スキルUP

疾病リスクを下げ生産性を高める! 「よく寝る」ためにできること/こんな働き方(6)

人生ハードモードの方、必読!「日本のムダ」に潰されない、自分らしい生き方とは? 元アップルのマネジャー松井博氏の著書『なぜ僕らは、こんな働き方を止められないのか』より、毎日をラクに楽しく過ごす方法をご紹介します(第6回)。

睡眠の大事さはどんなに強調してもしきれません

午前中の生産性を高めるために、何よりも大切なのは睡眠です。皆さん、毎日どのくらい眠っていますか?

活動量計の開発・販売をするポラール・エレクトロ・ジャパンが同社の活動量計で測定したデータを基にした解析結果によると、日本人の平均睡眠時間は男性が6時間30分、女性6時間40分で28カ国中最短なのだそうです。睡眠が足りないとどのくらい心身に悪いかということがあまり知られていないのではないでしょうか。

睡眠不足は以下のような問題を引き起こします。


1、発想力が落ちる

2、生産性が落ちる

3、慢性疲労が溜まる

4、精神的ストレスが溜まる

5、病気になりやすくなる

6、太りやすくなる

7、血圧が上がる

8、うつ状態になりやすくなる

9、認知症の引き金と言われる

10、成人病のリスクが高まる


具体的なデータも見てみましょう。

まずは、1時間だけ睡眠を削るとどうなるかです。ちょっと前まで夏時間の導入が議論されていましたが、実は夏時間を導入すると心臓発作の発生率が確実に上がります。具体的に言うと、時計を1時間進めて1日23時間になる日には、ほかの日と比べて心臓発作の発生リスクが25パーセントも上がるのです。これは、実際に夏時間が導入されている国で調査されたデータです。

逆に時計が戻って1日25時間になる日には、21パーセント下がります。たった1時間でこれなのです。このほか、1時間減る日には交通事故による死亡者数が増えることも統計的に証明されており、議論の余地はありません。1日1時間でこれなのですから、慢性的に睡眠が足りていないことの社会的損失がどれほど大きいか計り知れません。

僕が子供の頃は「ナポレオンは1日3〜5時間しか寝ていなかった」などと言って「睡眠が少ない方が偉い」みたいな風潮があったのです。アメリカも同じで、どれだけ眠らないでいられるかという不眠チャレンジがあっちこっちで開かれていました。1964年にはアメリカの高校生が264時間12分(11日と12分)という信じがたい記録を打ち立て、これはいまだに破られていません。

この高校生、実は晩年になってから10年以上にわたってほとんど眠れないというひどい不眠症に襲われ、人格まで変容し大勢の友達を失ったそうです。本人がラジオ番組に出演し「あんなことしなけりゃよかった」と独白したほどです。

また当時、同じような不眠チャレンジに挑戦した人のなかには、人格の変容や注意力散漫などで職を失ったりしている人もいるのです。極端に睡眠を削ると、脳が不可逆的な損傷を受けてしまうではないかというのが最近の定説のようです。

睡眠を削っても大丈夫なら、母なる大自然が眠らなくても大丈夫なメカニズムをとっくの昔に生み出しているはずなのです。全ての動物が基本的に眠っていることからも、睡眠を削るのが利口な行為でないことは明らかです。

逆にしっかり眠るといいことがたくさんあります。

例えばローリング・ストーンズのキース・リチャーズは、寝る時にいつもベッドサイドにギターを置き、カセットテープを回しっぱなしにして眠ったそうです。すると、夜中に半分眠ったまま寝ぼけてギターを弾いたのだそうです。そして、ある朝録音されていたのが、ローリング・ストーンズを一躍有名にした「(I Can't Get No)Satisfaction」です。

また、僕らが化学の時間に習う周期表も、ロシアの化学者ドミトリ・メンデレーエフが眠っている間に考えついたものです。

もしもキース・リチャーズがよく眠っていなかったらローリング・ストーンズは世に出なかったかもしれませんし、ドミトリ・メンデレーエフが不眠症だったら周期表の発見は100年くらい遅れたかもしれないのです。というわけで、睡眠は本当に大事です。

では、なぜ僕らは睡眠不足に陥ってしまうかというと、要するに時間が足りないからです。時間が足りない原因は色々考えられますが、だいたい次の3つに集約できるのではないかと思います。


1、通勤時間が長すぎる

2、やることが多すぎる

3、生産性が低すぎる


一つずつ考えてみましょう。


1、通勤時間が長すぎる

通勤時間が往復3.5時間だと、

□睡眠:8時間

□仕事(定時+休憩):9時間

□移動:3.5時間

□その他+残業:3.5時間

ということになり、風呂、食事、その他が2.0時間で残業1.5時間すると、ほかには何もできません。自分の時間を少しでも捻出しようとすると、睡眠を削るくらいしかやれることがないのです。

2、やることが多すぎる

真面目な人ほどやることが多すぎます。家族もケアして、仕事もきちんとやって、友達づきあいもメンテしてという具合に全てを完璧にやっていると、絶対に時間が足りなくなります。

ぶっちゃけ、色々とやるのをやめてしまえばいいのです。家事はなるべく機械化する。あるいはアウトソースする。食事はお惣菜やデリバリーを多用する、などなどです。生真面目な人ほどできないのかもしれませんが、できる範囲で取り入れることをお勧めします。

3、生産性が低すぎる

そして最後に残るは生産性です。生産性を上げる方法ははっきりしています。それは、「たくさん寝ること」です。しっかり寝て、朝一で一番大事な仕事をする。これが生産性を高める最善の方法です。


著=松井 博

カテゴリ:スキルUP
Amazonで詳細を見る
なぜ僕らは、こんな働き方を止められないのか

なぜ僕らは、こんな働き方を止められないのか

作者: 松井 博
出版社/メーカー: KADOKAWA
発売日: 2019-09-27
メディア: 単行本

【著者紹介】松井 博(まつい・ひろし)
Brighture English Academy代表。米国にて大学卒業後、沖電気工業、アップルジャパンを経て、米国アップル本社に移籍。退職はカリフォルニア州にて保育園を開業。

あなたへのオススメ記事

  • 午前に大事な仕事、午後は事務。効率的な1日6時間労働のススメ/こんな働き方(5)
  • 通勤時間は壮大な無駄! 価格差定期発売から社会改革してみては/こんな働き方(4)
  • 「出る杭は打たれる」日本では、トップダウン企業こそ元気なのだ/こんな働き方(3)
  • いまの日本に導入は危険? 裁量労働制は仕事中毒を生むリスクも/こんな働き方(2)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 私の東大受験はネタ作りだって? 東大教授の最後の質問/ただの主婦が東大(49)

  • 思ってたのと違う…! 全然ねこじゃれないねこ/黒猫ろんと暮らしたら(2)

  • 天皇や皇族が海外へ行く際、パスポートはいる?/日本文化深堀りクイズ(18)

  • 「えっ、そこで寝るんだ…」はじめて迎えたドキドキの夜/黒猫ろんと暮らしたら(1)

  • 何かがおかしいと思っていたけど…はじめて知った衝撃の事実!/黒猫ろんと暮らしたら(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る