スキルUP

複業のススメ。フットワークを軽くして、業界を「越境」していこう/俵谷龍佑

会社員の間でも、複業をすることが徐々にスタンダードになってきています。今回はブロガーの俵谷龍佑さんが、複業で得られるメリットや今後必要になるスキルなどについて語ります。

フリーランスの俵谷龍佑です。

ここ5年で、世の中の働き方が大きく変わってきました。残業が規制され、複業が解禁され、大きな転換点を迎えようとしています。

会社員の間でも、複業をすることが徐々にスタンダードになってきつつあります。間違いなく、直近5年で大きく働き方のモデルが変革するでしょう。

そこで今回は、複業のススメということで、フリーランスの僕の実体験を踏まえながら複業で得られるメリットや今後必要になるスキルなどについて書いていきたいと思います。

業界を「越境する者」が増え、異業種が柔軟に溶け合っていく

会社にいれば、将来安泰。昔はこんな言葉がありましたが、大手企業の倒産や合併などにより、こういった認識は改められるようになりました。

多くの企業で残業問題が表面化したことで、会社に出勤して働くという働き方自体を見直す動きが出てくるようになりました。リモートワーク、テレワークがその良い例です。政府が「複業解禁」を発表したのも大きな転換点になっています。

ここでいう「越境」とは、「複業によって他の業種にも関わること」を指しています。複業する人が増えれば、こういった越境をする人が増えていきます。

従来、それぞれの業界自体は縦割りでしたが、今後は異業種同士が溶け合い、どんどんと境界線があいまいになっていくでしょう。

組織での関係性は、「上下」から「並列」に変化するだろうと予想しています。

組織だと、どうしても上下関係が存在してしまいます。しかし、複業では個人同士がゆるく連帯していくため、「並列」の関係になります。

つまり、目標に対して強制的にコミットさせられる、チャレンジを失敗しても責められるということが起きにくくなります。むしろ、チャレンジをして失敗したことが次のアイデアの種として重宝されます。

スキルを有効活用でき、埋もれていた自分の強みに気づける

同じ場所にいると、どうしても単眼的な視点になってしまうもの。しかし、複数の場所にいることで、様々なスキルを吸収でき、さらにそれまで培ったスキルを他の場所で活かす、実践することができるようになります。

同じ場所ではどうしても自分の役割は限られてしまい、強みを発揮できる部分も限られてきます。

これは僕の実体験でもありますが、前職ではエクセルを多用する業務をしていて、人並み以上にエクセルはできたのですが、あまりにも業務内容が不向きなのと、周りがエクセルを使いこなしていたために、低い評価を受けていました。

しかし、会社を辞めてフリーランスになって会社の外に出た時、自分がむしろ弱みとさえ思っていたエクセルのスキルを求められる機会が多く、「強み」であることに気づくことができました。

これは、環境を変えなければ、ずっと気づくことはなかったと思います。このように、複数の場所にいることで偶発的に自分の強みが発見されることもあります。

複業をすると活躍の場所が増えるため、精神的に依存しなくなります。もし、会社でうまくいかなくなっても、「なんとかなる!」という余裕が生まれるようになります。複数の仕事を両立させるために、生産性も向上していきます。

あらゆる仕事がコモディティ化し、「個の力」に集約される

複業が気軽にできるようになり、今後さらに複業人口は増えていくでしょう。インターネットの技術進展もあいまって、専門的な仕事はどんどん減っていくでしょう。

そうすると起こるのが「コモディティ化(一般化)」です。これは、あらゆる業界で起こると言われています。

では、コモディティ化したときには、どういったことが大切になるのでしょうか? それは「個の力」です。個の力を作り出すには以下の2点を押さえておくことが重要です。

・スキル×専門分野の掛け合わせの数
・「自分ならでは」の文脈を作ること

スキルや専門性は今後減っていきますが、掛け合わせることで価値を倍増することができます。さらに、そこに「自分ならでは」の文脈を加えることができれば、唯一無二の独自の価値を作りあげることができます。

柔軟な働き方を認めてくれる環境に身を置く

複業といっても、いろいろな方法があります。複業=事業を立ち上げることがすべてではありません。

週3回ベンチャー企業、週3回大手企業など、柔軟な働き方を認めてくれる会社も多くあります。そういった環境に転職して、自分に合った働き方を作っていくことができます。

ぜひ、本日これをきっかけに複業にチャレンジしてみましょう。


俵谷 龍佑

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】俵谷 龍佑(たわらや・りゅうすけ)
Webライター、ブロガー、音楽イベンター、ボーカリストなど様々な顔を持つ。「遊びが仕事に。仕事を遊びに。」を信念に、1箇所に囚われず、地方都市や様々な場所で仕事をする神出鬼没なノマドワーカー。働き方、自身のADD(注意欠陥障害)改善の記録、仕事効率化、ITをテーマとしたブログ「おれじなる」を運営。

StudyWalker「スキルUP」カテゴリの記事を読む

あなたへのオススメ記事

  • 「決断疲れ」に陥っていませんか? 決断のスピードを早くする方法/俵谷龍佑
  • 自分のやる気に頼ってはダメ? 新しいことを簡単に習慣化するコツ/俵谷龍佑
  • プロのWebライター直伝!正しい情報を見抜くポイントとは?/俵谷龍佑
  • 人見知りでも問題なし! コミュ力は話した人の数で決まる/俵谷龍佑
  • NEW
    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • もはや戦闘不能! モテ男の雑な扱いに揺れる情緒/ほむら先生はたぶんモテない(6)

  • 関東私鉄で一番儲かっている「東急」のまちづくりが有能と話題に

  • 名刺にニックネームを入れる【営業マル秘テク】/えりた

  • 目からウロコ! 「紙の手帳」のカスタマイズが意外と面白い

  • 真面目にやってる? 仕事に緊張感の足りない部下につけるべきクスリとは/コミュ力向上塾(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る