スキルUP

年商10億の快進撃が失速! 市場変化に乗り切れなかった中古子ども服店/倒産の前兆(1)

「あの時」気づいていれば……。第一線の企業信用調査会社、帝国データバンク情報部の著書『倒産の前兆 30社の悲劇に学ぶ失敗の法則』より、会社が倒産に至る「公式」をご紹介します(第1回)。

当初優れたビジネスモデルだったはずが……、リユース業界の市況変化に適応できず

子ども服リサイクルショップ運営 AKIRA

リユース業界において競合となるECサイトが多く生まれる中、あえてリアル店にこだわり続けた

近年、メルカリなどの台頭により、リユース(中古品)市場が拡大している。そうした中、AKIRAは中古子ども服に特化したリサイクルショップを展開。全国100店舗に迫る勢いだったが、あるときを境に失速。「少子化時代の子ども服リユース」というよい着眼点がありながら、なぜ倒産したのか。

「少子化の時代」だからこそ、子ども服リユース業に転業

売り手にとっては不要なものがお金に替わり、買い手にとっては必要なものが割安で買える――それを仲介するリユース業(中古品売買)は昔からあった業態だが、近年、急激な拡大を続けている。

その一因としては、フリマ(フリーマーケット=中古品リユース)アプリ「メルカリ」の台頭等により、リユースに対するイメージが刷新されたことが大きいだろう。

「中古品=古い、汚い」といったリユース市場に対する従来のイメージは、「欲しいものが新品より安く手に入る場所」、「いいものを掘り当てる“宝探し”的な楽しみのある場所」というイメージへと塗り替えられているのだ。

その証拠に、経産省が行なった調査によれば、2017年のリユース市場の規模は、約2兆1000億円で、前年と比べただけでも11.7%増になっている。

前述のメルカリのダウンロード数は、2018年3月31日の時点で、国内では7100万にまでのぼり、リユース市場の拡大を大きく後押ししている。使える不要品のすべてが市場に出ていないことを鑑みれば、市場規模はもっと伸びると見られている。

これらの数値を見ただけでも、不要品の多くが「ゴミ」ではなく、リユースされる「商品」となっていることがわかるだろう。「中古品=誰かの使い古し」というマイナスイメージは、昨今では消え去りつつある。不要になったらリユース市場で売り、新たに必要になったものをリユース市場で探す、という
循環が出来上がっているのだ。

そうした中で、AKIRAは、2005年11月に設立。当初は、建築用金物の設計・加工、取付工事などを手がける建設業者として営業していた。

しかし、社長自身が育児経験を経たことで、子ども服に特化したリサイクルショップの展開を着想する。建設業がなかなか赤字体質から抜け出せない中で、「リユース市場の拡大」という時流をとらえた新たな門出へと舵を切ったのだ。

それにしても、なぜ、少子化が進むこのご時勢に、あえて子ども服なのか? ふと浮かぶ疑問だが、同社の見解は「少子化だからこそ、子ども服のリサイクルショップに活路を見いだした」ということのようだ。

同社は、晩婚化や少子化が進む中、ひとりの子どもにかける衣服代が上昇していると仮定した。有名ブランドの服を子どもに着せる親が多くなる一方、子ども服は、成長に伴ってサイズが合わなくなる。ただし、子を持つ親の心情としては、着なくなった子ども服を捨てがたい傾向にあるため、良質な状態で保存されているケースが多い。

こうしたことから、ブランドものの子ども服には、リサイクル商材として魅力があると判断したのである。

リユース業に転業した当初は、この読みが当たっていた。まず試験的に出店した店舗の業績が好調な推移を見せる。これを受けて2008年10月には既存事業から撤退し、子ども服のリサイクルショップ「ECO&KIDS AKIRA」を本格稼働させた。

そして、リユース業界全体の好況を受け、2011年3月期には年商1億円を突破。これまで赤字体質だった収益性も改善され、黒字転換するに至ったのである。

次のページ:
年商10億円に迫る快進撃に陰りが……

    1 2
カテゴリ:スキルUP
Amazonで詳細を見る
倒産の前兆 30社の悲劇に学ぶ失敗の法則 (SB新書)

倒産の前兆 30社の悲劇に学ぶ失敗の法則 (SB新書)

作者: 帝国データバンク 情報部
出版社/メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2019-08-06
メディア: 新書

【著者紹介】帝国データバンク 情報部(ていこくでーたばんくじょうほうぶ)
1900年創業の民間信用調査会社。国内最大の企業情報データベースを保有。中小企業の倒産が相次いだ1964年、大蔵省銀行局からの倒産情報提供に応じるかたちで創設。情報誌「帝国ニュース」の発行、「全国企業倒産集計」などを発表している。

あなたへのオススメ記事

  • 優秀な医師も優秀な経営者とは限らない! 身内の背任で医療法人が内部崩壊/倒産の前兆(5)
  • バブルの熱に浮かされ資産流出! 事業に成功しつつも経営に失敗/倒産の前兆(4)
  • 格安スマホで業界席巻も、大手との体力勝負に破れた新興企業/倒産の前兆(3)
  • ブーム牽引! ノンシリコンシャンプーで一世風靡も、後発の追随に倒壊/倒産の前兆(2)
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • この世から「苦手な人」がいなくなる、たった3つのルール

  • 相撲の取組中に「まわし」が取れたらどうなるの?/スポーツがますます面白くなるクイズ(15)

  • 通勤時間は壮大な無駄! 価格差定期発売から社会改革してみては/こんな働き方(4)

  • たいして親しくない人と2人きりの気まずさを切り抜ける会話術

  • 男の好む「すっぴん」は相当の金がかかる。たぶんあと500万ほど/喜ぶと思うなよ(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る