スキルUP

ナウシカ「ランランララ」の曲には題名が2つあり、歌ったのはアノ人の娘!/毎日雑学

ナウシカ「ランランララ」の曲には題名が2つあり、歌ったのはアノ人の娘!/毎日雑学

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

「風の谷のナウシカのランランと歌う劇中歌の曲名」「歌っているのは誰?」ということで、ナウシカにまつわる雑学を紹介します。

皆さんも一度は風の谷のナウシカをテレビなどで視聴したことがあると思いますが、なんといっても劇中歌が印象的ですよね。

幼い少女の歌声で「ランラン♪」と歌われる劇中歌ですが、あの曲を作曲したのは作曲家の久石譲さんなのです。

それでは、あの曲はなんという曲名で誰によって歌われているのでしょうか?

ナウシカのランランと歌う劇中歌の曲名は?

まずは風の谷のナウシカの劇中歌の曲名について解説していきます。

ほとんどの人が勘違いをしていますが、あの劇中歌の曲名は一つではありません。

曲名は実は二つある

劇中歌の曲名は「王蟲(オーム)との交流」と「ナウシカレクイエム」の二つとなっています。

そして、どちらも幼い少女の歌声で「ランラン♪」と歌われている劇中歌なんですね。

また、覚えている人もいると思いますが、「ランラン♪」という歌は劇中で2回登場しています。

1回目はナウシカが子供のころの回想シーンで、大人達によって王蟲(オーム)が連れ去られるのを必死にかばっているシーンですね。

この回想シーンで使われているのが「王蟲(オーム)との交流」です。

そして、物語のラストでナウシカが王蟲(オーム)の大群の突進を止めようとして跳ねられてしまい、命を落としてしまうシーンがあります。

ナウシカの亡骸に王蟲(オーム)達が近づいて触手で優しく触れると、ナウシカが命を取り戻しますが、

この触手が麦畑のようになっている場所を歩くシーンで使われているのが「ナウシカレクイエム」です。

この2曲については、風の谷のナウシカの音楽を担当した久石譲さんが作曲した「遠い日々」をアレンジしたものです。

つまり「王蟲(オーム)との交流」と「ナウシカレクイエム」はどちらも「遠い日々」をベースに映画用にアレンジされた楽曲のため、そっくりに聞こえるんですね。

実際に、2004年に発売された風の谷のナウシカのサウンドトラックには、きちんと別々の曲として収録されています。

歌っているのは誰?

続いて、劇中歌のボーカルを担当したのは誰なのかについて解説していきます。

「王蟲(オーム)との交流」と「ナウシカレクイエム」は同じ人が歌っていて、歌を担当したのはなんと久石譲さんの娘さんなのです。

当時4歳だった娘の麻衣さんは、2歳の頃からピアノを習っていたことから音感は良かったそうです。

そして、久石譲さんがたまたま娘の麻衣さんに歌わせてテープに録音したところ、偶然にもそのまま採用されたのでした。

麻衣さんの歌声を聞いた宮崎監督もとても満足していたそうで、まさかの大抜擢となったんですね。

幼い声で歌うのがうまい声優さんなどが歌を担当していた訳ではなく、実際に4歳の女の子が歌っていたなんて驚きですよね。

当時4歳だった娘の麻衣さんは、突如録音のためにスタジオに連れてこられることになり、一体何が起こっているのかもわかっていなかったそうです。

そして、収録中は周りに大人ばっかりだったため、恐怖を感じて早く終わらせて帰りたいと思ったと、後に本人によって語られています。

ナウシカ「ランランララ」の曲には題名が2つあり、歌ったのはアノ人の娘!/毎日雑学1


遠い日々のボーカルは不明

続いて、それぞれの曲の原曲である「遠い日々」のボーカルについてです。

実は原曲である「遠い日々」にも、ハミングのような歌声が入っていますが、大人の女性によって歌われています。

しかし、遠い日々のボーカルを担当した女性ボーカルについては2019年現在も公表されていないことから、不明のままなのです。

一説によると、オーケストラなどで歌っていた無名のシンガーが歌入れを担当したとされています。

本人によってライブで歌われた

久石譲さんの娘の麻衣さんは、そのまま成長してプロの女性シンガーとしてデビューしました。

そして、2014年に行われたソロライブでは、30年ぶりに「ナウシカレクイエム」が本人によって披露されることになりました。

過去には「もののけ姫」や「崖の上のポニョ」など、他のジブリアニメ映画の楽曲にも参加しています。

風の谷のナウシカは定期的に地上波で放送されていますので、ぜひ放送された際にはこの雑学を披露してみてくださいね。

以上が「風の谷のナウシカのランランと歌う劇中歌の曲名」「歌っているのは誰?」という雑学でした。

まとめ

ナウシカの劇中歌を作曲したのは久石譲であり、曲名は「王蟲との交流」「ナウシカレクイエム」の二つである。

どちらも「遠い日々」を映画用にアレンジした楽曲であり、当時4歳の久石譲の娘によって歌われている。

久石譲の娘の麻衣さんは2歳からピアノをやっていて音感が良かったことから、試しに歌わせてみたところ、偶然採用されることになった。

その後、麻衣さんは歌手としてメジャーデビューしており、2014年には30年ぶりに自身のコンサートで「ナウシカレクイエム」を歌い上げた。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • まるでゆるキャラ! 落書きレベルの国旗がかわいいダホメ王国は強い国だった/毎日雑学
  • 刺身はきれいに真っ白だけれど、イカの血液はなんと青色をしている/毎日雑学
  • 最大96本足も発見! タコの足は再生し、場合によっては足の本数が増える/毎日雑学
  • プレゼントは石炭やジャガイモ!? ドイツの子が恐れるブラックサンタの正体は?/毎日雑学
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「ねこは液体」ってこういうこと…? 無抵抗無警戒すぎ!/黒猫ろんと暮らしたら(9)

  • 妻を絶望させる言葉「オレ疲れてるから」/話を聞きたがらない夫(1)

  • 「あ…」イケメン上司と青山さん、昼休みの“冒険”/うちの上司は見た目がいい(3)

  • 夫が妻をめんどくさがる意外な真相!?/話を聞きたがらない夫(2)

  • 今度の上司は高身長高学歴な28歳・独身・イケメン!!/うちの上司は見た目がいい(1)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る