スキルUP

上司に気に入られる人が実践している「魔法のメソッド」とは?

上司に気に入られる人がやっている「5つの行動」とは?

あなたの周りにも「この人、いつも上司に気に入られるなぁ~」と思う人はいませんか? 実はそれ、“たまたま”ではありません。彼らが意識的(もしくは無意識)に取っている行動が、上司を惹きつけているのです。そのメソッドを、人付き合いの達人で年間で600万円も「ゴチ」になっているという“おごられキング”の吉田一貴さんが紹介します。

まずは自分が相手を受け入れる

サラリーマンとして企業で働いていると、必ずといっていいほど遭遇する「上司」という存在。皆さんも、一度はクセの強い上司の扱いに苦労した経験をお持ちではないでしょうか?

もちろん、僕にもあります。

僕は大学時代ではアメフト部、新卒で入社したのは大手商社だったので、いわゆるゴリゴリ体育会系の組織を経験しています。

当時は毎日と言っていいほど、先輩や上司との人間関係に悩まされてきました。

そこで、僕なりに「どうしたらこの人たちと分かり合えるんだろう?」をずっと考え、試行錯誤しながら編み出した5つのメソッドをご紹介したいと思います。

その前に、これを実践する上で最も重要なことをお伝えします。

それは、「相手の良いところを探し出して、まずは自分が相手を受け入れるスタンス」でいること。要は、相手に好かれるにはまず相手のことを好きにならなければならない、ということです。

これが結構難しいですよね(笑)。

でも大丈夫です。その人自体を今は好きになれなくても、好きなポイント・受け入れられるポイントを少しずつでも増やしていければ、自然と相手を受け入れられるようになります。

吉田一貴氏
吉田一貴氏


上司に気に入られる5つのメソッド

1. 一緒にいる時はとにかく笑顔

どうしても苦手なタイプの人や普段接する機会の少ない人と行動を共にすると、表情が暗くなったり、固くなったりしがちです。

しかし、上司は意外にもあなたのそんな雰囲気を察しています。

ここは、「今この空間にいられることが最大の喜びです」と言わんばかりに、明るい表情で乗り切りましょう。

上手く表情が作れない人は、普段の1.5倍のリアクションを取るだけでも雰囲気が明るくなりますよ。

2. メールやSNSの返信は10分以内

どんなに他の仕事が溜まっていても、上司からの連絡には10分以内で返信しましょう。

上司は非常に多忙を極めている方が多いです。そんな中、いつもあなたの返信だけ早かったらどうでしょう?

「この人に聞いたらすぐ答えが返ってくる!」――そう思わせられたら勝ちです。上司からの信頼度がグッと上がり、距離もグッと近くなります。

3. フランクかつ丁寧な言葉遣い

これが結構重要です。

もちろんTOPをわきまえた上ですが、移動中などのたわいもない雑談をする時は、友人と普段話す口調 + ですます調くらいがいいです。

僕はコテコテの関西人なので、「めっちゃ」や「バリ」は多用しています(笑)。

上司も人間なので、部下が心を許してくれていると感じることで、一気にその部下に愛着が湧くようになります。

4. 何かにつけて上司を誘う

これが実は一番重要かもしれません。

飲みの誘い、ランチの誘い、一服の誘い、とにかく何でも上司を誘います

僕なんかは、プライベートの遊びまで誘います(笑)。

照れながら嬉しそうな表情で断る上司の顔が見れちゃうかもしれません。

部下から誘うというのは結構ハードルが高いので、そのハードルを乗り越えてまで自分を誘ってくれるという状況を作り出すことで、上司の自己承認欲求が満たされるのです。

これをひたすら繰り返すことで、自分以外の同僚には声がかからなかった、重役との飲み会やゴルフの誘い、美女との出会いの場にまで誘っていただけるようになったりします。

5. 率直にこの人すごいな、と思ったポイントは余すことなく褒める

人を褒めるのって、なかなか気恥ずかしくてできないですよね。

気持ちはわかりますが、ここで行動に移せるかどうかで上司との関係性が大きく変わっていきます。

人をマネジメントするレイヤーになっていくと、なかなか人にフィードバックをされる機会がなくなっていきます。

そんな状況の中で、自分の頑張りを見ていてくれる部下がいたらどうでしょう? 自分の味方を悪く扱う人はきっといません。

褒める時のポイントは、どんなに小さなことでも、率直に良いな、すごいなと思ったら褒めること。

伝え方も「すごいっすね~」だけでなく、「あの時の〇〇という行動が自分にはできないなと思ってさすがです!」など、できるだけ具体的に伝えるといいです。

◇ ◇ ◇

いかがでしたか?

「なんだよ、当たり前のことじゃん」と思った方も多いかもしれません。

そうです、当たり前のことなんです。ただ、世の中の大半の人はこれを慣習化できていないと思っています。

これをその日の気分や相手によって変えることなく継続的に行うことで、普段の業務で上司の協力を得ることができたり、思わぬチャンスがめぐってきたりします。

実際、僕はこれを習慣化することで、何度もラッキーチャンスに遭遇できています(笑)。


文=吉田 一貴

カテゴリ:スキルUP

【プロフィール】吉田 一貴(よしだ・かずき)
学生時代にアメリカンフットボール日本代表に選出。2016年関西大学を卒業後、新卒で入社した大手商社からベンチャー企業に転職。新規事業開発などを担当し、トップセールスを獲得。その後独立し、中卒や高卒など非大卒者向けのキャリア相談サービスを展開する株式会社前人未到に参画。セールス統括として、インサイドセールスの設計から法人開拓に従事するほか、求職者のキャリア支援も行っている。
■Twitter:@samurai_carrer

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 話しづらい、気が合わない。そんな上司もこれで攻略! 苦手な上司のタイプ別コミュニケーション術
  • 上司からも許される!? トンデモだけど秀逸な「遅刻」の言い訳
  • 新人の一番重要な仕事は上司への相談。報・連・相って難しい!/新人営業女子・えりた(6)
  • 上司に気に入られる人が使っている、魔法の「口ぐせ」とは?/谷洋二郎
  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「アブラカタブラ」って何語!? 直訳すると現代の国民病退治の呪文だった!/毎日雑学

  • 地球が近く滅亡の危機に!? 北南が入れ替わるやばすぎイベント/やべー宇宙の話(5)

  • 回転速度は宇宙トップ級!「穴」ではないブラックホールの真実/やべー宇宙の話(4)

  • なぜ職場に「お局様」が生まれるの? 有力説がネットで発見される

  • 一流芸能人のGACKTさん、努力の方法論も「一流」だった

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る