スキルUP

レスラーは白ハンカチ持ち! レスリングではハンカチを携帯しないと失格になる/毎日雑学

レスラーは白ハンカチ持ち! レスリングではハンカチを携帯しないと失格になる/毎日雑学

身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!

今回は「レスリングはハンカチを携帯しないと失格となる」ということで、レスリングにまつわる雑学を紹介します。

肉体と肉体が激しくぶつかり合うレスリングは見てて胸が熱くなりますし、夏のオリンピックでは花形競技の一つでもありますよね。

しかし、そんな激しいスポーツであるのとは裏腹に、必ずハンカチを携帯してなければならない紳士的なスポーツでもあります。

レスリングとハンカチには何も関係性が無いように見えますが、なぜハンカチを携帯する必要があるのでしょうか?

レスリングはハンカチの携帯が義務である

レスリングではハンカチを携帯することが義務となっています。

なぜなら、ルールによって必ず白いハンカチを携帯することが決められているからなんですね。

レスリングの選手たちは、シングレットと呼ばれるレスリング特有のユニフォームを着用して試合を行います。

そして、必ずシングレットの中に白いハンカチを入れるようにしており、試合前には審判に見せて確認を行うのです。

なぜレスリングでハンカチが必要なのかというと、レスリングが激しく身体をぶつけ合うスポーツだからです。

激しいぶつかり合いの中でケガをして流血してしまった場合には、すぐに止血できるようにハンカチを携帯しておくのが習わしだったんですね。

また、流血をしている状態で対戦相手と組み合うと、相手に血がついてしまいます。

更にレスリングの試合会場も汚してしまうということで、ハンカチですぐに止血することがマナーだったのです。

ハンカチが無いと失格

それでは、試合中にハンカチを携帯してなかった場合にどうなるのかというと、その選手は失格となってしまうそうです。

ハンカチを忘れてしまっただけで失格なんてかなり厳しいように思えますが、ルール上そうなっているので仕方がないですよね。

現代では試合中に流血したとしても、持ち込んだハンカチで止血されることは無くなったようです。

しかし、ハンカチの携帯は古くから存在しているルールなので、現代でも慣習的にハンカチを携帯して試合に臨んでいるんですね。

レスラーは白ハンカチ持ち! レスリングではハンカチを携帯しないと失格になる/毎日雑学1


古代オリンピックでは裸だった

近代オリンピックではハンカチの携帯がルールとなっていますが、それ以前はどうだったのでしょうか?

実はレスリングの歴史はかなり長く、紀元前に行われていた古代オリンピックから正式種目として採用されていたのです。

その頃には白いハンカチが存在している訳もなく、当然ながらハンカチを携帯するというルールも存在しませんでした。

そして、古代オリンピックで行われていたレスリングは、現代のようにユニフォームを着用するのではなく、裸で行われていました。

また、そもそも裸だったことから、ハンカチを携帯するために入れる場所が無かったのです。

そのため、レスリングの白いハンカチを携帯するというルールは近代から追加されたものだったんですね。

古代のレスリングは過酷だった

古代に行われていたレスリングについて少し補足しますが、古代のレスリングはとても過酷な競技だったそうです。

現在は時間制限がありますが、古代のレスリングは時間制限がないため、3本のフォールを取るまで永遠と試合が続けられたのです。

また、現代のように3ピリオド制にもなってないことから、休憩時間も存在しなかったんですね。

そして、当時は裸で競技が行われていたことから、身体が汗などで滑らないようにする工夫がされていたそうです。

身体にオリーブオイルをかけて砂を全身にまとうことによって、滑り止めのようにして戦っていたとされています。

レスリングがここまで起源の古い競技だったなんて、意外に思う方も多いのではないでしょうか?

以上がレスリングの面白いルールや古代のレスリングにまつわる雑学でした。

まとめ

レスリングにはハンカチの携帯がルールによって義務化されており、試合前にはハンカチを審判に見せるようになっている。

もしもハンカチを携帯していなかった場合には失格となるというルールまで存在している。

レスリングは身体を激しくぶつけ合うことから流血することもあり、すぐに止血できるように所持することが習わしだった。

紀元前に行われた古代オリンピックからレスリングは種目として採用されていて、当時のレスリングは裸体で行われていた。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。


文=雑学.com

カテゴリ:スキルUP

※この記事は「雑学.com」から提供を受け作成しています。

あなたへのオススメ記事

  • 全焼でブラックハウスになったこともある! ホワイトハウスの充実施設を解剖/毎日雑学
  • 元は雨具ではなく権力の象徴だった! 日よけとして誕生した傘の歴史を探る/毎日雑学
  • 血液型が「ABC型」ではなく「ABO型」なのは、単なる勘違いのせいだった!/毎日雑学
  • 「13日の金曜日」はなぜ不吉? 宗教的、歴史的、数学的な諸説を検討/毎日雑学
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「10日以降」「10日以後」では10日を含む? 含まない?/毎日雑学

  • 一白水星の2020年は大転換の年。1月は口論に注意、麺類が吉/展望と開運2020(1)

  • “出羽守論法”ってなに?「~では」からはじまる発言の思わぬリスク

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

  • 知ってる? ミーハーの意味と語源。実は英語じゃなく「みいはあ」だった!/毎日雑学

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る