スキルUP

デザイナー・ZICCOさんに「キャリアの選び方」を学ぶ/ちはっぴー(1)

ZICCOさん【Youはなにしに海外へ?】/ちはっぴー

海外で活動する同世代から新しい生き方・働き方のヒントを学ぶ「Youはなにしに海外へ?」シリーズが開始。初回は、グラフィックデザイナー・日本語教師などの複業フリーランスで、現在はデンマークでワーキングホリデー中のZICCOさんに話を聞いてみました。

こんにちは! ちはっぴーです。

この連載では「Youはなにしに海外へ?」をテーマに、世界中で様々な暮らしを楽しむ友人たちを紹介していこうと思っています。

本題に入る前に、この連載を始めたきっかけをお話しさせてください。

この連載を始めたきっかけ

私は鹿児島県霧島市という、大きくも小さくもない田舎の町で生まれました。

今でこそ、少しレールを外れた破天荒な生き方をしているように見えるかもしれませんが、元々はとっても堅実。

ボーナスがたくさん出る大手企業に入って、そのうち結婚して、きっと定年まで「今日も行くのだるいなあ」って思いながら出社して……そんな毎日を送ると思っていました。

でもそれは、他の選択肢を知らなかったから。

この記事を読んでいる皆さんには、色々な生き方を知った上で、自分がどう生きるかを選択して欲しいな、と思っています(生意気にすみません)。

だって、知らないが故に選択肢に入らなかったって、めちゃくちゃもったいないじゃん……?

というわけで、少し真面目な前書きになりましたが、ここからはいつもの調子でいきますよ〜〜〜!!

第一弾では、私が1カ月半の旅を共にした大親友・ZICCOさんをご紹介します。

HERE WE GO!

デザイナーが日本語の先生になった理由

ZICCOさん1

ちはっぴー1

ZICCOさんやっほー! まずは改めて経歴を聞いてもいい? ZICCOさんは今、デザイナーさんなんだよね?

ゲスト

なんか改まった感じ、おもろいね(笑)。私は東京出身で、大学生の時にデジハリ(デジタルハリウッド)に行ってから、ずっとデザインの仕事やってるよん。

でも在学中「このままデザイナーとして就職しちゃっていいのかな?」って自分自身を見つめ直した時に、日本語の先生をやってみたいなって思ったんだよね。世界を転々としたかったのと、もともと語学が好きだったから。それで日本語教師の資格を取って、約1年間韓国で日本語教師の仕事して……。

帰国後は、縁あって飲食店で3年くらい働いてたかな。最初はそんなに続けるつもりなかったんだけど、めちゃくちゃ楽しくてついつい長く続けちゃった(笑)。

でもやっぱり、もっと世界のいろんな場所で暮らしてみたい気持ちが大きくなって……会社は好きだったけど退職したの。

そこからずっと気になってたセブ島のインターン(※語学学校のスタッフをしながら、自身も食住+英語の授業を提供してもらえる)に7カ月くらい行って、今はデンマークにワーホリにきてるよ。学校に通ってる。

こんな感じで色々やってるけど、日本語教師時代も、飲食時代も、そして今はフリーランスしながらも、デザイナーとしての仕事はずっと続けてるって感じ!

ちはっぴー2

私、その話何回も聞いてるはずなんだけど、何回聞いてもすごいよね! 旅行でもしょっちゅう海外行ってるイメージ。

ゲスト

学生時代は、ロンドンにも8カ月留学してた。旅行はアジア中心にちょこちょこ行ってる!

ちはっぴーもまだまだ若いんだから、やりたいことやりたいようにやりなよ!

ちはっぴー1

私も好きなようにやらせてもろてます(笑)。でもZICCOさんほどじゃないから、もっと頑張るわ……。

デンマークにて、心身の健康について学ぶ

ZICCOさん2

ちはっぴー3

ところでZICCOさん、デンマークではどんなことしてるの?

ゲスト

デンマークでは「フォルケホイスコーレ」っていう全寮制の学校に通って、ヨガとかやりながら心身の健康について学んでる。

ちはっぴー2

フォルケホイスコーレ、面白い制度だよね。よくそんなの知ってるなって感心しちゃったもん。

ゲスト

北欧は物価高いからね〜! 少しでも生活費を抑える方法を調べてたら、フォルケにたどり着いたんだよね。

食住と授業料全部込みで月10万円くらいで生活できるから、ランチが2000円するデンマークでは、とんでもない破格だよ(笑)。

ちはっぴー5

でも、なんでその生活を選んだの? ZICCOさんは日本にもたくさん友達がいるし、北欧は遠いからしょっちゅう帰ってこれるわけでもないし、寂しくない……?

ゲスト

うーん。難しい質問だね……。

ワーホリに行ける最後の歳だったからっていうのは結構大きいかな。あとは語学も、色んな土地の文化を知ることもすごく好き。「THE・観光」ってよりは、その地域の暮らしとかの方が興味あるから、長期滞在の方が自分には合ってると思ってる。

デンマークを選んだのは、せっかくだから日本と全く違う文化圏で生活するのも楽しそうだなって思ったからかな〜!

実はデンマークって、「幸福度の高い国」「福祉や教育が充実した国」としても有名なんだよ。その辺もすごく興味深かったから、デンマークに来てみたの!

ちはっぴー4

そっか……! なんとなく北欧に行きたいからデンマークにしたのかと思ってた。でもちゃんとした理由があったんだね……。まあ、私は早く帰ってきて欲しいけどね(笑)。

ゲスト

おい(笑)。

ちはっぴー1

(嬉しいくせに)。

海外で感じた、日本の素晴らしさ

ちはっぴー3

ちょっとちゃんとした質問をするね。今まで色んな国に長期滞在してるけど、何か嬉しかったことや驚いたこと、逆にもう帰りたいって思った出来事はあった?

ゲスト

全部ありすぎる。

ちはっぴー1

ありすぎるんだ(笑)。

ゲスト

ありすぎる。まず嬉しかったことはね、日本人や日本のことを褒められることが多かったこと。日本食や日本製品は信頼できるとか、日本人って真面目だよねとか、良い評価をもらえるとすごく誇らしくて。この評価に恥じないような振る舞いをしよう、って気が引き締まったりしたね。

驚いたのは、インドで電車が6時間も遅れたことかな(笑)。でも、一番驚いたのは遅延時間じゃなくて、待ってるインド人の対応。長時間待たされてるのに誰一人怒ってなくて、ホームに布をひいて読書したり、のんびりしたりしてるの。

やっぱり「人の習慣、価値観、文化の違い」には驚かされることが多かったし、それが面白かったな。

ちはっぴー5

日本だったら、必ず誰かが駅員さんを怒鳴りつけてるシチュエーションだよね。日本人は海外で真面目さを褒められることも多いけど、他人のミスには結構厳しいよね(笑)。

それ含めて日本という国の文化だから、面白いなとは思うけど。

ゲスト

うんうん分かる。もちろん個人差があるのはわかってるけどね。

一番帰りたくなるのは、皆が美味しそうな和食をツイッターに上げてるのを見た時かな。ヨーロッパだと和食すっごい高いから、本当に恋しくて恋しくてたまらなくなる……。

ちはっぴー4

和食の誘惑はやばいよね。うちらヨーロッパで結構和食屋さん行っちゃったもんね(※1カ月半、一緒にヨーロッパを旅した)。

でも、つらかったことがそんなもんでよかった。ZICCOさんはコミュ力もめちゃ高いし、宿でも外国人とガンガン話してて、いつもすごいなって思ってたよ。

デンマークから帰ったあとって、やりたいことは決まってるの?

ゲスト

まだみんなには内緒なんだけど、やりたいことはあるよ! これまで経験してきたことを活かせるようなことをするつもり。報告楽しみにしててね!

ちはっぴー2

さすがだな〜! 私も帰ってきたZICCOに、いい報告ができるように頑張る。今日はありがとう!!

ゲスト

どういたしまして。こちらこそ久々にちはっぴーと話せて楽しかった!

ちはっぴー2

(照)。

深く知るために、キャリアを選ぶ

「Youはなにしに海外へ?」、第一弾はZICCOさんにインタビューしてみました!

彼女のキャリアは本当にユニークで、1カ月半毎日一緒に旅をしていた私でさえ、次に何をするのか全く想像がつきません。

情に熱くて知的好奇心旺盛な彼女のことだから、きっと今まで出会ってきた誰かを遠くで救えるような、あるいは彼女の知識欲を満たすような楽しいことを始めるに違いない、と(勝手に)思っているところです。

自分の興味があることを、より深く知るためにキャリアを選ぶ――。

偶然出会ったキャリアもあれど、彼女の根底にはその考えが根付いているように感じます。

人間、やりたいことをやっている時が一番輝いているもの。ZICCOさんの見た目が異様に若いのも、常に自分の興味があることに囲まれている人生だからかもしれません(笑)。

みんなが右といえば右を向き、左といえば左を向く。

そんな右にならえの社会を脱したいけど勇気がないという方が、この記事を読んで少しでも勇気を手に入れることができたら幸いです。

それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございました〜!!

ZICCOさん

【プロフィール】ZICCO(じっこ)
好きな場所で転々と暮らす30代。グラフィックデザイン、日本語教師などの複業フリーランス。現在はデンマークでワーキングホリデー中。旅と語学が生きがい。
■Twitter:@ziccommune
■Blog:ziccommune


取材・文=ちはっぴー

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】ちはっぴー
国内外をフラフラ旅する23歳。大手電機メーカーを退職後、フリーランスのWebエンジニアとして活動。現在はGMOリサーチにノマド正社員として勤務している。
外国人と友達になりたくて、英語の勉強を始めて13年。シンガポール、ロンドン、セブに短期留学の経験あり。
Twitterで「#はぴログ」というハッシュタグで英会話動画の発信を始めた結果、50名以上が様々な言語で動画を発信するコミュニティに発展。恥ずかしがらずに英語を話すことをモットーにしている。
■Blog:ちゃりろぐ
■Twitter:@charlielog_ggg

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • ワインソムリエ・ティモシーさんに「価値観の変え方」を学ぶ/ちはっぴー(4)
  • 女忍者・さやさんに「ノマドのリアル」を学ぶ/ちはっぴー(3)
  • 奇祭ハンター・ちよ子さんに「異文化コミュニケーション」を学ぶ/ちはっぴー(2)
  • 「変わらない景色の中で、一生を過ごすんだろうなと思ってました」鹿児島出身のオタク女子が渋谷のIT企業で働くまで【後編】
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「10日以降」「10日以後」では10日を含む? 含まない?/毎日雑学

  • 一白水星の2020年は大転換の年。1月は口論に注意、麺類が吉/展望と開運2020(1)

  • “出羽守論法”ってなに?「~では」からはじまる発言の思わぬリスク

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

  • 知ってる? ミーハーの意味と語源。実は英語じゃなく「みいはあ」だった!/毎日雑学

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る