スキルUP

天気予報の「177」はもともと誰の電話番号だった?/日本文化深堀りクイズ(6)

日本の文化や習慣に隠れた秘密を発見!『大人の最強雑学1500』(雑学総研著)で、日本を深掘りしましょう。

次の質問の答えとして、正しいものを選んでください。

天気予報の「177」は、もともとある著名人が使用していた電話番号だった。その人は次のうち誰?

〇 岩崎彌太郎(やたろう)
〇 大隈重信
〇 福澤諭吉

答えはこの下
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

【A】大隈重信


解説

電話機は1876年に米国のベルによって発明され、翌年には早くも日本に渡り、国産化への取り組みが始められた。

日本では、1890(明治23)年10月9日に実用的な電話がスタート。

初期の電話番号は申し込み順に割り当てられていたが、1番は東京府庁、160番は三菱グループ創始者の岩崎彌太郎で、現在では天気予報の番号となっている177番は、早稲田大学の創始者で内閣総理大臣の大隈重信の電話番号だったという。

その後、電話は徐々に普及し、電話番号も数字の配列を組み合わせて作られるようになっていった。

カテゴリ:スキルUP
Amazonで詳細を見る
大人の最強雑学1500

大人の最強雑学1500

作者: 雑学総研
出版社/メーカー: KADOKAWA
発売日: 2019-05-24
メディア: 文庫

「喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ」一覧はこちら

【著者紹介】雑学総研(ざつがくそうけん)
珍談奇談の類から、学術的に検証された知識まで、種々雑多な話題をわかりやすい形で世に発表する集団。江戸時代に編まれた『耳袋』のごとく、はたまた松浦静山の『甲子夜話』のごとく、あらゆるジャンルを網羅すべく日々情報収集に取り組むかたわら、テレビ番組とのコラボレーションも行う。

あなたへのオススメ記事

  • 猫が十二支で仲間外れにされたのは誰のせい?/日本文化深堀りクイズ(5)
  • こどもの日の「鯉のぼり」は誰が始めた?/日本文化深堀りクイズ(4)
  • 「戒名(かいみょう)ビジネス」はどうやって始まった?/日本文化深堀りクイズ(3)
  • 「凧揚げ(たこあげ)」はかつて何と呼ばれていた?/日本文化深堀りクイズ(2)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 親との関係があなたの“対人関係のクセ”を決めている!?/話を聞きたがらない夫(6)

  • 上司からのキッツ~いお叱り。お説教タイムを短く切り上げるには?/コミュ力向上塾(10)

  • 「恋っていいですね…」一緒に帰りたい二人の駆け引き/うちの上司は見た目がいい(7)

  • 働き方は「0」か「100」じゃない【毎日でぶどり】/橋本ナオキ

  • 妻を絶望させる言葉「オレ疲れてるから」/話を聞きたがらない夫(1)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る