁護士登録(東京弁護士会)
    平成13年度 東京弁護士会常議員・代議員
    平成13年~平成24年 財団法人日本体操協会理事
    平成15年~ 社団法人日本新体操連盟理事
    平成21年 税理士登録
    平成20年~平成27年 アイ・アール債権回収株式会社 取締役
  • たぱぞうたぱぞう

    資産管理会社経営
    投資顧問会社アドバイザー
    たぱぞう
    2000年より投資を始める。2010年以降、米国株投資を中心に行う。2016年自らの投資観をブログにて書き始める。現在平均月間100万PV、海外投資に特化したブログとしては出色のPVを誇る。2017年より、某投資顧問業にてアドバイザーを務める。この間、日経マネー、日経ヴェリタス、ダイヤモンドZAI、ITmediaなどのメディアに複数回取り上げられる。「誰でもできる投資術」「誰でもわかる海外投資」をモットーに執筆中。「米国株を語る会」を開き、投資について語り合う場づくりをしている。
    blog:たぱぞうの米国株投資https://www.americakabu.com/
  • 土田 浩翔つちだ こうしょう

    プロ雀士
    土田 浩翔
    1959年、大阪生まれ。小樽商科大在学中、第3期日刊スポーツアマ最高位戦で全国優勝。就職が決まっていたが、麻雀プロを目指す。1986年、日本プロ麻雀連盟のプロテストを受け、トップ合格。2006年、日本プロ麻雀連盟から独立、日本麻雀機構を創設し、理事長に就任。2007年、RMUに参加。2009年、麻雀アカデミー開講。東京と大阪で上級者、プロを育てる。2010年、RMUを退会。日本麻雀機構の一時休止を発表。2011年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会し、現在に至る。また、東京、札幌、大阪、博多、広島など全国各地で、打ち手のマナーを重視した麻雀教室を開講中。
  • 富坂 聰とみさか さとし

    ジャーナリスト
    拓殖大学海外事情研究所教授
    富坂 聰
    1964年、愛知県生まれ。北京大学中文系に留学したのち、週刊誌記者などを経てジャーナリストとして活動。中国の政・官・財界に豊富な人脈を持つ。94年、『龍の伝人たち』で21世紀国際ノンフィクション大賞(現・小学館ノンフィクション大賞)優秀賞を受賞。新聞・雑誌の執筆や、テレビ番組のコメンテーターも務める。2014年に拓殖大学海外事情研究所教授に就任。著書に『感情的になる前に知らないと恥ずかしい中国・韓国・北朝鮮Q&A』(講談社)、『中国がいつまでたっても崩壊しない7つの理由』(ビジネス社)、『風水師が食い尽くす中国共産党』(KADOKAWA)など多数。
  • 中井 信之なかい のぶゆき

    ポージングディレクター
    イメージコンサルタント
    俳優
    中井 信之
    明治大学政治経済学部中退。学生時代から劇団「夢の遊民社」に所属して演劇活動を始める。退団後、小劇場の作・演出を経て、映画・TV・舞台に出演。
    内面と外見を結び付ける、オリジナルのポージングメソッドを開発し広める。以後、ワタナベエンターテイメントカレッジ等、タレント養成所で7000人以上のタレント志望者にポージングディレクターとして「個性のブランディング」を指導。年齢・体型・心理状態の関係などをグローバルな視点で学ぶ必要を感じ、日本人男性2人目となる国際イメージコンサルタントの資格をアメリカのフロリダ州で取得。
    個人から、組織内での個性の活かし方まで、プログラムのバリエーションが豊富。ユニークな活動は、NHK・Eテレや、フジテレビで特集されるなどメディア実績多数。
    大妻女子マネジメントアカデミー講師・国際イメージコンサルタント協会会員。
  • 西脇 俊二にしわき しゅんじ

    精神科医
    ハタイクリニック院長
    西脇 俊二
    弘前大学医学部卒業。1991〜96年、国立国際医療センター精神科。1996〜2007年、国立秩父学園医務課医長。1992〜2007年、国立精神・神経センター精神保健研究所研究員。大石記念病院(足立区)、皆藤病院(宇都宮)勤務を経て、2009年、ハタイクリニック(目黒区) 院長に就任。2010年よりEuropean University Viadrina非常勤講師。2014年よりAyurvedic Medicine Practitioner(California)。テレビ出演やドラマ、映画の医療監修でも活躍。ハタイクリニック院長就任前からベジタリアンなど多くのダイエット法を試し、糖質制限により3ヵ月で17㎏の減量に成功。セミナーや料理教室を開催し、糖質制限の啓蒙活動を行ってきた。ダイエットだけでなく、糖質制限の効果を利用した治療も行い、多くの患者さんに効果を上げてきた。
  • 野村 浩子のむら ひろこ

    ジャーナリスト
    淑徳大学教授
    野村 浩子
    1962年生まれ。84年、お茶の水女子大学文教育学部卒業。就職情報会社ユー・ピー・ユーを経て、日経ホーム出版社(現日経BP社)発行のビジネスマン向け月刊誌『日経アントロポス』の創刊チームに加わる。95年、『日経WOMAN』編集部に移り、副編集長に。99年には、その時代に最も活躍した女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を立ち上げる。2003年1月から編集長。2006年12月、日本初の女性リーダー向け雑誌『日経EW』編集長に就任。その後、日本経済新聞社・編集委員などを経て、2014年4月より現職。財務省・財政制度等審議会、経済産業省・なでしこ銘柄基準選考委員会、文部科学省・日本ユネスコ国内委員会など政府・自治体の各種委員を務める。著書に『女性に伝えたい 未来が変わる働き方』(KADOKAWA)、『定年が見えてきた女性たちへ』(WAVE出版)、『働く女性の24時間』(日本経済新聞出版社)。
  • 橋爪 大三郎はしづめ だいさぶろう

    社会学者
    東京工業大学名誉教授
    橋爪 大三郎
    1948年生まれ。社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東京工業大学教授を経て、現在、東京工業大学名誉教授。至善館大学教授。著書に『はじめての構造主義』(講談社現代新書)、『ほんとうの法華経』(ちくま新書)、『戦争の社会学』(光文社新書)、『丸山眞男の憂鬱』『小林秀雄の悲哀』(ともに講談社選書メチエ)など。大澤真幸氏との共著に『ふしぎなキリスト教』、『げんきな日本論』(ともに講談社現代新書)、『アメリカ』(河出新書)など。
  • 濱崎 潤之輔はまさき じゅんのすけ

    大学・企業研修講師
    濱崎 潤之輔
    大学・企業研修講師。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。明海大学や獨協大学、早稲田大学EXTなどで講義を行い、ファーストリテイリングや楽天銀行、SCSK、エーザイ、オタフクソースなどの企業でTOEIC L&Rテスト対策研修講師を務める。これまでにTOEIC L&Rテスト 990点(満点)を60回以上取得。TOEIC L&Rテスト対策セミナーなども開催。著書に『中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる問題集』(かんき出版)、『マンガで攻略! TOEIC L&Rテスト 文法対策』(西東社)、『TOEICテスト 一発逆転 600点!』(KADOKAWA)など多数。
  • 原島 広至はらしま ひろし

    歴史
    サイエンスライター
    原島 広至
    1966年生まれ。歴史・サイエンスライター、エディトリアル・デザイナー、マルチメディア・クリエイター、3DCG作家。日本3Dプリンター株式会社顧問。家庭教師(高校・大学受験、英数理を指導)の経験や、建築設計の仕事に携わってきたことによる理工系の知識を活かし、『骨単』をはじめ『肉単』『脳単』『臓単』『ツボ単』など(以上、丸善雄松堂)、累計60万部を超える「解剖学英単語集シリーズ」を出版。また、手彩色絵葉書・古地図蒐集家としてテレビ番組にも出演している。主な著書に、『語源でわかる中学英語 knowの「k」はなぜ発音しないのか?』『東京・横浜今昔散歩』『大阪今昔散歩』『神戸今昔散歩』『名古屋今昔散歩』『百人一首今昔散歩』『+-×÷のはじまり』(以上、KADOKAWA)、『骨単 ~語源から覚える解剖学英単語集[骨編]』『肉単』『脳単』『臓単』『ツボ単』『生薬単』(以上、丸善雄松堂)、『美術解剖学レッスンⅠ 手・腕編』(青幻舎)などがある。
  • 樋口 裕一ひぐち ゆういち

    多摩大学名誉教授
    樋口 裕一
    1951年、大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士課程満期退学。現在、小学生から社会人までを対象とした小論文・作文の通信指導塾「白藍塾」の塾長として、「文章の書き方」の指導にも携わっている。著書は、250万部を超える大ベストセラー『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP研究所)のほか、『バカ部下を使いこなす技術』(KADOKAWA)など多数。
  • 平田 進也ひらた しんや

    日本旅行「おもしろ旅企画ヒラタ屋」代表
    平田 進也
    1957年、奈良県生まれ。京都外国語大学在学時からテレビ番組「ラブアタック!」の名物“みじめアタッカー”として活躍し、日本旅行入社後も「おはよう朝日です」「探偵!ナイトスクープ」などテレビ出演多数。添乗員としての豊富な経験とおもしろトーク&変身芸を活かして「平田進也と行くツアー」は発売するとすぐに売り切れるほど幅広い層のファンを持ち、「ナニワのカリスマ添乗員」の異名をとる。ファンクラブ「ヒラタ屋倶楽部」の会員数は2万人を超える。
  • 樋渡 啓祐ひわたし けいすけ

    樋渡社中株式会社 Founder&CEO
    前佐賀県武雄市⻑
    樋渡 啓祐
    1969年佐賀県武雄市生まれ。1993年総務庁(現総務省)に入庁。内閣中央省庁等改革推進本部事務局、高槻市市⻑公室⻑などを経て、2004年総務省大臣官房秘書課課⻑補佐で退職。2006年当時全国最年少36歳で武雄市⻑に就任。TVドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」の誘致、市⺠病院の⺠間移譲、年間100万人の武雄市図書館の実現を図り、週刊誌AERA、日経BP「世界を変える100人」等にも選ばれる。2015年1月佐賀県知事選で敗れ、まちづくりの株式会社である樋渡社中を結成しCEO。内閣府所管 である地域経済活性化支援機構の社外取締役、関⻄学院大学大学院客員教授等に就任。趣味はランニ ング、料理、音楽、読書、旅。今まで40か国を放浪。
  • 藤吉 豊ふじよし ゆたか

    株式会社文道 代表取締役
    フリーランスライター・編集者
    日本映画ペンクラブ会員
    藤吉 豊
    有志4名による編集ユニット「クロロス」のメンバー。編集プロダクションにて、企業PR誌や一般誌、書籍の編集・ライティングに従事。編集プロダクション退社後、出版社にて、男性情報誌、自動車専門誌、2誌の編集長を歴任。2001年からフリーランスとなり、雑誌、PR誌の制作や、ビジネス書籍の企画・執筆・編集に携わる。文化人、経営者、アスリート、グラビアアイドルなど、インタビュー実績は2,000人以上。2006年以降は、ビジネス書籍の編集協力に注力し、200冊以上のライティングに関わる。現在はライターとしての活動のほか、「書く楽しさを広める活動」「ライターを育てる活動」にも注力。「書く力は、ライターだけでなく、誰にでも必要なポータブルスキルである」(ポータブルスキル=業種や職種が変わっても通用する持ち出し可能なスキル)との思いから、大学生や社会人に対して、執筆指導を行っている。コーヒーと猫が好き。
  • 保坂 隆ほさか たかし

    保坂サイコオンコロジー・クリニック院長/聖路加国際病院 診療教育アドバイザー
    聖路加国際大学臨床教授
    京都府立医大客員教授
    保坂 隆
    1952年、山梨県生まれ。聖路加国際病院診療教育アドバイザー、保坂サイコオンコロジー・クリニック院長。1977年慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学精神神経科入局。1990年より2年間、米カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)精神科に留学。東海大学医学部教授、聖路加国際病院精神腫瘍科部長、聖路加国際病院リエゾンセンター長,などを経て、現職。著書は、『精神科医が断言する 「老後の不安」の9割は無駄』(KADOKAWA)、『精神科医が教える ちょこっとずぼら老後のすすめ』(海竜社)、『「ひとり老後」の楽しみ方』(PHP研究所)、『人間、60歳からが一番おもしろい!』(三笠書房)など多数。
  • 星 渉ほし わたる

    作家
    星 渉
    1983年仙台市生まれ。大手企業で働いていたが、東日本大震災に岩手県で被災。生死を問われる経験を経て「もう自分の人生の時間はすべて好きなことに費やす」と決め、2011年に独立起業し、心理療法やNLP、認知心理学、脳科学を学び始める。それが原点となり、個人の起業家を対象に「心を科学的に鍛える」を中心に置いた独自のビジネス手法を構築。「好きな時に、好きな場所で、好きなシゴトをする個人を創る」をコンセプトに活動し、わずか5年間で講演会、勉強会には7200人以上が参加し、手がけたビジネスプロデュース事例、育成した起業家は623人にものぼる。ゼロの状態から起業する経営者の月収を6カ月以内に最低100万円以上にする成功確率は、日本ナンバーワンの91.3%を誇り、その再現性の高い、起業家のためのビジネスコンサルティング手法が各方面で話題となる。コンサルティングの申し込みは倍率92.1倍を記録。日本で数千人規模の講演会を実施し、シドニー、メルボルン、ニューヨークなどの海外でも大規模なイベントを行い、グローバルに「好きな時に、好きな場所で、好きなシゴトをする個人を創る」ための活動をしている。
  • 細谷 功ほそや いさお

    ビジネスコンサルタント
    細谷 功
    株式会社東芝を経て、アーンスト&ヤング、キャップジェミニ、クニエなどの米仏日系コンサルティング会社にて、コンサルティングに従事。コンサルティングの専門領域は、製品開発や営業などの戦略策定、業務/組織/IT改革など多岐にわたる。近年は問題解決や思考力に関する講演やセミナーを企業や各種団体、大学などに対して国内外で実施。著書に、『地頭力を鍛える』『問題解決のジレンマ』(以上、東洋経済新報社)、『具体と抽象』(dZERO)、『やわらかい頭の作り方』(筑摩書房)などがある。
  • 堀 正岳ほり まさたけ

    研究者
    ブロガー
    堀 正岳
    研究者・ブロガー。北極における気候変動を研究するかたわら、ライフハック、IT、文具などをテーマとしたブログ「Lifehacking.jp」を運営。知的生産、仕事術、ソーシャルメディアなどについて著書多数。理学博士。
  • 堀口 龍介ほりぐち りゅうすけ

    株式会社即決営業 代表取締役
    堀口 龍介
    22歳のとき、大学入試教材の訪問販売最大手に入社。「即決」にこだわることをモットーとして、翌年にはセールスマン1000人以上の中で年間個人売上1位の成績を収める。その後、名古屋、東京、京都と訪問販売会社を渡り歩き、在籍した全ての会社で年間個人売上1位となる。29歳で訪問販売会社を起業し、自身が実践してきた「即決営業メソッド」を社員に実践させ、初年度から年商2億7千万円を売り上げる。さらに東京、大阪、京都に拠点を広げ、グループ売上年商5億円を突破。13年経つ現在も順調に経営。また全営業スタッフの5年分の商談を録音し、「売れる営業マン」と「売れない営業マン」の違いを脳科学的に徹底分析。後に誰もが再現可能な「即決営業メソッド」として確立する。38歳、「営業を通じて世界中の人々を笑顔にする」ことを理念とし、株式会社即決営業を設立。代表取締役に就任する。現在も営業研修、YouTube、LINE@、書籍、メルマガ、メディア出演などを通して、即決契約が取れない営業マンを対象に「即決営業メソッド」を伝える活動を行い、年収1000万円以上のトップセールスを多数生み出し続けている。
土井英司プロデュース KADOKAWA知的生産塾「コンテンツ・クリエイター」養成コース 詳しくはこちら土井英司プロデュース KADOKAWA知的生産塾「コンテンツ・クリエイター」養成コース 詳しくはこちら
ページトップに戻る