スキルUP

今さら聞けない!?「アフィリエイト」の意味や仕組みを徹底解説/ビジネス用語(3)

今さら聞けない!「アフィリエイト」の意味や仕組みを徹底解説!

ビジネスマンの間で「本業の空いた時間を使ってお小遣い稼ぎができる」と注目を集めているアフィリエイト。なかには月に数百万円稼ぐ強者もいます。しかし、どういうものなのか、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、これから始めたい人、ビジネス用語として学びたい人、広告を出すことを検討している人に向けて、アフィリエイトの意味や仕組み、メリット・デメリット、やり方の流れを紹介していきます。

{ 目次 }

1. アフィリエイトとは
2. アフィリエイトの仕組み
2‐1. 広告主
2‐2. アフィリエイター(メディア)
2‐3. ASP
2‐4. サイト訪問者(ユーザー)
3. アフィリエイトのメリットとデメリット
3‐1. アフィリエイター側
3‐2. 広告主側
4. アフィリエイトは稼げるの?
5. アフィリエイトを始める前に
6. 収益発生までの流れ
アフィリエイトを上手に活用しよう!

1. アフィリエイトとは

アフィリエイトとはインターネットを利用した広告のなかでも、成果報酬型広告といわれるものです。広告を掲載する媒体はブログやサイトです。まずはブログやサイトを作成します。

そして、そこに広告を貼り付けます。ブログやサイトを訪問した人が広告をクリックして商品購入に至れば、広告主からブログやサイトの運営者に成果報酬が支払われるのです。この運営者のことを「アフィリエイター」といいます。

2. アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトは「広告主」、広告を掲載するサイトやブログを運営する「アフィリエイター」、「広告主」と「アフィリエイター」を仲介する「アフィリエイトサービスプロバイダー」(以下ASP)、「サイトやブログへの訪問者(ユーザー)」の4者から成り立っています。そして、それぞれにメリットがある仕組みとなっているのです。次から詳しく説明していきましょう。

2‐1. 広告主

サイトやブログにアフィリエイト広告を掲載することで自社の商品やサービスを売りたい企業は広告主として、ASP(広告主とメディアをつなぐ企業)に広告を出稿します。

ASPを通すことで多くのサイトやブログに掲載されることになります。掲載数が増えれば、その分だけ多くの人の目に触れ、売上アップにつながります。広告主企業はさまざまで、食品や服飾品といった物販をはじめ、クレジットカードやサロン申し込み、保険の見積もりなどもあります。

2‐2. アフィリエイター(メディア)

サイトやブログを作成して、そこにアフィリエイト広告を掲載している運営者のことをアフィリエイターといいます。広告を掲載するにはASPに登録する必要があります。ASPに登録すると、ASPに出稿している広告のなかから自由に掲載用の広告を選ぶことが可能です。サイトやブログを訪問した人が広告をクリックして、商品を購入するなどの成果条件をクリアすれば、ASPから報酬が支払われます。

アフィリエイトはASPに登録しなくても行うことができます。しかし、自分で広告主を見つけるのは大変です。その点、ASPであれば複数の広告主と提携しているため、手間がかかりません。そのため、ASPに登録してアフィリエイトを行う人が多くなっているのです。

2‐3. ASP

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダーの略称です。広告配信のためのシステム提供や成果報酬の支払いを代行することで、アフィリエイターと広告主をつなぐ働きをします。広告主はASPに出稿することで、さまざまなサイトやブログに自社の商品やサービスの広告を掲載してもらうことができます。

そして、アフィリエイターはASPに登録することで、ASPが取り扱っているさまざまな広告を自分自身のサイトやブログに掲載することができ、さらに成果条件を満たせば、ASPから報酬を受け取ることができるのです。

2‐4. サイト訪問者(ユーザー)

訪問者とは、アフィリエイターの運営するサイトやブログを閲覧するユーザーかつ消費者のことです。訪問者はGoogleやYahoo!などの検索エンジン、twitterなどのSNS経由でサイトやブログに飛んできます。

そして、サイトやブログに、自分の悩みの解決につながったり、ほしかったりする商品やサービス広告を見かけたりした場合、クリックします。そして、訪問者が実際に商品購入やサービス申し込みなどをすると、アフィリエイターに報酬が支払われるのです。

3. アフィリエイトのメリットとデメリット

以上、アフィリエイトの意味と仕組みについて紹介しました。しかし、実際に取り組むとなると、一見、メリットばかりにみえるアフィリエイトですが、デメリットも押さえておくことも必要です。なぜなら、「こんなはずじゃなかった」と後悔することになるからです。そこで、アフィリエイター側と広告主側の2つの視点から、メリットとデメリットを紹介していきます。

今さら聞けない!「アフィリエイト」の意味や仕組みを徹底解説!


3‐1. アフィリエイター側

アフィリエイトのメリットは、やる場所を選ばないことがあげられます。自宅でもカフェでもパソコン一台あれば、どこでも始めることができるのです。また、商品を仕入れる必要がないため、初期費用がかからず、在庫を抱えるリスクもありません。ASPに登録すれば、さまざまな広告を掲載することが可能なため、1人で多くの商品を取り扱うことが可能になります。

さらに、一度、ブログやサイトを作成してしまえば、ほぼ自動化で手間がかかりません。寝ているときも、本業の仕事をしているときも自動的に稼いでくれます。そのため、大きく稼げる可能性もあるのです。また、アフィリエイトを通して、どうすれば訪問者が集まるのか、広告をクリックしてもらえるのかを試行錯誤するうちに、ウェブマーケティングのスキルが身につきます。

デメリットとしては、成果報酬であるということがあげられます。いくら時間をかけてブログやサイトを作成しても、訪問者が商品を購入したり、サービスに申し込んだりしてくれなければ、報酬に結びつきません。また、ブログやサイトを作成しても、すぐに訪問者が集まるわけではありません。どうしても時間がかかってしまうのです。

報酬が出なくてもやり続けなければならないため、モチベーションの維持が難しいといえます。また、訪問者を増やすには検索エンジンにヒットすることが重要ですが、Googleのアルゴリズムが変更されると、これまでのブログやサイトのままでは検索エンジンにヒットしにくくなる可能性があります。さらに、成果報酬としての広告の単価が突然下がる可能性もあるのです。

3‐2. 広告主側

広告主側のメリットとしては、商品やサービスの申し込みがないなど成果がなければ、広告費が発生しないということがあげられます。広告掲載に無駄な出費がかからないため、不特定多数のアフィリエイターに広告を依頼することができます。また、さまざまなところに広告を貼ってもらっているうちに、自社の商品やサービスの販売につながるチャンネルがわかることもメリットの1つです。

デメリットとしては、ASP側に出稿するための初期費用がかかることがあげられます。また、システム費用として月額料金もかかります。そのため、商品やサービスが売れても、あまり利益にならないものだと、初期費用とシステム費用を支払った分だけ、赤字になってしまうのです。

さらに、広告を出稿したとしても、必ずしもアフィリエイターが自らのブログやサイトに広告を掲載してくれるとは限りません。どの広告を掲載するかはアフィリエイターの自由だからです。広告を掲載してもらわないことには商品やサービスは売れませんし、ASP側に支払う初期費用や月額料金で赤字になってしまいます。

アフィリエイターに興味を持ってもらうためには、成果報酬を高めに設定する必要があるのです。しかし、あまりにも成果報酬を高くすると、利益率が悪くなってしまいます。適切な報酬設定がポイントになります。

4. アフィリエイトは稼げるの?

アフィリエイターの収入はぴんきりです。あるASPに登録しているトップアフィリエイターは、1カ月で500万円以上稼いでいるといわれています。その一方で、稼げていない人も大勢いるのが現状です。

2019年6月にNPO法人アフィリエイトマーケティング協会が発表した「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2019」によれば、1カ月あたり1万円以上稼いでいる人はアフィリエイター全体の約4割しかいません。

さらに、1カ月あたり50万円以上稼いでいる人になると、アフィリエイター全体の約1割です。稼げるか稼げないかは、どのような広告を掲載するか、そして、いかにアクセスの多いブログやサイトを作成するかに大きく左右されます。

5. アフィリエイトを始める前に

アフィリエイトを始める前に次の2つの点に気をつけましょう。まず、アフィリエイトを始めるには、自分のブログやサイトを作成しなければなりません。その際、どのようにブログやサイトを構築するかは重要なポイントです。

たとえば、WordPressなどのCMS(コンテンツ管理システム)を選ぶと、ゼロから作成しなくてはなりません。設定やカスタマイズに手間がかかりますし、専門知識も必要になります。しかし、自由度が高く、サービス提供元の規約に左右されることがありません。一方、ブログの場合は簡単に始めることができます。しかし、ブログを提供している企業の規約に縛られてしまうのです。

次に、登録するASPを決める必要があります。ASPはどこでもいいわけてばありません。おすすめは、ITPに対応しているASPです。ITPに対応していない場合、どこのブログまたはサイトを経由して、商品やサービスを購入したのかが分からなくなる恐れがあります。つまり、せっかく商品やサービスを売ったのに、報酬が入らなくなってしまう恐れがあるのです。

6. 収益発生までの流れ

実際にアフィリエイトを始めてから収益を得るまでの流れを解説します。まず、メールアドレスやサイトの情報などを入力し、ASPへ登録します。次に、ASPに出稿している広告のなかから、掲載する広告を選びます。自分自身のブログやサイトの読者層に合わせた広告を選ぶと成果を出しやすいでしょう。ただし、広告によっては掲載にあたって審査が必要な場合があります。

そして、記事の執筆をします。検索エンジンから訪問者を呼び込みたいのであれば、どのようなワードを使えば、ヒットしやすくなるのかを考えるようにしましょう。その際、商品を売る目的だけの記事は書かないように気をつけます。

なぜなら、Googleではアフィリエイトのためだけの記事は内容が薄いと判断し、検索エンジンの上位に表示しないからです。記事が完成しブログやサイトに掲載したら、広告リンクを貼ります。これで準備は完了です。

実際にブログやサイトを通して商品やサービスが売れたら、成果確定になります。最短で翌々月に成果報酬が発生するため、振り込みを確認しましょう。

今さら聞けない!「アフィリエイト」の意味や仕組みを徹底解説!


アフィリエイトを上手に活用しよう!

以上、広告方法として注目を集めているアフィリエイトについての全体像を説明しました。実際に始めてみたい人も、知識として知っておきたい人も、どのようなものであるか、理解できたと思います。アフィリエイターとしても、広告主としても、またはユーザーとしてでも、上手にアフィリエイトを活用してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ:スキルUP

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • マーケティングにおける「ベネフィット」とは?「メリット」との違いや重要性を解説/ビジネス用語(6)
  • 「ペルソナ」って何? メリット・デメリットや作り方のコツを徹底解説!/ビジネス用語(4)
  • 「コンプライアンス」って一体何? すべてを徹底解説!/ビジネス用語(2)
  • 「インフルエンサー」って結局何のこと? 詳しく教えちゃいます!
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 私の東大受験はネタ作りだって? 東大教授の最後の質問/ただの主婦が東大(49)

  • 思ってたのと違う…! 全然ねこじゃれないねこ/黒猫ろんと暮らしたら(2)

  • 天皇や皇族が海外へ行く際、パスポートはいる?/日本文化深堀りクイズ(18)

  • 「えっ、そこで寝るんだ…」はじめて迎えたドキドキの夜/黒猫ろんと暮らしたら(1)

  • 何かがおかしいと思っていたけど…はじめて知った衝撃の事実!/黒猫ろんと暮らしたら(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る