スキルUP

午前に大事な仕事、午後は事務。効率的な1日6時間労働のススメ/こんな働き方(5)

人生ハードモードの方、必読!「日本のムダ」に潰されない、自分らしい生き方とは? 元アップルのマネジャー松井博氏の著書『なぜ僕らは、こんな働き方を止められないのか』より、毎日をラクに楽しく過ごす方法をご紹介します(第5回)。

午前中の生産性を高く保つコツ

1日のうちで頭が一番シャープに回転するのは午前中です。原稿やレポートを書くのも、重大な決め事をするのも、コードを書くのも午前中が一番捗ります。

無論、これには多少の個人差があります。しかし、アップル時代の部下たちのことを思い出してみると、自称「夜型」の人たちは体調を崩す人が多かったです。やはり人間は夜行性の動物ではありませんから、(若干の例外はいるにせよ)大半の人は午前中の方が、生産性が高いのではないかと思います。


でもなんだか午前中って、「1日はまだまだ長いのに、起き抜けから面倒臭いことをするのは嫌だなあ……」なんて思ってしまって、ついつい目先のどうでもいいことやって時間潰してしまいがちです。僕もサラリーマン時代は朝一にメールの処理してましたが、今考えてみるとあれはあまり賢い時間の使い方ではありませんでした。

どうせ会社に行けば一日中色々と邪魔が入るんですから、午前中まだ自宅にいるうちに大事なレポートを仕上げてしまうなどといった時間の使い方をすればよかったです。1時間だけ自分の作業に集中する時間を設けるだけでも、随分生産性が違ったでしょう。

さて、それでは具体的にどうやれば朝の時間を有効に使えるのか解説します。


1、まずはよく寝る!

とにかく夜しっかり8時間寝るのが第一です。これがクリアできるだけで自動的に生産性が倍くらいになります。

2、スマホを遠ざけておく

僕は仕事の机の上にスマホを置かないようにしています。どうしても見たくなるからです。朝ちょっとお茶しながらソーシャルメディアなどを見てもいいかと思いますが、仕事を始めたらサイレントモードにして、カバンのなかにでもしまっておきましょう。視界に入ると、どうしてもいじりたくなります。「Out of sight, out of mind」ということわざが英語にありますが、視界に入れないのは一つのコツです。

3、メールを見ない、開かない

メールを見ると、どうしても返事を書きたくなります。とりあえず昼過ぎまで放置しましょう。時間がもったいないです。以前はメールソフトを立ち上げっぱなしにしていたのですが、これもやめました。

4、ソーシャルメディアを立ち上げない

ソーシャルメディアを立ち上げると、すぐにダラダラと1時間ぐらい無駄になります。そもそも立ち上げるのをやめましょう。ソーシャルメディアって本当に時間をさらっていきます。

5、パソコンの通知機能をオフにしておく

パソコンにもスマホと同じような通知機能があり、フェイスブックに何か書かれただの、メールが来ただの色々通知を表示します。はっきり言って全部邪魔です。どうせメールを見るのですから、通知は止めてしまいましょう。

マックの場合、通知センターのアイコンが画面の右上端にあるので、これを開いて、おやすみモードをオンにしてしまいましょう。Optionキーを押しながらこのアイコンをクリックしても通知を止めることができます。


付け加えるなら、朝一の一番元気な時に家族と時間を過ごすってとっても大事なことだと思います。子供なんてすぐに大きくなって出て行ってしまいます。一緒にご飯を食べる回数なんて案外知れているのです。子供が成長する姿を見ながら朝ご飯を食べれば、1日働くエネルギーももらえるというものです。


僕は普段、創作活動は午前中にやるようにしています。よく眠った後は頭が回るので捗るからです。午後になるとどうしても集中力が落ちてきます。以前は夜中まで原稿を書いたりしたのですが、今はもう体が持たないので、プログラミングや執筆は全部午前中です。そして午後はメール処理などのルーティンワークです。

午前中3時間くらい働いて、ご飯を食べてジムに行って、また3〜4時間働いたらもうおしまいです。僕はフィリピンと日本でもビジネスをしているので、夜になってもメールやチャットがずっと入ってくるのでなんとなくずっと働いていますが、夜には創作活動はやりません。どうせ捗らないからです。

アマゾンのジェフ・ベゾス氏も大事なミーティングを午前中に入れて、1日に3つ重大な決め事ができればそれで十分だと言っています。規則正しい生活を強調しているところが印象的です。

また、長時間労働には大きな弊害があります。毎日のように遅くまで残業をしていると、体力が持つように出力を抑える癖がつきます。人間は毎日12時間以上働くようにできていませんから、自然とチンタラ働くようになるのです。そして、自分では120パーセント出しているつもりでも、せいぜい80パーセントしか出せないようになります。

これは外資系に移った時に痛感しました。日系企業はなんとなく定時に帰れない雰囲気があるので、日中は出力を抑えている人がとても多いのです。午後5時からが本番だと豪語している人さえいました。

ところがアップルジャパンに移ったら、みんな夕方の6時くらいには帰ってしまうので、最初はかなりカルチャーショックでした。もちろんプロジェクトが佳境で忙しい時などは夜中まで働いたり休日出勤したりしましたが、頻繁にやることではなかったです。結局バーンアウトしてしまって、仕事の質が落ちるからです。

昼間一生懸命働いて、夕方はさっさと帰るなり、飲みに行くなり、習い事に行くなりするのが一番です。

さらに言うと、年に2週間くらい休暇を取るのも普通でした。やる時はとことん働かせる会社でしたが、割合メリハリがついていたのでバーンアウトするということはなかったのです。社内政治には辟易しましたが、それを除けば本当にいい会社でした。

というわけで、1日6時間労働くらいがいいと思います。よく眠って、適度に運動して、大事なことは午前中にやって、メール処理などの事務仕事は午後です。これが一番効率的な気がします。


著=松井 博

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】松井 博(まつい・ひろし)
Brighture English Academy代表。米国にて大学卒業後、沖電気工業、アップルジャパンを経て、米国アップル本社に移籍。退職はカリフォルニア州にて保育園を開業。

あなたへのオススメ記事

  • 通勤時間は壮大な無駄! 価格差定期発売から社会改革してみては/こんな働き方(4)
  • 「出る杭は打たれる」日本では、トップダウン企業こそ元気なのだ/こんな働き方(3)
  • いまの日本に導入は危険? 裁量労働制は仕事中毒を生むリスクも/こんな働き方(2)
  • なぜ時間を奪う!? 帰国後驚いた社員を信用しない日本の企業文化/こんな働き方(1)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「10日以降」「10日以後」では10日を含む? 含まない?/毎日雑学

  • 一白水星の2020年は大転換の年。1月は口論に注意、麺類が吉/展望と開運2020(1)

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

  • うさぎは寂しいと死ぬって本当?なぜそう言われるようになったの?/毎日雑学

  • 知ってる? ミーハーの意味と語源。実は英語じゃなく「みいはあ」だった!/毎日雑学

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る