スキルUP

江戸時代から使われている「やばい」。その語源は牢屋かはたまた射的場か!?/毎日雑学

江戸時代から使われている「やばい」。その語源は牢屋かはたまた射的場か!?/毎日雑学

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

「やばいの語源と由来」ということで、日本語にまつわる雑学を紹介します。

現代では若者を中心にして「やばい」という日本語が使われており、年長者の方にとって「言葉の乱れ」は気になるかもしれません。

しかし、やばいという言葉は最近の若者によって使われだした日本語ではなく、実は江戸時代から既に存在していたのです。

今回は「やばい」がどのようにして誕生した言葉なのか、その語源と由来について解説していきます。

やばいが登場したのは江戸時代

それではさっそく「やばい」という日本語について解説していきます。

冒頭でも軽く解説しましたが、「やばい」という言葉が登場したのは近代ではなく、江戸時代には既に存在していました。

実際に「やばい」に似た表現として、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも「やばなこと」という表現が用いられています。

そして、当時も現代と同じように「悪い状況」「不都合な状況」といった意味で使われていたのです。

しかし、1990年代を迎えたころには「やばい」は肯定的なニュアンスの言葉としても使われるようになりました。

2019年現在では「やばい」といえば、「凄い」などの意味で使われており、感嘆符のような用いられ方をしていますよね。

やばいの語源と由来

続いて、本題である「やばいの語源と由来」について解説していきます。

実は「やばい」という言葉の語源や由来は諸説あり、はっきりとわかっていないのが現状です。

いくつか存在する説の中でも、有力だと考えられている説を紹介していきます。

牢屋を語源とする説

江戸時代から使われている「やばい」。その語源は牢屋かはたまた射的場か!?/毎日雑学1

まず「牢屋を語源とする説」について解説していきます。

昔は牢屋を守る看守のことを「厄場(やば)」と呼んでいました。

そして、泥棒や香具師などの犯罪者にとって、厄場(やば)は当然ながら関わり合いたくない存在だったのです。

そのため、状況が悪くなって厄場(やば)の世話になりそうな悪い状況のことを「やばい」と呼ぶようになったんですね。

また、掴まって囚人となった後、よからぬことを考えて厄場(やば)に見つかりそうになった時も囚人同士で「やば」と教え合っていたとされています。

このように、元々は犯罪者たちの間で使われていた隠語だったと考えられています。

射的場を語源とする説

他にも「射的場を語源とする説」が存在しています。

昔は射的場のことを「矢場」と呼んでおり、江戸時代の矢場は売春の巣窟となっていたそうです。

そのため、下手に矢場に近づいてしまうと、売春に関与しているのではないかと、役人に目を付けられる危険があったのです。

そのような場所だったことから「やばい」と呼ばれるようになったとされています。

「やば」という形容詞を語源とする説

「やばい」という言葉が登場する以前から「やば」という言葉が存在していたという説です。

「やば」は「不都合」や「状況が悪い」ということを意味する形容動詞として使われていました。

そして、「やば」に「い」を付けることで形容詞として用いられるようになったんですね。

語源は他のものと異なりますが、形容詞の「やばい」についても、犯罪者の間で隠語として用いられていたと考えられています。

「やばい」という言葉は言葉が乱れているように感じられ、公の場で使うことは極力控えられていますよね。

しかし、それ以外にもテレビなどで「やばい」という言葉を耳にしないのは、犯罪にかかわる言葉で使いづらいという理由もあるそうです。

以上が「やばいの語源と由来」についてでした。

まとめ

「やばい」という言葉は江戸時代から既に存在しており、似た表現では「東海道中膝栗毛」に「やばなこと」というものが登場している。

意味については江戸時代から変わっておらず、主に悪いことが起こりそうな時に使われる言葉となっている。

語源は諸説あり、牢屋の看守が「厄場(やば)」と呼ばれており、泥棒などが捕まりそうになる隠語として「やばい」と表現したという説がある。

また、昔は射的場を「矢場」と呼んでおり、矢場で売春が行われていたことを語源とする説もある。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • 人間1人分の血管を繋ぐと地球2周半! 血流速度はなんと新幹線並!?/毎日雑学
  • 徳川家康は天ぷらで死んだ!? 健康オタク将軍には遺伝的にがん家系説も/毎日雑学
  • 豊臣秀吉は6本指だった!? 先天性奇形異常多指症の証拠が2つの文献に/毎日雑学
  • 北欧の民族がルーツ!? サンタのソリはなぜ犬ではなくトナカイが引くの?/毎日雑学
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 私の東大受験はネタ作りだって? 東大教授の最後の質問/ただの主婦が東大(49)

  • 思ってたのと違う…! 全然ねこじゃれないねこ/黒猫ろんと暮らしたら(2)

  • 天皇や皇族が海外へ行く際、パスポートはいる?/日本文化深堀りクイズ(18)

  • 「えっ、そこで寝るんだ…」はじめて迎えたドキドキの夜/黒猫ろんと暮らしたら(1)

  • 何かがおかしいと思っていたけど…はじめて知った衝撃の事実!/黒猫ろんと暮らしたら(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る