スキルUP

ネットの海からネタを拾え! 悩みから先行事例を探すテクニック/東大アイデア(4)

「天才的なひらめき」や「センス」は必要なし!「仕事」や「勉強」に役立つ東大式「使えるアイデア」の生み出し方を、『「発想力」と「想像力」を磨く 東大アイデア』(西岡壱誠著)よりご紹介します(第4回)。

現状の「悩み」に関連するものを調べる

前回までの記事で「できないこと」「困っていること」などの"悩み"から始めるべき理由――納得していただけましたか?

では、具体的に「悩み」を調査のとっかかりにする『PROBLEM』の方法を解説します。


(1)現状の「悩み」を書き出す

次の2つを考えて、ノートやメモ帳に書いてみましょう。

1. 今、どういう状況なのか?
2. どういうアイデアがあると望ましいのか?

これは両方とも、たくさんあればあるほどいいです。とにかく数多く書き出してみましょう。

1. →「出資していた鉄鉱石採掘企業が倒産しかけている」
  「この企業には、こういうノウハウがある」
2. →「何かこの企業のノウハウを活用できる他の業種を知りたい」

という感じです。


(2)書き出した「悩み」から「単語」を抽出する


(1)で出てきた言葉の中から、単語をピックアップしましょう。

「鉄鉱石」「採掘」「ノウハウ」「企業」「業種」……などなど。とりあえず必要そうな単語はすべてピックアップし、付箋に書き出します。


(3)抽出した「単語」を「違う言葉(単語)」に言い換える

(2)でピックアップした言葉の中で、難しそうな言葉や外来語などを、違う言葉に変換しましょう。

「『鉄鉱石』よりも『資源』のほうがいいか」とか「『ノウハウ』じゃなくて『技術』のほうがいいかな?」とか考えて、言葉をより簡単なものに直し付箋に書き出します。


(4)「言葉(単語)」を組み合わせ、検索する

付箋の単語を組み合わせて、検索エンジンや書籍・論文で検索して、先行事例を探しましょう。

ここでいうなら、「資源」「採掘」「技術」「企業」「業種」を使って検索してみます。数が多い場合は削ったり、後から組み合わせを変えてもいいです。何度も先行する事例を探してみましょう。

今の時代、電子書籍でも論文でもキーワード検索が可能です。キーワードが出てくるページに一気にジャンプしてみましょう。

また、キーワードがあまりヒットしないようなら、(3)に戻って違う言葉の付箋を作りましょう。

(5)検索した「先行事例」をストックする

先行事例に関する情報が出てくるページをスクリーンショットやメモで取っておきましょう。

先行事例を、見える形でストックするのです。

こういう自分の今の状況に適した先行事例を何個も保存し、後から使える状態にしておくことが重要です。このストックが、きっとアイデアを作るタネになってくれます。


たくさんの先行事例をストックしておく

(1)〜(4)までをやってみてもなかなかいい先行事例を見つけられない場合は、後から紹介するもうひとつの調査テクニック『ATTACH』を試してみましょう。

(1)の1と2は、それぞれ「現状」と「必要なもの」を示しています。これは、「変化前」と「変化理由」を指しています。「変化後」がないのは、これがあくまでも「悩み」だからです。

悩みというのは、悩みのタネがなくなればそれで解決しますよね? 現状を変えうる何かがあるのならば、もうそれで悩みは解消するのです。だからここでは、変化した後をわざわざ考える必要はないのです。


また、(5)でまとめた先行事例は、消したり捨てたりせずに残しておくことをオススメします。次のテクニックでも出てくるのですが、この先行事例というのは後からまったく別のところで使うタイミングがくるかもしれません。

この先行事例のストックこそが「エジソンのノート」に該当するものになるのです。


いかがでしょうか?

今の時代、時間さえかければネットの海に膨大な量の先行事例は落ちているものです。

現状の悩みに合った先行事例を探して、たくさんストックできるようにしましょう!

東大アイデアPOINT

「今、どういう状況なのか?」「どういうアイデアがあると望ましいのか?」をノートやメモ帳に書いてみる。

Great idea/逆転裁判

ミステリーを題材としたゲームは多く存在していましたが、「法廷」という場で弁護士が探偵役というのはそれまでありませんでした。本当に革新的で、だからこそ周りの人は「法廷って、なんだか堅苦しいイメージだけど、大丈夫?」と心配していたのだと言います。そこを乗り切れたからこそ、この「逆転裁判」の強みがより色濃く現れた気もします。


著=西岡 壱誠

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】西岡 壱誠(にしおか・いっせい)
歴代東大合格者ゼロの無名校のビリ(元偏差値35)だったが、東大受験を決意。東大の試験で問われる「発想力」や「思考力」を高めるノウハウを編み出し、実践、合格。現在は家庭教師として教え子にそれをレクチャーする傍ら、1973年創刊の学内書評誌「ひろば」の編集長も務める。

あなたへのオススメ記事

  • 情報収集は誰のため? アウトプットのためのインプットを目指せ/東大アイデア(5)
  • 3500冊のエジソン・ノートに見る「パクリ王」エジソンの技術/東大アイデア(3)
  • 丸パクリは大失敗しがち! 「独自性のあるパクリ」を目指すべし/東大アイデア(2)
  • 世のアイデアの大半はパクリ! だからひらめきもセンスも必要なし!/東大アイデア(1)
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「10日以降」「10日以後」では10日を含む? 含まない?/毎日雑学

  • 一白水星の2020年は大転換の年。1月は口論に注意、麺類が吉/展望と開運2020(1)

  • “出羽守論法”ってなに?「~では」からはじまる発言の思わぬリスク

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

  • 知ってる? ミーハーの意味と語源。実は英語じゃなく「みいはあ」だった!/毎日雑学

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る