スキルUP

知識と経験が裏打ちしてこそ、生きてくるのが「ピンGOの法則」/人生の勝率の高め方(6)

仕事、お金、人間関係……すべては「ゲーム」であり、その「成功のツボ」には共通項がある! 人生の勝算を高める技術を『「人生の勝率」の高め方 成功を約束する「選択」のレッスン』(土井英司著)よりご紹介します(第6回)。

※この記事は、語り手(Dさん)が開催した講座で、Dさんが受講者からの質問に答える形で進行します。

ピンときたらGO(ピンGOの法則)

【セミナー受講者】:Dさんはいろいろな情報を持っているから、たくさんおいしい思いをしてきたはずですが(笑)、チャンスを逃して後悔したことはないのですか?


【D】:こうやってみなさんに「選択のしかた」をお教えしているのに、しょっちゅう、後悔していますよ。「あれもやっておけばよかった、これもやっておけばよかった」って。

僕の場合は、「自分の都合」を優先するあまり、チャンスを逃してしまったことが多いですね。

会社を立ち上げて3年くらいのとき、僕のところに、「ある企業を買わないか」と買収の相談を持ちかけられたことがありました。

その会社は破綻していたので、買収にかかる金額を考えても、今思えば、買うことができたはずです。けれど当時の僕は、「買えるわけないよ」と思い、断ってしまった。


【セミナー受講者】:なぜ、「買えるわけないよ」と?


【D】:破綻した会社を立て直すには、根性がいります。けれど、会社が伸びている最中だったので、自分の会社に注力すべき時期だったし、そもそも僕には、会社を買収した経験がない。だから、「このタイミングでくる? 今は手いっぱいでほかのことには手がつけられない」と思ってしまった。

でも、断ったのは失敗でした。あのとき、「買う」という選択をしていたら、今とは違う人生を歩んでいたでしょうね。

それから、「ユニクロ」の株も、「Yahoo!」の株も、「これは、上がりそう」という予感があったのに、結局スルーしてしまいました。スルーせずに買っておけば、かなり儲かったはずです。


【セミナー受講者】:「ユニクロ」も、「Yahoo!」も、「上がるかも」と思ったのに、どうして買わなかったのですか?


【D】:「ユニクロ」を知ったのは新卒1年目、「Yahoo!」を知ったのは大学時代でしたが、当時の僕は、選択眼が今ほど成熟されていなかったので、「情報をたくさん集めてから判断しよう」と思ったからです。

どれほど情報を集めても、その選択が100%正しいかはわからないのに、損することを恐れてしまい、即決できなかったんですね。

為替相場も、株式相場も、自分の都合とは関係ありません。上がるものは上がるし、下がるものは下がる。

世の中は、あなたの状況を考慮しない。チャンスは、こちらの都合を待ってはくれない。だから、「何かが落ち着いてから」とか、「自分の準備が整ってから」と自分の都合を優先していると、チャンスを逃してしまいます。


【セミナー受講者】:つまり、自分の状況が整っていなくても、おいしい話が来たら「とりあえず、乗ってみろ」と?


【D】:乗ったほうがいいですよ、絶対に。それはもう、「ピン」ときたら「GO(ゴー)」です。「ピンGOの法則」ですね(笑)。

ピンときたら、「やる」と決める。決めたあとで、やり方を工夫すればいいんです。


【セミナー受講者】:Dさんは、「直感」について、どう思われますか? 自己啓発の本を読んでいると、「直感が大事だ」って書いてあるじゃないですか。「ピン」とくるっていうのも、直感に似ている気がするのですけど。


【D】:僕が思う直感の定義は、「筋のいい選択肢を思い切って選ぶこと」です。

「筋のいい」とは、成功する確率が高い、という意味です。

たしかに、「直感を信じて選択した結果、成功した」という話もよく聞くけれど、成功した人の多くは、そもそも、基本的な金銭教育やビジネス教育を受けている人が多い印象ですよね。

そういう人は、キャッシュフローが増えるほうとか、顧客名簿が増えるほうとか、ストックが増えるほうとか、将来的な利益が増えるほうを選んでいるに決まっています。

だから、ある程度までは、考えて、考えて、考えて、選択肢を絞り込んで、そして、最後に残った「筋のいい選択肢」の中からワクワクするものを「エイヤー!」と思い切って決めるのが、僕の考える直感です。

勉強をしていない人が、絞り込めていないたくさんの選択肢の中から「エイヤー!」と決めるのは、「直感」ではなく、「無謀」です。


【セミナー受講者】:知識と教養と経験がある人が、最後の最後に「どれにするか」を決めるのが直感だと。


【D】:そうだと思います。

成功している人は、「エイヤー!」の前に、絞り込んでいる。僕だって、やみくもにサイコロを振っているわけではありませんからね。

人生の勝率の高め方6の紹介画像2



著=土井 英司

カテゴリ:スキルUP
Amazonで詳細を見る
「人生の勝率」の高め方 成功を約束する「選択」のレッスン

「人生の勝率」の高め方 成功を約束する「選択」のレッスン

作者: 土井 英司
出版社/メーカー: KADOKAWA
発売日: 2019-09-13
メディア: 単行本

【著者紹介】土井 英司(どい・えいじ)
エリエスブック・コンサルティング代表取締役。日経BP社を経て、Amazon.co.jp立ち上げに参画。数々のべストセラーを仕掛け、「アマゾンのカリスマバイヤー」と呼ばれる。同社のCompany Awardも受賞。独立後は数多くの著者プロデュースを手掛ける。

あなたへのオススメ記事

  • 夢を見たいなら「ないもの」を見つめ、努力と工夫で突破!/人生の勝率の高め方(5)
  • 「タダ」に食いつくうちは二流! 差をつけるには投資も必要/人生の勝率の高め方(4)
  • まだ誰も気づいてない価値を「割安」で買えばノーリスクで儲かる/人生の勝率の高め方(3)
  • 成功確率が「50:50」なら「適正があるもの」を選ぶのが正解/人生の勝率の高め方(2)
  • NEW
    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • もはや戦闘不能! モテ男の雑な扱いに揺れる情緒/ほむら先生はたぶんモテない(6)

  • 関東私鉄で一番儲かっている「東急」のまちづくりが有能と話題に

  • 名刺にニックネームを入れる【営業マル秘テク】/えりた

  • 目からウロコ! 「紙の手帳」のカスタマイズが意外と面白い

  • 真面目にやってる? 仕事に緊張感の足りない部下につけるべきクスリとは/コミュ力向上塾(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る