KADOKAWA×アップルシード・エージェンシー 日本一出版に結びつく著者養成ゼミ

作家エージェントとして200名以上をデビューさせてきたアップルシード・エージェンシーと、オールジャンル出版社のKADOKAWAがタッグを組み、未来のベストセラー著者を養成する講座(主催:株式会社KADOKAWA)を開催!
講師は、新人著者を生み出すことで定評のある、アップルシード・エージェンシー代表で、ベストセラー作家でもある鬼塚忠氏が担当。氏が19年間積み重ねてきた著者養成講座のオリジナルノウハウに基づき講義いたします。
さらに、受講者を、より「著者デビュー」に近づけるため、出版社であるKADOKAWAがバックアップ。
受講生が、より出版に結び付くよう、KADOKAWA の他部署、他の出版社での可能性も探っていきます。
いい企画は講座の最中であってもどんどん出版を決め込んでいきます。どこにも真似のできない、唯一無二の講座が完成しました。

KADOKAWA×アップルシード・エージェンシーが、
著者デビュー → ベストセラー誕生へ導く

参考書籍A

こんにちは。
アップルシード・エージェンシー代表 鬼塚忠です。

この著者養成ゼミに興味を持っていただきありがとうございます。とても嬉しく思います。この講座の目的は、出来るだけ多くの新人著者をデビューに導き、ベストセラーを作り、一冊でも多くの書籍を読者の手もとに届けることです。

そのために、もっとも新人著者を生み出す意欲のある総合出版社のKADOKAWAと、これまでに新人著者をもっともデビューさせ、ベストセラーをもっとも多く世に送り出している、著者エージェントであるアップルシード・エージェンシーがタッグを組みました。

KADOKAWAは毎年、非常に多くの本を出版し、新人著者がデビューできる可能性が高く、総合出版社なので、ビジネス書から女性実用書まで、あらゆるジャンルの企画に対応できます。

では、なぜその相手がアップルシード・エージェンシーなのか? 
アップルシード・エージェンシーは、創業以来およそ20年間で、1100冊以上の書籍を世に送り出し、そのなかの2割ほどは新人著者の作品です。年単位で言うと、年80冊ほどの書籍をプロデュースし、年10人ほどの新人をデビューに導いています。

具体的にアップルシード・エージェンシーが世に出したのは以下のような書籍です。

『東大読書』『東大作文』西岡壱誠(東洋経済新報社)累計26万部
『魔法の「メス力」』神崎メリ (KADOKAWA)7万部
『内臓脂肪を最速で落とす』奥田昌子(幻冬舎新書)13万部
『内閣情報調査室』今井良(幻冬舎新書)4万部
『女子のための「手に職」図鑑』華井由利奈(光文社)3万部
『世界一ゆるい聖書入門』上馬キリスト協会(講談社)2万部
『図解でわかる 暗記のすごいコツ』碓井孝介(日本実業出版社)4万部
『アドガール』伊藤春香(はあちゅう)(主婦の友社)2万部
『哄う合戦屋』北沢秋(双葉社)シリーズ累計55万部
『死ぬときに後悔すること25』大津秀一(致知出版社)日韓累計55万部
『情報は1冊のノートにまとめなさい』奥野宣之(ダイヤモンド社)シリーズ累計53万部
『すごい会議』大橋禅太郎(大和書房)20万部
『考具』加藤昌治(CCCメディアハウス)25万部
『人に好かれる話し方』和田裕美(大和書房)25万部
『歌舞伎町案内人』李小牧(KADOKAWA)8万部

KADOKAWAとアップルシード・エージェンシーは、このゼミから出来るだけ多くのベストセラー著者を見いだします。私たちは、まだ見ぬ良質の著者の卵と出会いたい。その渇望が大きいのです。

しかし、このゼミの目的は、前述のように、出来るだけ多くの著者をデビューさせ、その中からベストセラーを世に出すこと。それゆえ、このゼミの中の企画で、KADOKAWAよりも他の出版社での出版が妥当だと判断した場合は、KADOKAWAではなく、他の出版社にアップルシード・エージェンシーが企画を紹介します。そのほうが、デビューしやすくなり、ベストセラーの可能性も高まるからです。

著者デビューのために、数多ある「出版講座」と称するところで行われているような、細部にまでわたる勉強は必要ありませんし、編集者と知り合いになるために人脈を拡げる活動もいりません。もちろん、ノウハウ・経験・人脈は提供しますが、人を惹き付けるコンテンツを持っていれば、それでよいと思っています。

出版は、自らの考えや思いを世に問うことです。ネット社会である現代では、出版がきっかけとなり、あなたのメッセージが日本のみならず世界に拡散する可能性があります。弊社が手がけたベストセラー『死ぬときに後悔すること25』から翻訳された「25の後悔することリスト」は、中国で何億人にも読まれているそうです。おそらく、これらの本の言葉に心を動かされ、たくさんの人が人生を変えたことでしょう。他者に影響を与えることで自らが受ける刺激は計り知れないものです。それはあなたが今後、創造的で豊かな人生を送るための礎となるに違いありません。

私たちは人生の歩みを通じて学び、その学びを社会で実践し、成功と失敗を繰り返し、数多のことを経験します。その結果、誰もがかけがえのない体験をし、知見を得て、独自の方法論を確立させていきます。それらを新たなコンテンツとして社会に還元すれば、この世界の誰かがまた学び、疑似体験をします。そういう循環が、社会に知を蓄積させ、世界を変える原動力となります。あなたが本を出すことは、そうした壮大な人類の営みに寄与することになるのです。

最後に私自身(講師)の紹介を少しさせて下さい。なぜ、私たちが、アイデアを企画に変え、またそれを書籍にし、ベストセラーまで持っていけるかを。

私は20代後半に海外から帰国し、海外の作家の日本語翻訳権を日本の出版社に売り込む会社に入りました。その会社には5年間いましたが、そこには日々30冊ほどの本が、日本で翻訳出版してくれる版元を探してほしいと海外から送られてきます。その原書を読みながら、これは日本で売れるかどうか? 売れるのであればどの出版社の誰に売りこめるか? ということを社内で徹底的に議論してきました。

そこで私は企画を見る目を養い、出版界で人脈を拡げました。独立し、日本人の著者のエージェントとなってからも、20年間、出版企画をどう磨けばいいか、どの出版社の誰に売り込めばよいかを考え抜いてきました。25年間、どういう企画を世に出せばよいかということばかりを考え、提案し、1100冊の書籍を作り、ベストセラーを出してきました。余談ですが、私自身も書籍、特に小説を書いており、過去9冊の小説を書き、8作が映画化され、そのなかでも『花戦さ』は野村萬斎主演で映画化され、一昨年、日本アカデミー賞優秀作品賞ほか8部門で優秀賞を受賞しました。だから自信を持って、あなたの企画を修正し、最も適切な編集者に売り込めると言い切れるのです。

講座の内容は以下になります。

・まずは出版するためのそもそも論について
・出版の前に知っておくべきひとつのこと
・購入者の購買心理から売れる企画を考える
・企画の立て方を教えます。ゴール、スタート、ゴール後の順に考える
・タイトル・サブタイトル・企画趣旨
・プロフィールは無駄な部分を削ぎ、大事なところを膨らます作業
・目次は、もう型でしかない。5つの型の中から選ぶのが賢明
・最も大切な、「はじめに」の書き方教えます
・企画書を作成するコツ
・書籍企画の売り込み方を教えます
・出版社はそれぞれ性格がある
・企画会議はこうして行われ、こうして採用の是非が決まる
・出版までにする10のこと。書籍をPRしやすい書籍にする
・紙とネットと電波とリアルの関係
アップルシード・エージェンシー代表 鬼塚忠

全6回の講座で出版レベルの企画書に到達!

参考画像

著書を出版したい人へ向けて講座を開催。出版を実現するために、アップルシード・エージェンシー代表の鬼塚忠が、全6回の講座(課題とプレゼンあり)を通して受講者の持っているコンテンツを出版レベルの企画書まで引き上げていきます。出版レベルに達した企画書は、KADOKAWAに限らず企画に適した出版社へ随時営業していきます。日本でもっとも出版に結びつく出版講座との自信があります。

「著者養成ゼミ」ご参加の流れ

  • ステップ1
    入門講座にご参加ください。
  • ステップ2
    入門講座終了後に企画書とご自身の活動状況が分かる「プロフィール」を()宛にお送りください。
  • ステップ3
    資料で選考を行い、合格の方に本講座へのご連絡をいたします。
  • ステップ4
    本講座スタート ※開始に先立ちご入金を確認させていただきます。

● 本講座の日程

開催日 開催時間
第1回 未定 19:00~22:00
第2回 未定 19:00~22:00
第3回 未定 19:00~22:00
第4回 未定 19:00~22:00
第5回 未定 19:00~22:00
第6回 未定 19:00~22:00

● 本講座内容(予定)

  • 第1回
    書籍企画書の書き方
  • 第2回
    目次構成の作り方
  • 第3回
    書籍本文の書き方
  • 第4回
    課題プレゼン
  • 第5回
    課題プレゼン
  • 第6回
    出版社の選び方、選ばれ方
  • 本講座で選抜された方のみ本講座にご参加いただけます。全3回の入門講座のうち、必ずどれか1回にご参加ください。
  • 本講座の定員は、15名です。
  • 本講座の受講料は、40万円(税込)です。
  • 各回、テーマに合わせた資料を配布いたします。
  • お申込後のお客様都合によるキャンセル・払い戻しはいたしません。
  • 本講座の内容は、変更になる可能性がございます。
  • 主催:株式会社KADOKAWA

● 対象ジャンル

小説、詩歌を除く、すべてのジャンル。

● 講師

アップルシード・エージェンシー代表取締役 鬼塚 忠(おにつか ただし)
鬼塚 忠(おにつか ただし)

アップルシード・エージェンシー代表取締役、エージェント
1965年鹿児島市生まれ。鹿児島大学卒業。在学中2年間の英国留学。大学卒業後、2年間かけて、アジア・オセアニア、中近東、アフリカ、ヨーロッパなど世界40か国を放浪。ヨーロッパでお金が底をつき、シベリア鉄道で帰国。帰国時、所持金は1万円を切っていた。1997年より2001年6月まで海外書籍の版権エージェント会社「イングリッシュ・エージェンシー」に勤務。映画の原作、ビジネス書、スポーツ関連書籍など年間60点ほどの翻訳書籍を手掛ける。そこで海外の書籍の日本語翻訳権を日本の出版社に売り込む技術を会得すると同時に、企画を見る目を養う。次に海外の作家ではなく、日本に住む自分の周辺にいる作家のエージェントをしたいと思い、2001年10月に有限会社アップルシード・エージェンシーを設立。2003年に株式会社へ改組。現在では会社の経営とともに、本来のエージェント業務を行う。

画像素材:PIXTA
ページトップに戻る