スキルUP

稼げるだけじゃない! 幸せになれる「一人社長」のブランディング術とは?

今、「一人社長」こそ、豊かな生き方を手に入れる賢い選択。そう力説し、体現している『ひとり社長の稼ぎ方・仕事のやり方』の著者、一圓克彦氏。そのマーケティング、商品づくり、ブランディングの考え方は、ともすると巷の机上のビジネス学を覆す、目からウロコの戦略とも言えそうです。

職業「ひとり社長」の一圓克彦氏

※本稿は、2019年9月11日開催のKADOKAWAビジネスセミナー「ストレスなしで年収2000万円! 豊かに独立したい人のための『一人社長』実践セミナー」(講師:一圓 克彦 氏)の一部を再編集したものです。

一人社長の商品作りとマーケティングは「ワンアクションマルチリターン」


真剣に独立を考えている人ほど悩むこととして、いくらアウトソーシングやIT化が進んでいるとはいえ、見込み客を探して、営業して、要望に合わせて納品して…と一人では到底オーバーフローしてしまうのでは?ということがあるでしょう。

「そこで一人社長に必要なのは「両手」「ついで」「2段重ね」の考え方なんですね」(一圓)

「両手」とは、たとえば不動産ビジネスの物件の売り手と買手両方から手数料をもらうということ、「ついで」は、運送トラックが行きだけでなく、帰るついでにそこからの荷物を請け負うことなどです。2段重ねは、Aを買った人に次に何をするかを考え、Bを提供するというものです。

「僕はわざわざ営業活動はしてません。講演活動が、ギャラをもらいながら交通費をもらいながらの営業活動になってるんですよ。講演のスケジュールもエージェントがいれてくれますし」(一圓)

「講演先で名刺交換したら、ホットな当日のうちに名刺データをEight(名刺管理ができる無料アプリ)を使用してアシスタントと共有、その宛名あてにアシスタントさんがお礼&メルマガ登録お願いのメールを流してくれるようなしくみにしています。僕は毎日講演先でひたすらブログ更新をしていると。そしてメルマガやブログを読んでくれた人に講座やコンサルの案内もしていく流れです」(一圓)

そして、講演もかならず音源を収録し、「いつでも聞けるから」と付加価値をつけて販売もしているとか。

「そして、コンサルしていい感じになってきた企業さんには少額投資させてもらってます。そういった数社の株主としてのリターンも僕の収入源になっています」(一圓)

じつに労働集約度が高いしくみ。行動するならマルチユース・マルチリターンになるしくみを構築していくことが肝なのですね。

一人社長の“勝てる”ブランディングとは?

講演とメルマガ・ブログ更新の日々。そこには一人社長にとって大切なことがふくまれていると氏は力説します。

「大手に勝つにはどうしたらいいか? 大手は潤沢な資金と実績があります。中小やまして一人社長には張り合えないですね。そこでクライアントに選ばれるために必要なのは『信頼できる』こと。とにかく毎日こつこつ続けていることこそ信用になります。それが一人社長にとって最大のブランディングです」(一圓)

内容は二の次でも、ブログの履歴にすべて丸がついてる、毎日必ずメルマガが届く、それが「すごい」という感情につながっていくのです。この「感情」が大事だというのも氏の実体験からの持論です。

「マーケティングの前提である『お客さんは自分にとって、経済条件的に有利な方を選ぶ』というのは、現実とは違っています。人は安いだけで物を買うわけではありませんよね」(一圓)

確かに、ビジネスでは、経済的合理性でライバルに勝てるわけではありません。割高で配送もゆるやかな震災復興支援の商品を買い、欲しかったハイブランドの時計に貯金をつぎこんだりします。

「感情が動くと物を買う、のが真実でしょう。だから学ぶべきは脳科学(神経経済学)・心理学・行動経済学だと思います」(一圓)

お客さんをやみくもに集めなくちゃ、ではなくて、濃いお客さんとの関係をどれだけつくれるか、そしてそのお客さんの客単価とリピートをどうあげていくか。それが幸せな一人社長になるための腹のくくり方なのでしょう。


構成=金田千和

カテゴリ:スキルUP

★「学ぶ・稼ぐ・創る」を応援するKADOKAWAビジネスセミナーの詳細はこちら

【プロフィール】一圓 克彦(いちえん・かつひこ)
職業「ひとり社長」。平凡なサラリーマン、起業家(飲食、システム開発、デザイン)、二代目経営者等を経験。満員電車に揺られるサラリーマンから、年商150億・従業員300人規模の会社経営までを経験し、2011年、自分史上最も理想的な働き方「ひとり社長」に落ち着く。最大の悩み「人間関係」から開放され、ひとり社長ならではの高収益ビジネスモデルを実現する事に成功。現在は自ら2社のひとり社長企業の経営を行うほか、人間関係の悩みから開放されながら経営者としての醍醐味も味わえる「ひとり社長」の起業支援や現役「ひとり社長」の経営支援を積極的におこなっている。著書『ひとり社長の稼ぎ方 仕事のやり方』(明日香出版社)、『0円で8割をリピーターにする集客術』(あさ出版)ほか。

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • ストレスなしで年収2000万円!? 「一人社長」の賢く豊かな人生のつくりかたを公開!
  • カリスマコンサルタントが教える! みるみる売上が上がる社長のためのブログ講座
  • よい出会いは「もったいない精神」でつかむべし!幸せになるためのマーケティング戦略
  • コンサルタントと起業家の頭の使い方はどう違うのか?/Shin
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「10日以降」「10日以後」では10日を含む? 含まない?/毎日雑学

  • 一白水星の2020年は大転換の年。1月は口論に注意、麺類が吉/展望と開運2020(1)

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

  • うさぎは寂しいと死ぬって本当?なぜそう言われるようになったの?/毎日雑学

  • 知ってる? ミーハーの意味と語源。実は英語じゃなく「みいはあ」だった!/毎日雑学

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る