スキルUP

海外では「風邪にコーラ」が常識!? もとは薬剤師に風邪薬として開発された?/毎日雑学

海外では風邪にコーラが常識!? もとは薬剤師に風邪薬として開発された?/毎日雑学1

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

今回は「コーラは過去に風邪薬として販売されていた」ということで、コーラにまつわる雑学を紹介します。

また、コーラを飲むことによって本当に風邪に効果があるのか、他にどんな効果があるのかについても紹介しますね。

コーラは風邪薬として誕生

実は、コーラを生み出した人物は薬剤師のジョン・ペンバートンであり、最初は風邪に効く薬として販売していました。

コーラが誕生したのは1886年のことで、ある日、ペンバートン氏は香り高いカラメル色のシロップを調合していました。

そのシロップを数軒先にあった薬局に持ち込み、炭酸水と混ぜて提供したことがコーラの始まりだったそうです。

試しに飲んでみると「他では飲んだことのない味」だとして評判となり、改めて1杯5セントという値段で売り出すようになりました。

そして、ペンバートン氏が作り出した飲み物は「コカの葉」と「コーラの実」から作られていたため、コカ・コーラとなったんですね。

当時はコーラを飲むと元気になるとされていたため、嗜好品というよりは風邪薬として飲まれていたそうです。

コカの葉は危険?

「コカの葉」と聞くとコカインなどの麻薬をイメージしてしまい、危険なものだと感じてしまいますよね。

しかし、コカインは当時禁止薬物ではなく、コカの葉のコカイン濃度が薄かったことから、普通に使用されていたのです。

コカは微量であれば体力回復や中毒症状の緩和などの効能があるため、コーラは風邪に効いたのかもしれません。

その後、コカ・コーラが売れて有名になると、コカインの成分が含まれていることに対する不安や反感が強まりました。

そして、1903年にはコカインではなく、カフェインが含まれるようになり、現代のコーラに近いものが作られたのでした。

もちろんコカ・コーラ以外のメーカーから販売されているコーラについても、麻薬成分は含まれていないので安心してくださいね。

本当に風邪に効果がある?

コーラといえば嗜好品のため、風邪に効くイメージのある人はほとんどいないですよね。

しかし、夏の暑い時期のフランスでは風邪予防としてコーラが飲まれたり、欧米でも風邪をひいたらコーラを飲むという習慣があるそうなのです。

それでは、コーラが風邪に本当に効果的なのか調べてみたところ、コーラを飲むことによって以下の効果が得られることがわかりました。

海外では風邪にコーラが常識!? もとは薬剤師に風邪薬として開発された?/毎日雑学1

カフェイン

コーラに含まれているカフェインには頭痛や片頭痛を和らげる働きがあります。

また、風邪で喉が炎症して気管が狭くなっている場合には、気管を拡張させて呼吸をしやすくする効果があります。

糖分補給

コーラには糖質が多く含まれていることから、風邪で弱った身体に糖分を補給するのに向いています。

風邪をひいているときには食欲も減退しがちのため、コーラを飲むことによって手軽に糖質を補うことが出来ます。

水分補給

ポカリスエットなどに比べて吸収率は低いですが、一応は水分ということで水分補給の効果もあります。

食欲促進

コーラに含まれている炭酸は胃の働きを活性化させる効果があります。

胃の働きが活性化されることによって、食欲が促進されるため、風邪で食欲が減退しているときには有効と言えそうです。

消化促進

コーラを飲むことによって胃酸が中和されることから、消化を早める効果があります。

消化が早まるということは、同じく食欲が促進されるため、風邪で食欲が減退しているときには有効ですよね。

効果は“期待”できる程度

コーラによる様々な効果について解説しました。

しかし、風邪に特効薬がないように、あくまで効果が“期待される”程度であり、コーラで劇的に体調が回復することはありません。

コーラに含まれる成分が有効かもしれませんが、風邪は基本的に栄養と水分をたくさんとって、身体を温かくして治すのが一番です。

身体を温めるという意味では、欧米では風邪をひいた時にコーラを温めてホットコーラにして飲んでいるそうです。

また、食欲が減退しているときには、冷やしたコーラにレモンやショウガなどを入れて飲むこともあるそうです。

風邪をひいてしまった時にはぜひ試してみてくださいね。

以上がコーラが風邪薬として販売されていた理由や、本当に効果があるのかについてでした。

まとめ

コーラは薬剤師によって風邪薬の用途で開発された。

当時はコカインが規制されていなかったことから、コカの葉とコーラの実が使われており、これが由来で「コカ・コーラ」と呼ばれるようになった。

コーラには「頭痛の緩和」「食欲促進」「気管の拡大」「消化促進」「水分補給」などの効果があるが、風邪に効くかどうかは“期待される”レベルである。

海外では風邪をひいた時にはホットコーラで身体を温めたり、冷えたコーラにレモンやショウガなどを入れて飲んでいる。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • 8割の人が「赤」だと思う東京タワーの本当の色は? 名称はどうやって決まった?/毎日雑学
  • 知ってた? 座高測定は「意味がないから」2014年に廃止されていた!/毎日雑学
  • 三角座りや体操座りとも!? 体によくない「体育座り」が教育現場に定着した訳/毎日雑学
  • マナー廃止も!? エスカレーターの片側空けは危険なうえに非効率だった/毎日雑学
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • バスケの背番号が「4」から始まるのはなぜ?/スポーツがますます面白くなるクイズ(9)

  • 元・手取り13万のOLが教える年収3000万円の男性と付き合う方法/ゆっきー

  • 実はクロールより速い泳法もあるのに「自由形」の主流がクロールな訳/毎日雑学

  • もはや戦闘不能! モテ男の雑な扱いに揺れる情緒/ほむら先生はたぶんモテない(6)

  • 大量の自尊心にまみれた「若い」女の目印は、小さくて可愛い財布/喜ぶと思うなよ(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る