スキルUP

お医者さんの白衣は医学の進歩をアピールし、イメチェンを図るためだった/毎日雑学

お医者さんの白衣は医学の進歩をアピールし、イメチェンを図るためだった/毎日雑学

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

今回は「医者が白衣を着ている理由」ということで、医者にまつわる雑学を紹介します。

皆さんも一度も病院へ足を運んで、お医者さんのお世話になったことがあるかと思います。

お医者さんは医者の象徴でもある「白衣」を着ていますが、そもそもなぜ白衣を着るようになったのかご存じでしょうか?

そもそも、昔のお医者さんは白衣を着ておらず、黒衣を着ていたそうなのです。

実は昔は黒衣だった

それではさっそく、お医者さんがなぜ白衣を着るようになったかを解説していきます。

医者の歴史を振り返ってみると、冒頭でも解説したように、昔の医者は黒衣を着ていました。

19世紀半ばに描かれた手術風景の絵画には、手術を行う医者が黒衣を着ている姿がしっかりと描かれているんですね。

この黒衣は「フロックコート」と呼ばれる服装であり、当時の男性の礼服として着られていたものだったそうです。

医者が診療を行う現場は礼節を重んじる場所でもあったことから、医者は礼服としてフロックコート(黒衣)を着て診療・手術に臨んでいたんですね。

現代では白衣を着るのが当たり前になったため、黒衣のお医者さんなんてちょっと想像が出来ないですよね。

昔の医学は科学的ではなかった

実は19世紀半ばまでの医学は現代の医学とは程遠いものであり、ほとんど科学的なものではなかったそうです。

当時は病気の症状などに対する理解はありましたが、それに対するこれといった治療法などは確立されていませんでした。

様々な病気に対する正解の治療法が分からなかったことから、医者は個人の知識や経験に頼って診療・手術するしかなかったのです。

そのため、その当時の医学現場では、現代の民間療法などと区別がつかないような治療が施されることもあったとされています。

患者は医者を信頼するしかなかったため、医学は患者と医者との信頼関係で成り立っていました。

黒衣のような礼服を着ていたのも、そうした信頼関係で成り立っていたことから、礼節を重んじるためだったのです。

医者も科学者として白衣を着るようになった

医者が白衣を着るようになったのは19世紀半ば以降になってからのことでした。

その時代には科学が目覚ましい発展を遂げたことにより、医学の分野においても飛躍的な発展があったのです。

そして、医学が飛躍的に発展した影響を受けた結果、医者は白衣を着るようになったのです。

それまでは経験や知識に頼るしかなかった医学でしたが、化学が進歩したことにより病気の原因が発見されたり、治療法が発見されるようになりました。

そのため、医学が知識や経験などではなく、科学的なものだと考えられるようになったんですね。

科学的なアプローチから医学の様々な研究が行われるようになると、医者も科学者だと考えられるようになりました。

その当時、既に科学者は白衣を着ていたことから、医者も科学者として白衣の袖を通すようになったのでした。

医者が白衣を着るようになったのも、医学が科学的根拠に基づくものであることをアピールする目的とイメチェンの意味もあったそうです。

近代では様々なバリエーションの白衣がある

お医者さんの白衣は医学の進歩をアピールし、イメチェンを図るためだった/毎日雑学1

やがて、時代が進むにつれて、医療の現場では様々な白衣が着られるようになりました。

昔は手術中に着られる白衣も長袖のものしかありませんでしたが、1970年代には施術中に半袖の白衣が着られるようになりました。

これは1960年代にアメリカでヒットした医療ドラマの影響であり、ドラマのタイトルから「ケーシー型白衣」と呼ばれました。

また、白衣という名前ですが、白色以外のグリーンスクラブと呼ばれる緑色の白衣も登場しました。

手術中にはどうしても血の赤色を見る時間が長くなるため、その後に白色の物をみると視界に残像が残ってしまうなどの現象が見られました。

それを解決したのがグリーンスクラブであり、他にも手術中に青色の白衣なども着られるようになりました。

更に、現代では緑色や青色以外にも、様々な色の白衣が着られるようになったそうです。

以上が「医者が白衣を着ている理由」についてでした。

まとめ

医者は19世紀半ばまでは「フロックコート」と呼ばれる黒衣を着て診療や手術に臨んでいた。

当時の医学は科学的なものではなく、医者個人の知識や経験に頼る部分が大きく、礼節を重んじる意味でフロックコートを着ていた。

19世紀半ば以降になって医学が飛躍的に発展すると、医者も科学者として見られるようになり、科学者と同様に白衣を着るようになった。

現代では半袖の白衣や緑色や青色などの白衣を中心にして、様々なバリエーションの白衣が着られるようになっている。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • プレゼントは石炭やジャガイモ!? ドイツの子が恐れるブラックサンタの正体は?/毎日雑学
  • ユニクロはなぜ「UNIQLO」? 香港法人登記時のスペルミスがきっかけだった/毎日雑学
  • ビックカメラはなぜ「ビッグ」でなく「ビック」? スペルミスではないみたい/毎日雑学
  • 樹海ではコンパスが狂う? TDLの候補地だった!? 富士山にまつわる噂の真相/毎日雑学
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「10日以降」「10日以後」では10日を含む? 含まない?/毎日雑学

  • 一白水星の2020年は大転換の年。1月は口論に注意、麺類が吉/展望と開運2020(1)

  • “出羽守論法”ってなに?「~では」からはじまる発言の思わぬリスク

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

  • 知ってる? ミーハーの意味と語源。実は英語じゃなく「みいはあ」だった!/毎日雑学

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る