スキルUP

パラリンピックの「パラ」って何? 戦争がきっかけだったその誕生秘話/毎日雑学

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

この雑学ではパラリンピックのパラの意味や由来、パラリンピックがいつから開催されるようになったのかを解説します。

雑学クイズ問題

パラリンピックの第1回大会はいつ?

A. 1896年
B. 1932年
C. 1960年
D. 2000年

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

パラリンピックのパラの意味や由来、いつから始まったのかを解説

パラリンピックにも注目

パラリンピックといえば、障がいのあるトップアスリートが出場できるスポーツの祭典。

どうしてもオリンピックに比べると注目度が下がってしまいますが、パラリンピックならではの魅力ももちろんあります。

オリンピックと同じくパラリンピックも日本を代表してメダル争いをするのですから、同じぐらいの声援を送りたいですよね。

今回はそんなパラリンピックの「パラ」の意味や由来、そしていつごろからパラリンピックが開催されているのかを解説します。

パラリンピックの由来は戦争

パラリンピックの「パラ」の意味を解説するために、まずはパラリンピックが開催されるようになった由来を解説をしていきます。

実はパラリンピックが開催されるようになった由来は戦争にあったのです。

パラリンピックの原型となったスポーツ大会が初めて開催されたのは1948年7月28日であり、ロンドンオリンピックの開会式と同日に行われました。

その当時は、まだパラリンピックという名称ではなく「ストーク・マンデビル競技大会」という大会名で開催されていました。

ストーク・マンデビルは「ストーク・マンデビル病院」という病院名が由来となっており、この病院では第二次世界大戦で脊髄を損傷した兵士を中心にリハビリが行われていました。

当時は脊髄を損傷した兵士に対しては医者も匙を投げてしまい、兵士達も寝たきりの生活が続き、生きる希望をなくして亡くなったり、欝病になるケースがとても多かったそうです。

ストーク・マンデビル病院ではそうした兵士たちのリハビリの一環として、手術ではなくスポーツをすることを推奨したのです。

スポーツをすることによって負傷した兵士は人間として生きる希望を取り戻していき、こうした試みがパラリンピックの由来となったんですね。

パラリンピックの「パラ」の意味とは?

続いて、パラリンピックの「パラ」の意味について解説していきます。

パラリンピックの原型となった「ストーク・マンデビル競技大会」は主に脊髄を損傷した兵士たちのスポーツ大会であることを説明しましたよね。

脊髄を損傷した兵士たちの多くは下半身不随となってしまい、生きる希望を失ってしまいました。

そんな下半身不随の兵士のためのスポーツ大会であることから、下半身不随を意味する「paraplegia」と「olympic」を繋げて「paralympic(パラリンピック)」としたのですね。

また、パラリンピックという名称が正式にIOC(国際オリンピック委員会)に認められた1985年以降には、既に下半身不随以外の身体障害者も大会に参加していました。

そのことからオリンピックと「並行(parallel)」して開催されているという意味合いで「parallel + olympic」で「paralympic(パラリンピック)」と呼ばれているそうです。

パラリンピックはいつから始まった?

最後にパラリンピックがいつから始まったのかについて解説します。

パラリンピックの第1回大会については1960年の第9回ストーク・マンデビル競技大会となります。

第9回なのになぜ第1回大会?と思われる方も多いかと思いますが、第9回ストーク・マンデビル競技大会から会場が病院から、その年のオリンピック開催都市であるローマへと移されたからなんですね。

公式にパラリンピックという名称で大会が開催されるようになったのは、1988年開催のソウルパラリンピックからのことでした。

パラリンピックの第1回大会である第9回ストーク・マンデビル競技大会には23カ国から代表として400人の選手が出場をしていました。

そして、公式にパラリンピックとなったソウルパラリンピックではなんと61カ国から4000人の代表選手が出場する大会となったのです。

以上がパラリンピックのパラの意味や由来、パラリンピックがいつから開催されるようになったのかについてでした、いかがでしたか?

それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C. 1960年」でした!

まとめ

パラリンピックの原型となったのはストーク・マンデビル病院で開催されていた「ストーク・マンデビル競技大会」というスポーツ大会である。

ストーク・マンデビル病院では第二次世界大戦で脊髄を損傷した兵士のリハビリを行っていたことから、リハビリの一環としてスポーツ大会が開かれるようになった。

1960年からはオリンピックの開催地でストーク・マンデビル競技大会が開催されるようになったたのめ、パラリンピックの第一回大会は1960年だとされている。

パラリンピックという大会名が公式となったのは1988年のソウルパラリンピックからである。


※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • 「あ~目がつらい!」PCやスマホで目を使い過ぎなら、今スグやるべき疲れ目対策とは?
    PR
  • 「バファリンの半分は優しさ」。ではその「優しさ」の正体とは?/毎日雑学
  • ほとんどの人が勘違い!? 「テンパる」の本来の意味はポジティブだった/毎日雑学
  • みかん缶があるのにバナナ缶やイチゴ缶がない理由。実は海外では…/毎日雑学
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 病院は常に感染症との戦い! 帰宅後ナースが廊下で眠る理由とは?/かげ看(5)

  • ルパン三世驚きの公式設定。次元や五ェ門にも素顔を見せない、実は子持ち!/毎日雑学

  • イヤでも上手くなる採血、新人ナースの練習台は○○の腕!/かげ看(4)

  • 鎮静剤に撃沈! 患者目線を目指す看護師の「効きすぎた」ハナシ/かげ看(1)

  • 将来の目的が定まらない。今何をすべき?/今日の名言(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る