スキルUP

思いっきり自分らしく!「サラリーマン2.0」という生き方/東松寛文氏の「働き方改革」【中編】

平日は普通のサラリーマンとしてガッツリ仕事をしながら、週末と貯金を使って世界一周を達成した“リーマントラベラー”こと東松寛文さん。彼が実践する新しいサラリーマン像「サラリーマン2.0」の極意を聞きました。

「サラリーマン」を“選択”して生きる

――書籍のタイトルにもなっている「サラリーマン2.0」というワードは、サラリーマンとしての「新しいあり方」を感じさせるのですが、このタイトルに込めた思いを教えてください。

東松:一応、僕の中では「サラリーマン1.0」から「3.0」まであると思っているんです。

「1.0」というのは何も選択せずに、なんとなくサラリーマンをやっている状態。まさに以前の僕ですね。

それで「3.0」というのは、独立したり、起業したりしている人。もはや「サラリーマンじゃない」という状態ですね。

その間に、自分なりにちゃんと選択して生きている「サラリーマン2.0」という生き方がある。

これって、“現代版『課長 島耕作』”だと思ってるんですよ。昔はサラリーマンのバージョンアップって、「会社の中で出世する」という形しか基本的になかったんですけど、今は社内はもちろん、社外も含めて、いろんな形で「自分の生き方」を実現できます。

たまたま僕は「サラリーマン」と「トラベラー」を組み合わせて「リーマントラベラー」という生き方をしていますが、もっといろんな「サラリーマン2.0」の形、「リーマン○○」があっていいと思っています。

サラリーマンのメリットを最大限生そう!

――今、世の中では「働き方改革」が盛んに叫ばれていて、「副業OK」という会社も増えています。そんな風潮のなかで、「サラリーマン2.0」という生き方はより広まっていくと思いますが、この流れそのものを東松さんはどう感じていますか?

東松:みんなが「自分らしい選択肢」を見つけて「サラリーマン2.0」とか「リーマン○○」を実現していくのはすごくいいと思います。

ただ、僕は「副業」という言葉はあまり好きじゃないんです。「副業」って言うと、すぐに「お金儲けしなければいけない」「利益を生まなければいけない」という発想になると思うんです。

でも、僕の言っている「サラリーマン2.0」って、あくまでもサラリーマンですから、本業としての収入はあるわけです。

だから、別に社外で無理に稼がなくてもいいし、いろんな人と出会っても「ビジネス臭がしないで付き合える」という大きなメリットがあるんです。そんなフラットなスタンスだからこそ、いろんな人が助けてくれたり、応援してくれたりすることも、実際には多いんです。

もちろん、結果としてお金を儲けてもいいんですけど、いきなり「副業」「副収入」と考える必要はないと思います。

副業とか、もっと言えば独立、起業で成功している人たちの話は世の中にいっぱいありますが、実際にはその何十倍もの人が失敗しているわけです。そういう知り合いもたくさんいます。

だから、僕はいきなりそこへ行かなくても、サラリーマンという立場を最大限に生かしながら「自分らしい生き方」、「サラリーマン2.0」を実現するほうがいいと思っています。その先に、「3.0」があっても全然いい。

スーツを干しながら水着でビーチ(アメリカ・マイアミ)
スーツを干しながら水着でビーチ(アメリカ・マイアミ)

次のページ:
「自分のことを考える時間」が未来をひらく

    1 2

取材・文:イイダ テツヤ

カテゴリ:スキルUP
【プロフィル】東松 寛文(とうまつ・ひろふみ)
1987年岐阜県生まれ。平日は激務の広告代理店に勤務するかたわら、週末で世界中を旅するサラリーマン。社会人3年目以降、6年間で48か国99都市に渡航(2018年10月現在)。TOEICは575点につき、海外ではもっぱらボディーランゲージ。 2016年10月~12月、毎週末海外旅行に行き、3か月で5大陸18か国を制覇。「働きながら世界一周」を達成。同年、『地球の歩き方』から「旅のプロ8人」に選出される。現在もサラリーマンをしながら、TVや雑誌などのメディアにも多数出演。『東洋経済オンライン』、『CLASSY.』をはじめ、連載・執筆も多数。また、年間50回以上の講演も行う。
■Blog:http://www.ryman-traveler.com/
■Twitter:@ryman_traveler
■Instagram:ryman_traveler
■Facebook:@ryman.traveler

【書籍紹介】『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)
旅ほど「働き方」を最速で変える方法はない! 激務の広告代理店で“社畜寸前”だった著者が、会社を辞めずに「週末」と「貯金」を使って3か月で5大陸18か国を制覇した理由を語ります。

StudyWalker「スキルUP」カテゴリの記事を読む

あなたへのオススメ記事

  • やる人生か、やらない人生か。ガチャピンとくまモンに学ぶ、挑戦し続けるためのヒント
  • テレワークが浸透する都市生活者の「働く」に注目!「暮らしと住まい」の変化とは?
  • ぶっちゃけどうなの? “二足のわらじ”のメリットとは/偶然の学校【後編】
  • 「仕事」だけが人生じゃない!“二足のわらじ”が可能な理由/偶然の学校【前編】
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 多くの人が誤解している!「生産性」の真の意味/ドラッカーと生産性⑧

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 頭の良さや専門知識よりも重視するべき「経営者の絶対条件」とは?/ドラッカーと生産性⑦

  • ドラッカーが説く、経営者が「利益」よりも大切にするべきものとは?/ドラッカーと生産性⑤

  • 面倒……と思わないで。「途中経過の報告」が仕事の完成度を高める/時短術大全

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る