スキルUP

絶大なスルースキル! 「受け流す技術」を身につける方法/谷洋二郎

嫌なことを言われても、それらをスルーするスキルがあればストレスにならずに済みます。今回は「たにちゃんねる」谷洋二郎さんに、スルースキルの鍛え方について教えてもらいます。

スルースキルとは、簡単に言えば、「相手にしない」「無視する」「視野に入れない」といった、「受け流す技術」を指します。

実は、スルースキルは昔から言われている「取捨選択」のことです。スルースキルは情報リテラシーのひとつでしかありません。デジタルデトックスや依存症にも結びつけることができます。

情報過多で、なおかつ24時間プライベートを受発信できてしまう時代になったことで、とてもシンプルな「スルーすること」がとても難しくなっているわけです。

だからこそ、スルースキルの重要性が高まったのです。情報の出し引きの質量が変わるだけで、人間の幸せの感度に大きな影響が出るって面白いですよね。

悲報:単にスルーするだけでは、本当のスルースキルは身につかない

相手にしないことを自己暗示して、スルーしまくれば、スルースキルが高まるかというと、決してそうではありません。スルーすることで、自尊心を打ち消している要素から逃避し、逆に自己嫌悪感が増幅することすらあるでしょう。

他人のSNS、同僚からの指摘、世間のニュース、それらに対して、スルーしたくなる感情を覚える時、その原因は、自分の満たされない内面にあることが非常に多いものです。

自分を幸福にする本当のスルースキルは、単に自尊心を上げて、心の余白をぐっと広げ続けることなのです。

「スルーしましょう!」という啓蒙は、情報を得た時の打たれ弱さに由来しているとも言えます。自尊心の高い人は、情報を」「ぐっと」「ゆっくり」「深く」「広く」「想像的」かつ「創造的」に吸収していきます。なので、反射的に大きな感情を発することがありません。もしかすると、とてつもない不条理すらも、きちんと受け止めて、自分の糧にするでしょう。

逆に、どんなにスルースキルに注目しても、本人の自尊心が低いのであれば、スルーしようがないんです。本人がスルーしたという認識でも、自尊心が低ければ、気になっちゃうわけです。本質的にはスルーしたことにならず、むしろ、貴重な自己対話の機会を失うことにすらなります。

スルースキルの高い人:受け流すのが上手い人とは?

受け流すのが上手な人は、どんな指摘や批判からも学ぼうとする意欲的な人です。自分に向けられる情報に対して「言ってくれて、ありがとう!」と本気で思えるタイプです。

「だって、その情報に自分が感情の色をつける必要なくない? 相手が自分を嫌いなのは情報としてあるけど、そこに凹むってよりは、そのことで相手との絡み方が分かるよね! しかも、嫌いってことは、羨望があるかもしれないってこと。それって、憧れの裏返しとしての感情かもしれないんでしょ?それってむしろ、好きじゃん!今は好きって素直に言えないだけじゃん! だから、もう少し、相手が気持ちよくなる接し方を考えてみるわ! まだまだ人間力上がって、いろんな楽しみが増えそうで何よりです!」

こんな感じに思うこともできますよね。相手が情報に感情をつけてきたり、感情に伴った情報があったり、こちらの反応も反射的かつ感情的になるって方が多いかと思いますが、情報に感情を共存させるリテラシーは法律で定められたものではありません。

「情報と感情は実は切り離せて、冷静になれるんだという視点に立ち続ける」、これが本当のスルースキルを手に入れるコツです。情報と感情を切り離す作業の段階で、自己対話が程よく促され、相手の情報を咀嚼(そしゃく)し、自分に生かすことがうまくなります。

精神的ダメージを流すという意味ではきちんとスルーし、むしろ、自分をさらに知る機会や成長の糸口にするという意味では、相手を踏み台にすらしていますよね。

まさにこれが、スルースキルの高い人、受け流すのが上手い人の情報への対処なのです。

スルースキルを上げる、鍛える方法

最も簡単でパワフルなスルースキルを高める方法は、多様な知を蓄えることです。知や知見や知的体験はスルーせずに、向き合うことで、自分に不要なものをきちんと受け流すようになれるのです。

あなたは知っているからスルー出来るのです。逆に知らないから惑わされるんです。情報弱者という言葉がありますが、まさに彼らはスルースキルが低い人達と言って良いでしょう。

多様な知を蓄えるには、百聞をしながら「一見を味わった人」に出会うことです。結局、新しきを知る時点で、軽い自己否定は喰らいますし、新しきをスルーせずに蓄えるからこそ、スルースキルは積み上がります。

何も築けていない状態で「そうだ! 気にするな! スルーが大事だ!」というのは、焼け石に水どころか焼きを入れているようなものです。

なりたい自分になるための努力をすることも、自然に情報が蓄えられ、スルースキルが高まるコツです。心の余裕は、情報の最終処分を感情から切り離すエネルギーです。

逆に言えば、最初は気にするぐらいに気にしながらも努力をしながら自分を高めた方が、将来のスルースキルはとても高まるんです。

スルーとは無視ではありません。心に溜め込まないことです。なので、参考にした後に、心から切り離すことができるのです。

そして、相手によっては、愛を持って、あなたのスルーしたいことをぶつけてきます。だから、あなたはスルーしたくても、愛をきちんと受け取って、あなたも愛を持って感謝を示しましょう。

たまには、乗っかって凹んでみるのも良い自分を作ってくれます。なので、全部が全部スルーする必要はありません。スルースキルなんて、ほんとに人生においてちっぽけなものです。日頃から自分に向き合って、着実に成長していけば、いずれはスルースキルなんて自然に身につきますから。


谷 洋二郎

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】谷 洋二郎(たに・ようじろう)
クリエイター。ヒアリング、カウンセリング、コーチング、コンサルティング、ディレクション、インタビューなど、あらゆる形態のコミュニケーションに長け、企業や個人向けにデザイン、ライティング、マーケティングの3つの能力でサービスを提供。自ら制作したLINEスタンプ「爆笑ピクト」は、クリエイターズスタンプ全国2位、10万ダウンロードを突破。運営サイト「超モテ男術」は月間約30万PV、自身やメンバーが研究した恋愛ノウハウをメディア化、教材や雑誌にも展開。最近は、経営者向けにクローズドで開始した「一日して欲しいことをひたすらする」という「経営者相棒サービス」が好評。不安定で多様な場所へ繰り出すクリエイターという職業を通じ、日々、様々なコミュニケーションに向き合い、ノウハウ化に努めている。

【書籍紹介】『好かれてしまうトークの極意ー仕事相手や恋愛対象を意識して 〈自己開示〉させたことがない方へ』
自己開示は、相手からの好意を得る最もパワフルな方法だ。自己開示は、人生最強のライフハックである。自分は確実に人に好かれるという絶対的自信が土台にある人生は、見える景色がまるで異なってくる。自己開示と供に人生を歩むことができれば、どんな人も、バラ色に彩られた世界を手に入れることができるだろう。

あなたへのオススメ記事

  • 一歩間違えたらパワハラ扱い…SNS社員との正しい接し方/谷洋二郎
  • 信じるか信じないかは、あなた次第…恐ろしいほど関係が深まる「会話7段階説」/谷洋二郎
  • 相手からサクッと本音を引き出す「例論スワッピング法」が有能すぎる/谷洋二郎
  • 使える! 相手の心を掴む企画書やプレゼンの伝え方/谷洋二郎
  • NEW
    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 【SE女子の日常】ちょっとしたミスが損害につながる/ぞえ

  • 1月27日から仕事運がUPするのはどの星座? 1/27〜2/2の12星座占い

  • 意外にあっけなく縮んじゃう!? 宇宙の終わりってどうなるの?/やべー宇宙の話(6)

  • めちゃ浸かってみたい!「セカンドインパクトの湯」にネット騒然

  • 地球が近く滅亡の危機に!? 北南が入れ替わるやばすぎイベント/やべー宇宙の話(5)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る