スキルUP

“社畜寸前”だった僕が、会社を辞めずに「自分らしい生き方」を見つけるまで/東松寛文氏の「働き方改革」【前編】

平日は普通のサラリーマンとしてガッツリ仕事をしながら、週末と貯金を使って世界一周を達成した“リーマントラベラー”こと東松寛文さん。彼が実践する新しいサラリーマン像「サラリーマン2.0」の極意を聞きました。

本当にやりたいことが見つけられないモヤモヤ

――「“社畜寸前”だった」という東松さんが、今や「リーマントラベラー」として本を出版し、さまざまなメディアにも引っ張りだこになっていますが、そもそもの“きっかけ”は何だったのでしょうか?

東松:広告代理店に入社して6年目の2015年頃、仕事をしていても、なんとなくモヤモヤした気持ちがずっとあったんですよ。

“社畜”というのは大げさかもしれませんが、5~6年もすると仕事はある程度できるようになるし、自分の裁量もどんどん増えていく。そうやって仕事が楽しくなる一方で、「この仕事って、自分である必要はあるのかな……」って感じるようになってきたんです。

「誰でもできる仕事をやっているんじゃないか……」「このままでいいのかな……」というモヤモヤ。きっと誰にでもある感覚だと思うんです。

2~3年目までは、仕事ができるようになるだけで楽しかったし、普通には会えない人にも仕事を通じて会えたりして、充実感を感じていたんです。だけど、少しずつ「仕事にかける情熱」みたいなものが落ちていることに気付いてしまったんです。

――それは別に「仕事がつまらない」というわけではなかったんですよね?

東松:そういうことはまったくなかったです。

ただ「自分が本当にやりたいことが見つけられない」という感覚はありました。

普通に大学を出て、なんとなくサラリーマンになってしまったわけですが、とはいえ、毎日会社で働いて、会社から給料をもらっている以上、「会社の中でやりたいことを見つけなければいけない」という大前提に立っていたんですよね。それがなかなか見つけられないというモヤモヤです。

「20年後の自分」に心が震えるか……?

東松:ちょうどその頃、会社の20歳くらい年上の大先輩が、Facebookに「こんな企画・CMがローンチしました! イェイ!」みたいな投稿をしていて、それに200件くらいの「いいね」が付いていたのを見たんです。会社でも有名な先輩で、世間のみんなが知っているような広告を手がけている人です。

その人のことは当然すごいと思っていましたし、広告の内容自体もすごかったんですが、純粋な僕個人の感覚としては「20年後、これだけしか『いいね』がつかないんだ……」と思ってしまったんです。

――「20年後の自分の姿」が見通せてしまった?

東松:まさにそうです。

その先輩がどうこうという話ではもちろんないんですが、そこで感じた「20年後の自分」に正直「心が震えないな」って思ってしまったんです。といっても、会社を辞めてまでやりたいことがあるわけでもない……。

そのとき、「だったら、会社の外でやりたいことを考えてみよう」と、ふと割り切ることができたんです。

会社って、残業する日もありますけど、基本は1日8時間働いて、残りの16時間は社外にいるわけです。「3分の2は社外にいるんだから、そこでやりたいことを探してみよう!」と、考えが180度切り替わったんです。

その気持ちの切り替えが、大きな“きっかけ”だったと思います。

初めてのNFL観戦(アメリカ・シアトル)
初めてのNFL観戦(アメリカ・シアトル)

次のページ:
自分とじっくり向き合ってわかったこと

    1 2

取材・文:イイダ テツヤ

【プロフィル】東松 寛文(とうまつ・ひろふみ)
1987年岐阜県生まれ。平日は激務の広告代理店に勤務するかたわら、週末で世界中を旅するサラリーマン。社会人3年目以降、6年間で48か国99都市に渡航(2018年10月現在)。TOEICは575点につき、海外ではもっぱらボディーランゲージ。 2016年10月~12月、毎週末海外旅行に行き、3か月で5大陸18か国を制覇。「働きながら世界一周」を達成。同年、『地球の歩き方』から「旅のプロ8人」に選出される。現在もサラリーマンをしながら、TVや雑誌などのメディアにも多数出演。『東洋経済オンライン』、『CLASSY.』をはじめ、連載・執筆も多数。また、年間50回以上の講演も行う。
■Blog:http://www.ryman-traveler.com/
■Twitter:@ryman_traveler
■Instagram:ryman_traveler
■Facebook:@ryman.traveler

【書籍紹介】『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)
旅ほど「働き方」を最速で変える方法はない! 激務の広告代理店で“社畜寸前”だった著者が、会社を辞めずに「週末」と「貯金」を使って3か月で5大陸18か国を制覇した理由を語ります。

StudyWalker「スキルUP」カテゴリの記事を読む
カテゴリ:スキルUP

関連記事

  • やる人生か、やらない人生か。ガチャピンとくまモンに学ぶ、挑戦し続けるためのヒント
  • 半数以上の若手社員が3年以内に転職を意識! 長く続けられる職場の特徴とは?
  • テレワークが浸透する都市生活者の「働く」に注目!「暮らしと住まい」の変化とは?
  • ぶっちゃけどうなの? “二足のわらじ”のメリットとは/偶然の学校【後編】
  • NEW
    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「年を取る」ことは「成長する」こと/「老後の不安」の9割は無駄①

  • 物事に取り組む時は「80%の力」でいい/「老後の不安」の9割は無駄②

  • 「あんなことがしたい」「ここに行きたい」という夢をもつ/「老後の不安」の9割は無駄③

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 定年後の目標を立てるコツ/「老後の不安」の9割は無駄④

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る