スキルUP

「エピソード記憶」で忘れない読書法を目指す!/読書のルール

本をたくさん読む人が必ずやっている習慣とは?『本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール』(園善博著)で、読書のテクニックを身につけましょう!今回は第22回目です。

知識は、「経験がともなう記憶」として覚えたほうが忘れにくいと言われています。人間の脳には、知識を「そのときの状況」と関連づけて記憶に留めようとする働きがあるからです。

「小学校の運動会で1等賞になった思い出」や、「初恋の人の顔」を思い出せるのも、当時の状況(時間、場所、景色、感情など)と関連づけて記憶しているからです。

「この漢字は、中学生のときに父親に教えてもらった漢字なので、覚えている」

「この問題は、前回の試験のときに答えられなかった問題なので、覚えている」

このように、個人的な経験がともなう記憶は忘れにくい、と言われています。

過去の経験や感情とつながってインプットされる記憶を「エピソード記憶」と言います。

・エピソード記憶……時間や場所、そのときの感情に関連づけられた記憶のこと。「感情」をともなっているため、記憶に残りやすいと考えられている

名刺交換をしただけの人はすぐに名前を忘れてしまいますが、名刺交換後に相手がカバンを落としたり、知人と同姓同名だったり、共通の友人がいたりするといった、何らかのエピソードが加わると、その人の名前を覚えておくことができます。そのときの状況や感情とともに記憶することで、忘れにくくなるのです。

コタツに入るとお鍋が食べたくなったり、懐メロを聴くと感傷的になったりするのも、エピソード記憶として覚えているからです。

記憶には、エピソード記憶のほかに、「意味記憶」と呼ばれるものがあります。意味記憶とは、「知識としての記憶」のことです。

「1+1=2」といった数式、「日本は島国」という一般常識、「関ヶ原の戦いは1600年」といった歴史的事実など、誰にでも共通する知識としての記憶です。

一般的に、幼児期や小学生のときは、意味記憶が優位で、エピソード記憶が弱い。逆に、10代後半から年齢を重ねるにつれて、エピソード記憶が優位になると言われています。大人になってから、「暗記が苦手になった」と感じたとしたら、それは、年を重ねるごとに意味記憶が弱くなっているからです。

ですから、大人になればなるほど、エピソードと関連づけて覚えたほうが、記憶に残りやすくなります。

本を読むときも、ICレコーダーに自分の声を吹き込むときも、場所、景色、時間、匂い、色など、「自分がどんな状況にいたのか」を覚えておくと、エピソード記憶が働きやすくなります。

たとえば、セミナーを受講していると、
・講師が赤いネクタイをつけていた
・目の前の席の人が自分と同じカバンを持っていた
・セミナー中に指名されて答えられなかった
・遅刻をした人が自分の友人だった
など、いろいろなエピソードがあります。こうしたエピソードと、勉強の内容を結びつけることで、覚える力を高めることができます。

勉強に「聴く」を取り入れるときに、「オーディオブックや本に付属するCDよりも、自分の声を吹き込んだほうが効果は高い」と述べたのも(連載20回目参照)、じつは、「ICレコーダーに自ら声を吹き込んでいる」という「エピソード」がプラスされるからです。

オーディオブックやCDの声は、自分のものではありません。当然、客観的に聴いてしまい、なかなかエピソード記憶を使うことができません。

エピソード記憶は、個人の経験に基づくものですから、自分で声を吹き込んだほうが、働きやすくなります。



園 善博

カテゴリ:スキルUP

【著者プロフィール】園 善博(その・よしひろ)
京都府生まれ。「速習セミナー」主宰。自身の読字障害を記憶のメカニズムにあった読書法で克服。その後、約13ヵ月で日本語、英語の書籍を含め、ビジネス経済関連図書58冊、脳・神経の関連専門図書43冊、心理学関連図書48冊、学習障害(読字障害)関連図書82冊、スポーツメンタルトレーニング関連図書27冊を読破。その経験を活かし、世界最速で8000人の受講者と著者を輩出するカリスマ講師となる。著書に『本がどんどん読める本』(講談社)、『魔法の速習法』(中経の文庫)など。

【著書紹介】『本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール』(KADOKAWA)
本を読む気になれない、本を読んでも集中できない、そもそも、本を読んでも頭に入ってこない…。そんな悩みは、この本を読んで解決しましょう。読書が得意な人が必ずやっている習慣を身につければ、みるみる本が読めるようになり、読んだ本の内容が記憶にしっかり残るようになります!

あなたへのオススメ記事

  • 書店に「毎日」足を運ぶと見えてくることって?/読書のルール
  • 本の「わかりやすさ」を見抜く手順がある!/読書のルール
  • 「ダメ本」と出合うことは、本が読めるようになる大切なレッスン/読書のルール
  • ネット書店で本を買う「3つ」のコツとは?/読書のルール
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 自分史上最大の事件勃発! ついにひと皮むけた!?/コミュ障は治らなくても大丈夫(6)

  • まず一喜一憂をやめてみる。折れない心の作りかた/自己肯定感の教科書(4)

  • 空気読みすぎて……自分の感情が出せなくなった/コミュ障は治らなくても大丈夫(5)

  • 失敗が人見知り女子を日本一のキャバ嬢に! 後天的コミュ力の磨き方/億稼ぐ技術(9)

  • 電車の騒音にイラついたら【毎日でぶどり】/橋本ナオキ

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る