スキルUP

英語でも“umami”でOK! 和食の鍵・旨味は第五の味覚として世界に浸透した/毎日雑学

英語でも"umami"でOK! 和食の鍵・旨味は第五の味覚として世界に浸透した/毎日雑学

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

今回は「旨味は英語でも”umami”」ということで、英語にまつわる雑学を紹介します。

普段から和製英語などを使っていて、海外でも通じると思っていた単語が全然伝わらなかったなんてことがありますよね。

しかし、実はその逆もあって、日本でしか使われていないと思っていた言葉が、そのまま英語圏でも通じることがあるのです。

特に日本の文化でもある”karate”や”sushi”などは英語圏でも有名な言葉ですが、なんと「旨味」という言葉も海外で通じるそうなのです。

旨味は英語でいうと何?

冒頭でも軽く解説しましたが、旨味という日本語はそのまま英語圏で使っても通じる言葉です。

英語圏の国々では旨味をそのままアルファベット表記で”umami“としているんですね。

発音については日本語と少し違っていて、うまみの「ま」の部分にアクセントをつけて発音します。

日本語では「う」にアクセントをつけて「うまみ」と発音しますが、英語圏ではどちらかというと「うまーみ」と発音されます。

なぜ日本語の旨味がそのまま海外でも使われているのかというと、旨味の発見者が日本人だったことに由来しています。

旨味を発見した人物は東大の池田菊苗教授であり、1908年にうまみ成分を発見したことから、五つ目の味覚として「旨味」と名付けたのです。

しかし、出汁を取る文化のあまりない海外では、味といえば「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」の四種類だと考えられていました。

そのため、旨味が提唱された時点では海外にほとんど浸透することなく、初めて旨味が認められたのは1985年のことだったのです。

そして、旨味の存在が認められたことから、日本で使われていた「旨味」という言葉がそのまま”umami”として採用されることになったのでした。

日本とは少し認識が違う?

実は海外と日本では「旨味」に関する認識が少しだけ異なっています。

海外では旨味が味として認められた際には、今まで存在していた四種類の味に「旨味」という味が追加されたものだと考えられました。

そのため、旨味は今まで知られていなかった味という意味で”the hidden fifth taste(今まで隠れいた第五の味)”と表現されることもあるそうです。

一方で、日本人は旨味を一種類の味としてではなく、グルタミン酸などのうまみ成分を指して「旨味」と表現することが多いですよね。

食べ物を口にした時に、甘い、酸っぱい、しょっぱい、苦いなどの言葉が出てくることがあっても、第一声で旨味のことを言葉にする人はほとんどいません。

また、他の四種類のはっきりとした味わいと違って、「料理の味の奥深さ」を表す意味合いで「旨味」という言葉を使うことが多いです。

英語でも


旨味以外の味を英語にすると?

それでは旨味以外の味を英語にするとどうなるのでしょうか?

和英辞書などを使って調べてみたところ、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」はそれぞれ以下のように表現することがわかりました。

甘味・・・sweetness
酸味・・・sourness
塩味・・・saltiness
苦味・・・bitterness

全世界の人が「旨味」の存在を知っているかは定かではありませんが、知り合いに外国人がいる方はぜひ”umami“について聞いてみてくださいね。

以上が英語にまつわる雑学でした。

まとめ

味は五種類あり、それぞれ「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「旨味」となっている。

旨味は東大の池田菊苗教授によって1908年に発見された味であり、世界で旨味が認められたのは1985年のことだった。

そのため、日本で使われていた「旨味」という言葉が採用されたことにより、そのまま海外でも”umami”という英単語となった。

海外では五つ目の味だと考える人も多いが、日本ではうまみ成分のことを旨味だと考える人が多いため、認識が少しだけ異なっている。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • 刺身はきれいに真っ白だけれど、イカの血液はなんと青色をしている/毎日雑学
  • 最大96本足も発見! タコの足は再生し、場合によっては足の本数が増える/毎日雑学
  • プレゼントは石炭やジャガイモ!? ドイツの子が恐れるブラックサンタの正体は?/毎日雑学
  • ユニクロはなぜ「UNIQLO」? 香港法人登記時のスペルミスがきっかけだった/毎日雑学
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 妻を絶望させる言葉「オレ疲れてるから」/話を聞きたがらない夫(1)

  • 今度の上司は高身長高学歴な28歳・独身・イケメン!!/うちの上司は見た目がいい(1)

  • 勇気を出して今日こそ…! イケメン上司にずっと伝えたかったコト/うちの上司は見た目がいい(2)

  • 【SE女子の日常】仮想マシンをよく使う/ぞえ

  • 「ねこは液体」ってこういうこと…? 無抵抗無警戒すぎ!/黒猫ろんと暮らしたら(9)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る