スキルUP

すべてを認め合う必要はないから、「並存社会」をあえて目指したい/私だけの選択(2)

“自分の意思で選択する”ことが、大きな価値になる! 惑わされずに生きたい人に贈る「自分らしい選択」の方法を、『私だけの選択をする22のルール あふれる情報におぼれる前に今すべきこと』(ハヤカワ五味著)よりご紹介します(第2回)。

目指すは"並存社会"

インターネット以前における価値観は、ある種、その土地やコミュニティに根ざしてつくり出され、ゾーニングされているものだったと思います。だからこそ、地域や国ごとに価値観の差がありましたし、距離が遠ければ通信費がかさんだり、やりとりに時間がかかるなど情報交換も容易ではなかったため、それぞれが侵されることなく成立してきたのでしょう。

しかし、インターネットが定着した現在、さまざまな価値観が交差し、ぶつかってしまうことは避けられません。にもかかわらず、公用語がひとつだけで多様性を持ちづらい日本は、そのような場合、どうやってこれまでにない価値観と共存していけばいいかという経験値が低いのです。

相容れない別の価値観でさえも受け入れなければならないのではないか、自分たちに内在化させなければならないのではないか、自分たちが否定されているのではないかと感じている人も多いのではないでしょうか。


たとえば、選択的夫婦別姓(正式には選択的夫婦別氏)に関してさまざまな議論が行われていますが、選択的夫婦別姓が可能になったとしても「夫婦同姓」の権利が剥奪されるということはありません。かといって、夫婦同姓論者の人たちみんなが夫婦別姓の人たちを認めなくてもいいわけです。夫婦別姓を認める必要があるのは法律であって、夫婦同姓論者の人たちではないのですから。

そのように、本来は意見が相容れない人たちは、そのままで存在することが可能なはずです。社会が新しい選択肢を認めるということは、現行の選択肢が否定されたわけではありませんし、それぞれの考え方を受け入れようと、そうでなかろうと、どの選択肢も法律のうえで存在し得るのです。

だからこそ、私は無理にお互いを認め合うのではなく、あくまで並行して存在する「並存」というあり方をしていける社会がいいのではないかと考えています。


そもそも私が「多様性」というキーワードを意識し始めたのは、いつの間にか「同じような仕事観/人生観」の人ばかりと交流を持つようになったときです。

経営という仕事をしていると、どうしても交流関係が偏っていきやすいもの。実際、「同じような仕事観/人生観」の人と話していると気が楽ですし、知りたいことを知ることができます。ただ、私が提供するサービスを利用する人たちは、私と「同じような仕事観/人生観」とは限りません。むしろ、私と「同じような仕事観/人生観」を持つ人は、全国的に見たらごく一部のマイノリティでしょう。

だからこそ「同じような仕事観/人生観」の人とばかり交流をしていると、新しい発見や「こここそがビジネスチャンス」といったものには出会いづらかったりします。それゆえに、最近では多様な価値観を持つ多様な人たちと、あえて積極的に交流を持つようにしています。


多様性は、ビジネスにおいても重要性が再確認されつつあります。

たとえば、米マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)が2015年に発表した研究結果によると、労働の面で女性が男性と平等となり、同じ就労率で同じ時間、同じ部門で働くならば、世界のGDPは2025年までに28兆ドル(26%)増えると推定されています。

生物学的にも疫病その他で全滅するリスクが低いなど、画一的ではなく多様性があることの重要性は、自明とも言えるレベルになっています。実際、ビジネスの場であっても画一的な価値観ではなく、さまざまな価値観やものの見方があったほうが、より多面的な検討が可能で、さまざまなリスク回避が期待できるのです。


著=ハヤカワ 五味

カテゴリ:スキルUP
Amazonで詳細を見る
私だけの選択をする22のルール あふれる情報におぼれる前に今すべきこと

私だけの選択をする22のルール あふれる情報におぼれる前に今すべきこと

作者: ハヤカワ 五味
出版社/メーカー: KADOKAWA
発売日: 2019-11-28
メディア: 単行本

【著者紹介】ハヤカワ 五味(はやかわ・ごみ)
1995年東京生まれ。株式会社ウツワ代表取締役社長。多摩美術大学入学後にワンピースブランド《GOMI HAYAKAWA》、2014年にランジェリーブランド《feast》、2016年にワンピースブランド《ダブルチャカ》を立ち上げる。2019年からは、生理から選択を考えるプロジェクト《illuminate》をスタート。

あなたへのオススメ記事

  • どっちも大した歴史はないのに…専業主婦や良妻賢母は守るほどの価値?/私だけの選択(5)
  • 本当に欲しいのは「自由」なのか!? 自由は圧倒的格差も産むのに/私だけの選択(4)
  • 個人と個人のマッチングは拡大。私たちは自由市場に放り出された/私だけの選択(3)
  • インターネットは善? 悪? 多様性を照らす反面、情報格差も拡大/私だけの選択(1)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 私の東大受験はネタ作りだって? 東大教授の最後の質問/ただの主婦が東大(49)

  • 思ってたのと違う…! 全然ねこじゃれないねこ/黒猫ろんと暮らしたら(2)

  • 天皇や皇族が海外へ行く際、パスポートはいる?/日本文化深堀りクイズ(18)

  • 「えっ、そこで寝るんだ…」はじめて迎えたドキドキの夜/黒猫ろんと暮らしたら(1)

  • 何かがおかしいと思っていたけど…はじめて知った衝撃の事実!/黒猫ろんと暮らしたら(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る