スキルUP

「インフルエンサー」って結局何のこと? 詳しく教えちゃいます!

「インフルエンサー」って結局何のこと?ここでこっそり教えちゃいます!

「インフルエンサー」という言葉をよく聞くようになりました。アイドルグループの曲名にもなっているので、マーケティング業界でこの言葉を知らない人はいないでしょう。ただ、自信をもって意味を説明できるでしょうか。意外と説明できない人も多いはずです。今回の記事では、言葉の意味や語源、種類と特徴、さらにインフルエンサーマーケティングや有名インフルエンサーまで紹介します。

{ 目次 }

1. インフルエンサーってなに?
1‐1. インフルエンサーの意味と語源
1‐2. インフルエンサーのプラットフォーム
2. インフルエンサーの種類と特徴
2‐1. 著名人
2‐2. トップインフルエンサー
2‐3. マイクロインフルエンサー
2‐4. ナノインフルエンサー
3. インフルエンサーマーケティングとは
4. 深刻化しているステルスマーケティング問題
5. SNS別! 有名インフルエンサーの紹介
5‐1. Twitter
5‐2. Instagram
自分の目的に合わせてインフルエンサーと上手に付き合おう!

1. インフルエンサーってなに?

ここでは、「インフルエンサー」という言葉の意味をメインに説明していきます。本文を読めば、基本的な言葉の定義についてしっかりと理解できるでしょう。

1‐1. インフルエンサーの意味と語源

インフルエンサーとは、インフルエンザと同じく影響や感化、効果を意味する「influence」を語源とする言葉です。具体的な意味としては、世間に大きな影響力を持つ人のことを指します。たとえば、人気タレントやモデル、スポーツ選手、特定分野の専門家などがイメージしやすいでしょう。

また、インフルエンサーとインターネットは相性がよいため、ネット中心に活動するブロガーやユーチューバーもインフルエンサーとして活躍しています。そのような状況の中、マーケティング会社のブルーカレント・ジャパンはインフルエンサーを「コミュニケーション力」と「信頼獲得力」、「情報伝播力」を全て備えた消費者と定義しているのです。

複雑化しているインフルエンサーの存在を単純に理解するためには、ブルーカレント・ジャパンの定義通りに考えると分かりやすいでしょう。

「インフルエンサー」って結局何のこと?ここでこっそり教えちゃいます!1


1‐2. インフルエンサーのプラットフォーム

インフルエンサーのプラットフォームとして主流なのは、SNSのようなインターネットの消費者発信型メディア(CGM)です。このようなプラットフォームの代表例としては、YouTubeやインスタグラム、Tiktok、ブログなどがあります。

そして、各プラットフォームを使いこなして影響力がある人をそれぞれユーチューバーやインスタグラマー、Tiktoker、ブロガーと呼んでおり、名称自体も一般化しているといってよいでしょう。これらをまとめて考えると現代のインフルエンサーとは、SNSで情報発信して他人の行動及び、世間に影響を与える人の総称と捉えることができます。

また、若年層を中心とした現代の消費者は、大量生産品よりも個人的な嗜好に合うものを選ぶ傾向が強いといえるでしょう。そのため、自然な形でユーザーの購買意思に影響を与えられるインフルエンサーは、企業のマーケティング面でも大きな影響力をもっているのです。

2. インフルエンサーの種類と特徴

インターネットの世界はプラットフォームがどんどん発展し、多様化しています。それに伴って、インフルエンサー自体も同じく多様化しているのが現状です。かつてはフォロワーが多いことと優良なコンテンツ提供がイコールの関係になっていましたが、その図式は必ずしも当てはまらなくなったといえるでしょう。

ここでは、4種類のインフルエンサーと各種特長を紹介していきます。なお、ここはインフルエンサーマーケティングにもつながる部分なので、しっかりと理解しておきましょう。

2‐1. 著名人

著名人として最もイメージしやすいものは、テレビに出演している芸能人でしょう。他にも、ジャンルを問わず全国的に名前が知られているような人は著名人といえます。また、インフルエンサーという観点で定義される著名人とは、フォロワー数100万人以上の人を指します。

100万人以上のフォロワーを獲得することは容易ではなく、SNSでは絶大的な影響力があるのです。逆にいえば、テレビに出演する芸能人のような注目度の高い人物だからこそ、これだけのフォロワーを獲得できるともいえます。

ただ、著名人は多くのフォロワーに発言が届くリーチ力は高いものの、エンゲージメント率については低くなっているのが特徴でしょう。エンゲージメント率とは、ユーザーが届けられた情報に対して具体的に反応したかどうかを図る指標であり、著名人はこの部分の数値が低調なのです。

なぜ、低くなるのかといえば、著名人はフォロワー数が多い分、ユーザーと距離感があるからと考えられます。

2‐2. トップインフルエンサー

トップインフルエンサーとは、フォロワー数が10~100万人の人を指します。著名人と同じくSNSでは絶大な影響力があり、一部はメディア出演や書籍出版を果たしている人もいます。あくまでも推定ですが、国内では約1000人がこのトップインフルエンサーの定義に入るとされています。

一例として、国内最高レベルのブロガーやユーチューバーの中には、トップインフルエンサーに属する人もいるのです。そのようなトップインフルエンサーはリーチ力についても当然大きいですが、やはりエンゲージメント率は比較的低い傾向があります。

エンゲージメント率が低くなってしまう理由は著名人と同じく、フォロワー数が多すぎることで一般人は距離を感じてしまうからでしょう。

2‐3. マイクロインフルエンサー

マイクロインフルエンサーとは、フォロワー数が1~10万人の人を指す言葉です。その特徴としては、特定の分野に特化していることが多いということが挙げられます。

たとえば、大学で専門的な分野を教えていたり、所属している業界では有名であったりする人がマイクロインフルエンサーになりやすいでしょう。特定の分野の知識や実績が豊富な分、興味あるフォロワーにとっては信頼感があるのです。そして、このようなマイクロインフルエンサーは国内に推定で、約1万5000人いるとされています。

また、リーチ力については著名人やトップインフルエンサーに比べると低いですが、代わりにエンゲージメント率が高くなっています。なぜ、エンゲージメント率が高くなるのかといえば、専門家としての信頼性があるからでしょう。つまり、特定の分野に興味があるフォロワーに対して大きな影響を与える存在が、マイクロインフルエンサーなのです。

2‐4. ナノインフルエンサー

ナノインフルエンサーとは、フォロワー数が1000~1万人の人を指します。ナノインフルエンサーはマイクロインフルエンサーよりもさらに狭い、ニッチなコミュニティで影響力を持つと考えてよいでしょう。

このように特定のコミュニティ限定で影響力があるのがナノインフルエンサーなので、リーチ力は小さいものの、エンゲージメント率がとても高くなっているのが特徴です。そのため、ニッチな分野でマーケティングを行いたい企業には、ナノインフルエンサーに対する需要も高くなっています。

具体的な例を一つ挙げるなら、あまり知られていないようなマニアックなゲームのコミュニティで影響力を持つようなインフルエンサーは、ナノインフルエンサーと捉えてよいかもしれません。

3. インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングという言葉はよく聞きますが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。インフルエンサーマーケティングが注目されるきっかけとしては、2002年に出版されたマルコム・グラッドウェルの書籍の影響が大きいといわれています。

この書籍では、商品やブランドがターゲットとするコミュニティやセグメント内でインフルエンサーを見つけ、その人たちに一時的にアプローチする手法を紹介していました。そして、それが「インフルエンサーマーケティング」として注目されるようになったのです。

まさしく、インフルエンサーマーケティングは広告っぽさがなく、ユーザーに高い訴求力がある画期的な手法だといえるでしょう。なお、現代はインフルエンサーの種類も多様化しているため、タイプの違いを理解して、自分たちの目的に合ったインフルエンサーマーケティングを行うことが重要になっています。

4. 深刻化しているステルスマーケティング問題

ステルスマーケティングを略して、ステマといいます。一般的にもよく使われる言葉なので、知っている人も多くいるでしょう。具体的にステマとは、広告表示なしで有料のプロモーションを行うことです。

よく混同されるものとしてPRがありますが、ステマとPRの違いは、「PR表記」が明記されているかどうかということになります。つまり、ステマのほうがユーザー目線でいうと分かりづらく、売るための仕組みが巧妙といえるでしょう。もう少し強くてネガティブな言葉でいうなら、ステマはユーザーを騙すようなずる賢い方法なのです。

そのため、過去にもステルスマーケティングはいろいろと問題になりました。ただ、2015年には日本インタラクティブ広告協会によってネイティブ広告のガイドラインができ、以前のような悪質なステマは減っています。

ちなみに、インフルエンサーに自社商品を提供し、商品を紹介するかどうかの判断を任せたときはステマになりません。なぜなら、あくまでもインフルエンサーに判断を任せているので、PRの一環という扱いになるからです。

5. SNS別! 有名インフルエンサーの紹介

ここでは、各SNSで有名なインフルエンサーを紹介していきます。

「インフルエンサー」って結局何のこと?ここでこっそり教えちゃいます!2


5‐1. Twitter

有吉弘行は全国的に有名なお笑い芸人です。有吉弘行はテレビだけではなく、Twitterでも絶大な影響力を持ち、フォロワーの数は700万人以上となっています。具体的なツイート内容としては、自身の芸能活動はもちろん、政治やビジネス、社会的なものまで含まれています。このようにテレビと変わらない毒舌キャラと、常に自分の視点でコメントしていることが世間に受け入れられている理由かもしれません。

きゃりーぱみゅぱみゅは独自の世界観を持つアーティストです。有吉弘行と同じく大きな影響力を持ち、500万人のフォロワーを抱えています。また、日本の原宿系女子のファンだけではなく、海外のファンも目立つことが特徴でしょう。そして、話題の中心は彼女が得意とする、サブカルチャー系のものが中心となっています。

5‐2. Instagram

渡辺直美はお笑い芸人でありながら、おしゃれな写真の多いインスタグラムの世界で大きな注目を集めています。そのフォロワー数は900万人を超えており、絶大な影響力があるといってよいでしょう。彼女の人気の秘密は、奇抜なファッションや独特の世界観にあります。いわゆる、トップモデルや女優とは一味違ったセンスなので、その強烈な個性のファンになる人も多いのです。

自分の目的に合わせてインフルエンサーと上手に付き合おう!

これまで、インフルエンサーについてさまざまな角度から紹介してきました。本文を読めばインフルエンサーと一言でいっても、時代と共に変わってきているのが分かるはずです。また、マーケティング手法や効果的な方法そのものも大きく変化しています。

そんな中、インフルエンサーとの関わり方は、個人の趣味や企業の商業利用などさまざまでしょう。ぜひ、自分に合った形で、適切な関わり方をしていきたいものです。

カテゴリ:スキルUP

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • マーケティングにおける「ベネフィット」とは?「メリット」との違いや重要性を解説/ビジネス用語(6)
  • 「ペルソナ」って何? メリット・デメリットや作り方のコツを徹底解説!/ビジネス用語(4)
  • 今さら聞けない!?「アフィリエイト」の意味や仕組みを徹底解説/ビジネス用語(3)
  • 「コンプライアンス」って一体何? すべてを徹底解説!/ビジネス用語(2)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 私の東大受験はネタ作りだって? 東大教授の最後の質問/ただの主婦が東大(49)

  • 思ってたのと違う…! 全然ねこじゃれないねこ/黒猫ろんと暮らしたら(2)

  • 天皇や皇族が海外へ行く際、パスポートはいる?/日本文化深堀りクイズ(18)

  • 「えっ、そこで寝るんだ…」はじめて迎えたドキドキの夜/黒猫ろんと暮らしたら(1)

  • 何かがおかしいと思っていたけど…はじめて知った衝撃の事実!/黒猫ろんと暮らしたら(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る