スキルUP

知ってた? 90〜100度にもなるサウナで全身火傷しないのは空気のおかげ/毎日雑学

知ってた? 90〜100度にもなるサウナで全身火傷しないのは空気のおかげ/毎日雑学

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

今回は「なぜサウナは火傷しない?」ということで、サウナにまつわる雑学を紹介します。

サウナの設定温度は90度~100度となっていますが、普通に考えたら火傷してしまいそうな温度ですよね。

例えば、お湯であれば90度~100度は沸騰していますし、身体に浴びれば大やけどは間違いなしです。

これはサウナの中がお湯の中よりも熱を感じにくく、身体の周囲に空気のバリアが出来ているからなのです。

なぜサウナは火傷しない?

それではさっそくサウナで火傷をしない理由について解説していきます。

サウナで火傷をしない理由は、気体と液体では同じ100度でも熱の伝わり方が違うからなのです。

簡単に言えば、気体の100度は熱を伝えにくいのに対して、液体の100度は熱を伝えやすいことが関係しています。

気体と液体で熱の伝わり方が違うのは、それぞれの分子の密度の違いに関係があります。

気体と液体の分子密度の違い

続いて、気体と液体の分子の密度の違いについて解説します。

まずはお風呂のお湯などの「液体」についてですが、液体は分子の密度が高く、分子同士がひしめき合っている状態です。

一方でサウナの空気などの「気体」についてですが、気体は分子の密度が低く、分子が自由に飛び回る状態となっています

そのため、液体の方が分子の数が多く、気体の方が分子の数が少ない状態となっているんですね。

熱というのは分子が振動する時に発生するもののため、お風呂やサウナでは人間の身体に分子がぶつかることによって分子が振動し、熱が伝わっています。

つまり「お風呂=液体」は分子密度が高く、たくさんの分子があることから、それだけたくさんの分子が身体にぶつかって熱を伝えています。

逆に「サウナ=気体」は分子密度が低く、身体にぶつかる分子の数が少ないことから、同じ100度でもサウナの方が熱が伝わりにくいんですね。

しかし、いくら分子の数が少ないとはいえ、まともに100度の熱が身体に伝わり続けると、サウナでも火傷してしまいます。

空気のバリアで守られている

それでは、なぜサウナでは火傷をしないのかというと、身体が空気のバリアで守られているからなんです。

この「空気のバリア」の正体は、人間の身体の表面上に発生する薄い空気の層のことです。

先ほど解説したように、分子が身体にぶつかると分子が振動することによって、身体に熱を伝えています。

それが何度も繰り返されることによって、身体の表面上に温度の低い空気の層が発生するのです。

この空気の層がバリアとなって、サウナの100度の熱が直接身体に伝わらないようになっているんですね。

また、サウナから出ようとして動き出した瞬間に熱さを感じたりした経験はありませんか?

これは、時間をかけて出来た空気のバリアが、その場から移動することで剥がれてしまうからなんですね。

無風のサウナだからこそ火傷をしないだけで、空気のバリアを作ることが出来ない熱風が吹き荒れる環境下では、100度の空気を浴び続けると火傷をしてしまうのです。

お風呂でも同様の現象が起きる

知ってた? 90〜100度にもなるサウナで全身火傷しないのは空気のおかげ/毎日雑学1

お風呂でも身体の周りにバリアが張られるという現象が起こっています。

お風呂は入った瞬間は熱くても、ジッとしていると熱くなくなっていきますよね。

これは身体の表面に、温度の低い液体の層=バリアが出来ているからなのです。

お風呂の中で身体を動かすとまた熱く感じる理由は、身体を動かすことによってバリアが剥がれてしまうからなんですね。

そのため、お風呂も流れるプールのように水流がある場合には、バリアが張られないため熱を直に受け続けることになります。

以上が「サウナで火傷をしない理由」について雑学でした。

まとめ

サウナのような気体が100度の場合と、お風呂のような液体が100度の場合では熱の伝わり方が違う。

分子の密度がより高い液体の方が熱が伝わりやすく、逆に分子の密度が低い気体の方は熱が伝わりにくくなっている。

また、身体に分子がぶつかって熱が伝わる際に、身体の表面上には温度の低い空気の層=バリアが張られるため、火傷しないようになっている。

サウナやお湯の中で身体を動かすとバリアが剥がれてしまうことから、熱が直に伝わって熱く感じる。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • もとは毒味のためだった!? 乾杯でグラスをぶつける意外な理由とは?/毎日雑学
  • 海外では「風邪にコーラ」が常識!? もとは薬剤師に風邪薬として開発された?/毎日雑学
  • 5点、3点、2点…同じキックでも得点が変わるラグビーの謎得点制度を解説/毎日雑学
  • 「ニホン」も「ニッポン」も正しい!「日本」の読み方はなぜ統一しない?/毎日雑学
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 【SE女子の日常】冬の工場勤務は寒すぎる/ぞえ

  • バスケの背番号が「4」から始まるのはなぜ?/スポーツがますます面白くなるクイズ(9)

  • バカで可愛い若い女を妻にしたい日本男児vs不倫したい欧米男子/喜ぶと思うなよ(3)

  • 17時59分のボンバーマンよ、終業数分前の爆弾投下はやめてくれ!/会社員という生き方(4)

  • 「二段階睡眠」で体と心の疲れを解消。稼ぐキャバ嬢は睡眠にこだわる/億稼ぐ技術(17)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る