★2020年4月開講予定★ 第2期生募集のお知らせです!知的生産塾 コンテンツ・クリエイター養成コース知的生産塾 コンテンツ・クリエイター養成コース

知的生産塾
「コンテンツ・クリエイター」
養成コースとは?

元アマゾンのカリスマバイヤーにして、ベストセラーの仕掛人。いまや出版業界に7000人以上の人脈を持ち、数々のベストセラーを世に送りだしているビジネス作家育成のプロフェッショナル、土井英司がプロデュースする、コンテンツ・クリエイター養成講座です。

人生100年時代、
半永久的に収入が得られる

人生100年時代、「90歳まで稼げる職業は?」と問われたら、それは間違いなく、知的生産をする「コンテンツ・クリエイター」でしょう。
『Forbes』誌が発表する、「死後最も稼いだセレブランキング」では、2018年もマイケル・ジャクソンが1位(6年連続)。記事によると、マイケルは2017年10月1日から2018年10月1日までに、約452億円(4億ドル)を稼ぎ出したそうです。ちなみに2位は、死後41年経ったいまも年間100万枚以上のアルバムを売り上げているエルヴィス・プレスリーで、約45億円(4000万ドル)。こちらは『Forbes』のランキングではありませんが、ビジネス書の世界では、ドラッカーが亡くなった後も書籍から億単位の収入を得ています。
彼らの共通点は、知的資産から印税的に収入を得ている点。つまり、一度つくったコンテンツから、半永久的に収入を得ているのです。
コンテンツビジネスの良いところは、年を重ねても、亡くなっても収入が継続する点。売価の割に仕入れが安く、利益率が高いのも特長です。

参考書籍①
参考書籍②
参考書籍③
参考書籍④
参考書籍⑤
参考書籍⑥
参考書籍⑦
参考書籍⑧
参考書籍⑨
参考書籍⑩
参考書籍⑪
参考書籍⑫
参考書籍⑬
参考書籍⑭

丁寧指導ができる、
少人数制講座

土井英司氏によるセミナーの様子

今回、数多くのコンテンツメーカーを輩出してきたKADOKAWAと、ビジネス・実用書分野で数多くのベストセラー作家を輩出してきたエリエス・ブック・コンサルティングがコラボして、21世紀の新たなコンテンツ・クリエイターを発掘する「知的生産塾」を開校しました。

第2期生の講座のスタートは2020年4月を予定。1~2月にかけて選考のための入門講座を開催します。詳細は2019年10月頃にご案内いたします。

これからの知的生産のスタンダードは、「書ける」「話せる」「共創・求心力がある」の3要素。有料課金のマイクロコンテンツやブログ、本が書ける、講演や動画出演で稼げる、オンラインサロンがつくれるなどの要素を備えた、新しい時代のタレントを育成する、ビッグプロジェクトです。一生食いっぱぐれないコンテンツ生産の実力がつき、出版、テレビデビューの道が一気に近づく、自分だけの顧客リストが取れる。そんな未来を一緒に実現しましょう。
みなさまのエントリーをお待ちしております!

プレゼン最優秀者に出版を確約!
ベストセラー編集者を前に、
卒業プレゼンテーション

参考画像

入門講座を経て本講座に進んだ合格者のみなさまには、6カ月・全6回のレッスン後に、企画プレゼンテーションに挑戦していただきます。主宰・土井英司をはじめ、KADOKAWAのエース編集者たちを前にした卒業プレゼン。数十万~ミリオンセラーを手がけた、普段めったに会えない編集者にアプローチできる貴重なチャンスです。しかも、プレゼン最優秀者には「出版を確約」いたします。※講座期間中に作成する企画書の合格が、卒業プレゼンテーションへの参加資格となります。

「知的生産塾」(本講座)に
ご参加いただくには

  • ステップ1
    まずは、入門講座をご受講ください。
  • ステップ2
    入門講座当日までに資料をご提出ください。
    ※1. ご自身の活動状況が分かる「プロフィール」を入門講座当日にお持ちいただくか、
    )宛にお送りください
  • ステップ3
    ご提出いただいた資料をもとに、
    本講座にお進みいただく方を選考します。
  • ステップ4
    合格された方には、本講座に関するご案内をお送りします。
  • ステップ5
    ご入金確認後、本講座開始。
  • ステップ6
    ヒットコンテンツメーカーに!

※1. <プロフィール例>
KADOKAWA太郎(かどかわ・たろう)
1945年、東京都千代田区生まれ。1967年、富士見大学経済学部経営学科卒業。専攻はコンテンツビジネス。不死身書房の編集者として、漫画『角川兄弟』(累計1億部)、ライトノベル『僕の編集した本がそんなに面白いわけがない』(累計800万部)などを次々とヒットさせ、2000年に独立。コンテンツプロデューサーとして独立後もヒットを連発し、VR映画の先駆け『彼女が3D過ぎる件』は、YouTubeで1億回再生。現在は、月1回ハリウッドに赴き、VRコンテンツ開発の指導をしている。中国・北京にある、VRテレビ局、虚擬現実公司のアドバイザー。

● 本講座内容(予定)

  • 第1回
    コンテンツで成功するための課金モデルと戦略研究
  • 第2回
    自分力養成講座(プロフィールと自分ブランド)
  • 第3回
    文章力養成講座I(マイクロコンテンツとブログ)
  • 第4回
    企画・マーケティング力養成講座(書籍企画と執筆マーケティング)
    ※中間レヴュー&編集者との懇親会
  • 第5回
    話し方養成講座(講演・セミナー・動画で稼ぐ)
  • 第6回
    人脈とテクノロジー(オンラインサロン、会員モデル)
  • 本講座は、入門講座の選抜を通過した人が受講の対象となります。
    全3回の入門講座のうち、必ずどれか1回にご参加ください。
  • 東京会場(A・Bコース)は、2つのコースからお好きなコースを選択して受講していただけます。いずれかに受講者が集中した場合には、調整をお願いさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 本講座の定員は、A・B各コース16名(予定)ずつです。
  • 本講座の受講料は、50万円(税込)です。受講料には、全6回講義の受講料、卒業プレゼンテーション参加費、資料代、各回の昼食(お弁当代)が含まれています。
  • 各回、テーマに合わせたテキストを配布いたします。
  • 本講座は、KADOKAWA本社ビル(東京・飯田橋)で行います。
  • 第2回以降、講義終了後に懇親会を開催します(懇親会参加費は都度お支払い)。
  • 2回以上講義を欠席されますと卒業資格、および卒業プレゼンテーション参加 資格がなくなります。遅刻が続き、弊社が授業時間が足りないと判断した場合も同じ措置を取らせていただく場合がございますので、十分ご注意ください。
    ※事前連絡があれば、A、Bコースの振替は可能です。

● 対象ジャンルについて

フィクション・ノンフィクションといった表現形式の区分けはありません。ご自身の専門分野、得意分野、他の方にない希少な体験を持ち、その人ならではの情報・コンテンツを世の中に発信していきたい、という方でしたらどなたでも対象となります。
<講師の主要ジャンル>
ビジネス・自己啓発・実用・専門書一般など

● 講座の受講にあたって

反社会的・違法的な活動に関わっている場合やその関係者とお付き合いのある方のご参加は、お受けできません。また、マルチ商法的なもの、政治宗教等の思想信条に関わる活動、その他をされている場合も指導をお受けできない場合がございますので、予めご了承ください。

● メイン講師

土井英司
土井 英司(どい えいじ)

出版マーケティングコンサルタント / ビジネス書評家
有限会社エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役
日刊書評メールマガジン「ビジネスブックマラソン」編集長

1974年生。慶應義塾大学総合政策学部卒。専攻はマーケティング。学生時代にギリシアに留学。大学卒業後、ゲーム会社を経て編集者・取材記者・ライターとして修業。日経ホーム出版社(現・日経BP社)を経て、2000年に世界最大のオンライン書店アマゾンの日本サイトAmazon.co.jp立ち上げに参画。エディター・バイヤーとして、売れる本をいち早く見つける目利きと斬新な販売手法で『ユダヤ人大富豪の教え』(50万部突破)、『もえたん』(17万部突破)など数々のべストセラーを仕掛け、「アマゾンのカリスマバイヤー」と呼ばれる。 2001年、同社のCompany Awardを受賞。
2004年、有限会社エリエス・ブック・コンサルティングを設立。独立後は数多くの著者のブランディング、プロデュースを手掛け、著者の強み(USP)の発見からブランド構築、出版戦略、マーケティングまでをトータルで行う業界屈指のプロフェッショナル。同時に、出版社への企画・PR・マーケティングのアドバイス・支援も行う。Amazon時代に駆使したインターネットマーケティングにも詳しく、オピニオンリーダーやメディアを巻き込んだPR戦略やインターネットでの販売戦略に定評がある。インターネット元年と言われた学生時代から、「インフラが整ったあとはコンテンツの時代が来る」と予測し、人生や仕事に役立つコンテンツの提供・普及に務めている。
出版プロデュース実績は、国内160万部、世界1000万部を突破した『人生がときめく片づけの魔法』、シリーズ累計100万部を突破した『年収200万円からの貯金生活宣言』、年間ビジネス書ベストセラーのトップ10入りを果たした『「超」入門 失敗の本質』、『年収1億円思考』、さらにベストセラーとなった『経営の教科書』、『投資信託選びでいちばん知りたいこと』、『プロフェッショナルサラリーマン』、『フォーカス・リーディング』、『バカでも年収1000万円』、 『その話し方では軽すぎます!』、『世界一愚かなお金持ち、日本人』、『9割受かる勉強法』など、ビジネス書、実用書を中心に次々とベストセラーリスト入りを果たしている。
自己表現、ブランディングに関するセミナーも好評で、特に年数回行われる「最強の自分マーケティング」は、180名の定員にも関わらず毎回満員御礼。各業界のトップビジネスパーソンが集まる一大イベントとなっている。また、日本を代表するビジネス書評家としても活躍。自らのメールマガジン『ビジネスブックマラソン』は2004年7月に発行開始以来、日刊で約10年間の発行実績、現在4700号を突破。出版 業界人はもとより、全国の経営者層、各界の著名人にも愛読され、読者数5万6千人を超 えるメディアに成長した。読売新聞で4年間の書評連載、「ベストセラーブックTV」でレギュラーコメンテーターを3年間務め、現在は「ラジオNIKKEI」に毎週レギュラー出 演。書評家としても多数のメディアに登場している。
自らも著書を出版しており、2007年4月発刊の著書『「伝説の社員」になれ!』は、発売2ヶ月で10万部のベストセラー、 2010年発刊の『20代で人生の年収は9割決まる』は6万部のベストセラーに。2012年5月に出版した『土井英司の「超」ビジネス書講義』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、発売3週間で、3刷3万5千部を突破 している。

  • 【お問い合わせ】
    セミナーに関するお問い合わせは、メールにてお願い致します。
    ビジネス編集課ビジネスセミナー事務局
    メールアドレス:
    (受付時間:月曜~金曜 ※祝日は除く 午前10時~午後6時まで)
    (受付時間外のメールでのお問い合わせは翌営業日以降のご返答となります)
画像素材:PIXTA
ページトップに戻る
StudyWalkerライター・エディター募集