スキルUP

炎上はこう防ぐ! ミスの傷口を広げない立ち直りの3ステップ/ミスしても評価(2)

「やばい!」「しまった!」が最高のチャンスに変わる! 分析力、計画力、学習力、伝達力を上げる「ミス・失敗」の扱い方を、『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』(飯野謙次著)よりご紹介します(第2回)。

なぜ「些細な失敗」が、こんなに炎上してしまうのか

第1回の例を見て、

「そんな単純な失敗やミスなんて、しません」

とおっしゃる方もいるかもしれません。しかし、客観的になってみると、ほとんどのミスは、

「なんだそんなこと」

と思うくらい、シンプルです。それでも当事者になった瞬間に、周囲が見えなくなってしまう。同様に不祥事の記者会見には、

「なんであんな態度をとってしまうんだろう」

と不思議に思うくらい、印象の悪い対応が多くあります。


2019年の7月に起こったコンビニでのスマホ決済「セブンペイ」の不正アクセス事件は、記憶に新しい方も多いでしょう。

そもそもシステムに脆弱性(ぜいじゃくせい)があって起こった事件ですが、事件の内容とともに問題視されたのが、記者会見での対応でした。責任者である社長の、個人情報の重要性に対する認識の甘さ、そしてセキュリティ知識の未熟さを露呈することとなりました。

通常、記者会見では、記者は誘導的な質問をして、よりセンセーショナルな言葉を引き出そうとしますが、その手法を使うまでもない、残念な会見だったと記憶しています。

あるいは、対応のまずさでいえば、政治家の言動をめぐる問題は引きも切らずに起こります。

たとえば「老後の備えとして、2000万円が必要」とした金融庁の報告書が問題となったのち、麻生太郎財務・金融担当大臣はその報告書を「受け取らない」という対応をしました。

選挙前だったということもあり、その報告書が精査されれば新たな政府への非難の的となると判断したのかもしれません。しかし、麻生大臣の答弁や、報告書をめぐる対応を、なんとも腑(ふ)に落ちないと感じられた方も多いのではないでしょうか。

このように、その後の対応によってミスや失敗の傷口を広げてしまい、収拾がつかなくなるケースは、世の中に蔓延(まんえん)しているといえるでしょう。


しかし、ちょっと考えてみてください。通常、記者会見を行なったり、メディアで取りざたされるのは、社会的に認知されていたり、立場のある人です。普段から言動に問題のある人は少ないはずです。おそらく、自分以前の、誰か別の人が起こした不祥事をテレビなどで見かければ、

「あーあ、バカだねぇ」

「あんな態度、とらなきゃいいのに……」

などと思っていたに違いありません。それでも、「自分事」になった瞬間に、冷静さはどこかに飛んで行って、お粗末な対応になってしまうのです。

ミスや失敗は、起こった瞬間に動揺を引き起こし、視野が狭まってしまいます。さらに、揚げ足をとるような質問が投げかけられれば、ムッとして言い返したくなってしまうことでしょう。

ミスや失敗に無防備に接しては、さらに被害は大きくなってしまいます。ですから、ミスや失敗を起こしてしまったときには、普段考えている以上に慎重に歩を進めていく必要があるのです。

ミスや失敗から「かけがえのない学び」を得る3ステップ

そこで連載では、ミスや失敗から正しく立ち直り、成長していくための方法を、次の3つのステップに沿ってお話ししていきます。

ミスや失敗に対してこのような行動をとることができれば、

・ミスや失敗のたびに、前よりも仕事がしやすくなる
・あなた自身はもちろん、周囲の人も同じミスや失敗を繰り返さなくなる
・ミスや失敗をした本人への信頼が高まる

ということが起こっていくはずです。

もし、ミスや失敗が単なる減点になっているならば、その対処法には改善の余地があることは間違いありません。

それでは、次の項目で、ステップ1から見ていきましょう。


著=飯野 謙次

カテゴリ:スキルUP
Amazonで詳細を見る
ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?

ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?

作者: 飯野 謙次
出版社/メーカー: 日経BP
発売日: 2019-11-14
メディア: 単行本

【著者紹介】飯野 謙次(いいの・けんじ)
スタンフォード大学工学博士。東京大学特任研究員。失敗学会事務局長。スタンフォード大で機械工学・情報工学博士号を取得し、Ricoh Corp.へ入社。2000年、SYDROSE LPを設立、ゼネラルパートナーに就任 (現職)。2002年、特定非営利活動法人 失敗学会副会長となる。

あなたへのオススメ記事

  • 「どこ」「誰」「どうすれば」を考えて、被害を最小化する/ミスしても評価(5)
  • 必要なのは「第三者の目」。「自分」を捨てて冷静に状況分析を!/ミスしても評価(4)
  • いったん止まって深呼吸! 咄嗟の反応レベルを上げるのは冷静力/ミスしても評価(3)
  • 「やばい!」「しまった!」をチャンスに! ミスを活かすのはこんな人/ミスしても評価(1)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • アパレルショップ店員が語る「昔の服」を取っておくべき理由

  • お尻をグイグイ! 強めの愛情表現に押し負けてしまう/黒猫ろんと暮らしたら(5)

  • ストレスなしで年収2000万円!? 「一人社長」の賢く豊かな人生のつくりかたを公開!

  • 【SE女子の日常】スーツを着るのは稀なこと/ぞえ

  • 生物学上は「カニ」ではないカニはどれ?/マニアックな雑学クイズ(9)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る