スキルUP

「八つ刻」に食べるから「おやつ」! 3時のおやつは江戸時代からあった/毎日雑学

「八つ刻」に食べるから「おやつ」! 3時のおやつは江戸時代からあった/毎日雑学

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

今回は「3時のおやつが誕生した理由と由来」ということで、お菓子にまつわる雑学を紹介します。

現代では当たり前のように「3時のおやつ」という言葉が定着していますが、なぜ3時におやつが食べられるようになったかご存じでしょうか。

「おやつ」という言葉が誕生したのは江戸時代のことであり、当時からこの時間帯にはおやつが食べられていたそうです。

そして、実は「3時のおやつ」はかなり理にかなっており、おやつを食べる時間としては最適だとされているのです。

3時のおやつが誕生した理由と由来

それではさっそく「3時のおやつが誕生した理由と由来」について解説していきます。

「おやつ」という言葉が誕生したの冒頭でも解説したように江戸時代のことでしたが、当時は2時~4時の間に取る食事を意味していました。

おやつは食事のことだった

昔の日本では、2時~4時の時間帯のことを「八つ刻(やつどき)」と呼んでいました。

そのため、「八つ刻(やつどき)」の時間帯に取られる食事のことを「おやつ」と呼ぶようになったんですね。

現代では1日3食が完全に定着していますが、意外にも昔の日本人は1日2食が当たり前でした。

1日3食となったのは江戸時代中期に差し掛かってからで、それまでは朝食と夕食の2食しかなかったのです。

農作業や仕事の休憩中に間食を取ることもあったそうですが、江戸時代を迎えるまでは「おやつ」の概念は全くありませんでした。

江戸時代中期を迎えると人々の生活もだんだん豊かになっていき、「八つ刻(やつどき)」である2時~4時に間食を取る生活が根付き始めました。

そして、ようやく「朝食」「おやつ(間食)」「夕食」の1日3食が取られるようになったのでした。

また、その時代には白砂糖の製法が確立したことから、和菓子を扱ったお店が多くみられるようになりました。

「おやつ」はあくまで朝食と夕食の間に食べる軽い食事のことだったので、おやつにはこうした和菓子が食べられることも多かったそうです。

そのため、その頃からおやつの時間に甘い物を食べるという風習が存在していたのです。

いつから3時のおやつが定着した?

「おやつ」の時間帯は元々は「八つ刻(やつどき)」である2時~4時でした。

それでは、いつから「3時のおやつ」が定着するようになったのかというと、1960年代だったとされています。

3時のおやつが定着するようになったきっかけは、1960年代前半から放送が始まった「文明堂のカステラ」のテレビCMだと考えられています。

「文明堂のカステラ」のテレビCMはかなり長い期間に渡って放送されていたことから、2019年現在で30歳以上の方は一度は以下のCMソングを耳にしたことがあるかと思います。

・カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂

「八つ刻」に食べるから「おやつ」! 3時のおやつは江戸時代からあった/毎日雑学1

それまでも、昼食と夕食の間の小腹の空く時間帯におやつを食べる食文化はもちろんありました。

しかし、「3時のおやつ」という考え方を広く浸透させたのはこのCMソングだったとされているんですね。

3時のおやつは健康的

実は3時におやつを食べるのは、他の時間帯におやつを食べるよりも健康的なのです。

人間の身体には「BMAL1(ビーマルワン)」と呼ばれるタンパク質が備わっており、別名「肥満遺伝子」とも呼ばれています。

「BMAL1(ビーマルワン)」は脂肪を貯め込もうとする性質を持っていますが、この活動が低下するのが10時~16時となっています。

そのため、10時~16時は他の時間帯に比べて、おやつなどの高カロリーで甘いものを食べても太りにくい時間となっているのです。

「八つ刻(やつどき)」に食べられていたことから、たまたま3時となったおやつですが、意外にもこの時間にたべるおやつは理に適っていたんですね。

しかし、もちろんいくら食べても太らないということではないので、くれぐれも食べすぎには注意してくださいね。

逆におやつを食べてはいけない時間

逆におやつを絶対に食べてはいけない時間帯は22時以降から深夜にかけてです。

この時間帯は最も「BMAL1(ビーマルワン)」が活発に活動するため、脂肪が最も増えやすい時間帯となっています。

ダイエットにおいては「朝食をたくさん食べて夕食を控えるようにする」ということを耳にしますが、実はこのような根拠があったんですね。

しかし、寝る前になると口寂しくなって、どうしても小腹が空いてしまうことってありますよね?

そんな時はおやつなどの甘い物を食べることは絶対に避けるようにして、なるべく低カロリーのものを食べるようにしてください。

どうせならおやつを食べるなら、体重を気にしないで食べられる3時に食べた方がよりおやつを美味しく食べられますよね。

以上が「3時のおやつが誕生した理由と由来」についてでした。

まとめ

3時のおやつの風習が始まったのは江戸時代中期のことであり、元々はおやつといえばお菓子のことではなく食事のことだった。

元々は1日2食だったが、「八つ刻(やつどき)」である2時~4時の時間帯に食事がとられるようになり「おやつ」と呼ぶようになった。

3時のおやつを広く浸透させたのは1960年代から放送が始まった「文明堂のカステラ」のテレビCMだったとされている。

また、10時~16時の時間帯は脂肪を貯め込みづらい時間帯であることから、おやつなどの高カロリーのものを食べるのに適している。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • 昔は4つだった!?「人間の鼻の穴が2つ」なのはなぜ?/毎日雑学
  • 卓球のラケットはなぜ赤と黒? 色に試合を面白くする秘密が隠されていた/毎日雑学
  • 自分のものまねで予選落ち!? 喜劇王チャップリンの逸話と名言を集めてみた/毎日雑学
  • 来日中のチャップリンに暗殺計画が! 天ぷらのおかげで免れた!?/毎日雑学
  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「アブラカタブラ」って何語!? 直訳すると現代の国民病退治の呪文だった!/毎日雑学

  • 地球が近く滅亡の危機に!? 北南が入れ替わるやばすぎイベント/やべー宇宙の話(5)

  • 回転速度は宇宙トップ級!「穴」ではないブラックホールの真実/やべー宇宙の話(4)

  • なぜ職場に「お局様」が生まれるの? 有力説がネットで発見される

  • 一流芸能人のGACKTさん、努力の方法論も「一流」だった

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る