スキルUP

複業の第一歩は「なぜ複業したいのか?」の深掘りから/明石悠佳

複業をしたいと思ったら、「なぜ」複業をしたいのかを考えることが第一歩です。株式会社サイボウズに勤務しながら複業をおこなう明石悠佳さんに、自身の体験談を語ってもらいました。

「なんのために複業をするのか」が明確なほど、複業のデメリットは少なくなるーー。

前回のコラムで「複業のメリット・デメリット」を書いているうちに、そんなことに気が付いた。

今日は「複業を始めたいときは何から取り組めばいいのか?」について書く予定だけれど、そのときにも、この「なんのために」という視点がとても重要になってくる、と私は思っている。

「複業」をするのはなんのためだろう?

「複業をしている」という話をすると、「私も複業をしたいが、何から始めればいいのかわからない」という相談をよく受けることがある。そしてそんな時には決まって「なんのために複業をしたいのか?」という問いを投げかける。

けれど、この問いに答えられる人はなかなかいない。

「とりあえず本業以外の仕事にチャレンジしたい」「具体的にやりたいことはないけれど、なんとなく複業に興味がある」といった答えを持つ人も多く、その答えが悪いわけではないけれど、それでは具体的に何をしていいかわからなくなってしまう。

「なんのために複業をしたいのか?」という質問にはっきりと答えられるようになること。そのことが、私は複業を始めるときの第一ステップなのではないかな、と思うのだ。

100人いれば100通りの「複業」の形がある

一口に「複業」と言っても、その実態はさまざまである。

本業とはまったく関係のない趣味(たとえば音楽、ダンス、演劇など)を複業にする人、自分のスキルがどこまで通用するか確かめるために本業と同じ職種で複業する人、本業では活かせていない自分のスキルを活かすために複業する人、社外の人脈を増やしたり、おもしろい人と仕事をしたりするために複業する人などーー私の周りだけでもさまざまな目的を持って複業している人たちがいる。

いろんな方々の話を聞くと、複業には、100人いれば100通りの形が存在するのだ、としみじみ思う。

「複業をしたい」。少しでもそう思ったとしたら、自分は「なぜ」「なんのために」複業をしたいのか、自分の「複業の形」についてまずは考えてみてほしい。

私の場合は、1回目のコラムにも書いたように「”自分がいいなと思ったものを伝えたい”という自分のやりたいことは、サイボウズだけでは達成することができないと思ったから」複業を始めた。

だから複業の目的は、「サイボウズ以外の、自分が”いいな”と思ったものを伝える」ことだ。そのために、サイボウズではすることのできない分野での編集・ライター業を複業では仕事にしている。

「目的」が定まったら、具体的にすべきことは自然と見えてくる

目的が決まれば、そのために何をすべきなのかはおのずと見えてくるはずだ。

たとえば私の場合だと、「サイボウズ以外の、自分が”いいな”と思ったものを伝える」という目的を達成するために、下記のような「すべきこと」が見えてきた。

①自分がサイボウズ以外で「いいな」と思うものは何かを具体的に考える
②それらのことについて、周囲からも「あかしさんは●●が好きなんだな」と理解してもらえる状況を作る
③「伝える力」を磨く
④「伝えられる場所」との接点を作る

「すべきこと」が見えてきたら、あとは具体的な手段を見つけ、行動に起こすだけである。

①については、自分の感性を今一度確認するためにnoteでの発信をはじめた。

②については、Twitterで自分の興味があること・いいなと思っていることーーたとえばそれは、本や飲食店や考え方ーーについて積極的に発信して、「あかしさんは本が好き」「飲むのが好き」と理解してもらえるようにした。

③については、そもそも「伝えるスキル」がなくては自分がいいなと思ったことを伝えられるわけがないので、宣伝会議さんの「編集・ライター養成講座」やほぼ日さんの「ほぼ日の塾」などの編集講座に通ってスキルを身につけた。

④については、もともと人と会うのが好きなのでそこまで意識していたわけではないけれど、好きな媒体の編集者の方と知り合える機会などには積極的に出向いて、「伝えられる場所」との接点を作るように心がけた。

このように、「目的」から「すべきこと」を見つけ、「すべきこと」を達成するための「手段」を見つけるーー。そこではじめて具体的な「行動」になるのではないだろうか、と思う。

最初の一歩は「目的」から

このように、複業をはじめるための最初の一歩は「複業をする目的」から考えると見つけやすいのではないか、と思っている。

とはいえ私も、最初からすんなりとうまくいったわけではない(し、今も悩むことだらけ)。次回のコラムでは、①〜④までの具体的な行動や考えていたことについて、もう少し深掘りして書いてみたいな、と思う。


明石 悠佳

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】明石悠佳(あかし・ゆか)
1992年生まれ、 京都出身。 2015年に新卒でサイボウズに入社し、 1年半製品プロモーションの経験を経たのちコーポレートブランディング部へ異動。 現在は「サイボウズ式」の企画編集や、 企業ブランディングのためのコンテンツ制作を担当している。 2018年1月から複業でフリーランスの編集者/ライターとしても活動を行っている。Webコンテンツの編集ライティングに加え、今年は書籍の企画編集にも挑戦中。

■Twitter:@akyska

StudyWalker「スキルUP」カテゴリの記事を読む

あなたへのオススメ記事

  • なぜ「複業」をするのか? サイボウズ勤務の私が複業をはじめるまで/明石悠佳
  • サイボウズに勤めながら「複業」を8ヶ月続けて気づいたこと/明石悠佳
  • サイボウズで働く私が「複業」の目的を達成するために実践してきたこと/明石悠佳
  • 複業を効率よく進めるには“元気なスキマ時間”がねらい目/ぞえ
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • この世から「苦手な人」がいなくなる、たった3つのルール

  • 相撲の取組中に「まわし」が取れたらどうなるの?/スポーツがますます面白くなるクイズ(15)

  • 通勤時間は壮大な無駄! 価格差定期発売から社会改革してみては/こんな働き方(4)

  • たいして親しくない人と2人きりの気まずさを切り抜ける会話術

  • 男の好む「すっぴん」は相当の金がかかる。たぶんあと500万ほど/喜ぶと思うなよ(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る