スキルUP

村上春樹やヴェートーベンは朝型だった! “朝型人間”の知的生活/堀正岳

あなたの知的生活は「設計」できる! 『知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略』(堀正岳著)で、ちょっとした習慣を続けるだけで知的生活を実現できる方法を学びましょう。今回は第3回目です。

メイソン・カリー氏の“Daily Rituals(『天才たちの日課』)”は、作家、学者、音楽家などの過去から現代までの様々な著名人たちがどのように一日を過ごし、どのような習慣をもっているのかを膨大な文献や研究から調査したすばらしい本です。

偉大なアーティストの日常がかならずしも常人を卓越した厳しい規律だけでできているのではなく、自堕落であったり、妙に偏執的であったり、奇妙な日課で構成されていることがわかるのが本書の醍醐味です。執筆中はタバコを12本に制限すると決めて数えているトーマス・マンや、ベッドに横たわらないとインスピレーションがわかないトルーマン・カポーティといった話題は親近感がわくとともに、どこかで納得できるものばかりです。

本書に登場するクリエイターのすべてが朝型ではないものの、繰り返し登場する一つのパターンが、起床し、朝食を軽くとるとすぐに仕事にとりかかり、そこで1日のほとんどの成果をあげると午後は散歩や、交遊の時間に費やすというものです。

特徴的な人物を26名とりあげて、睡眠時間と仕事時間、そして本業や、運動や、交遊の時間をインフォグラフィクスにしたものをPodioが制作しており、その傾向は如実に窺えます。

たとえば村上春樹やヴォルテールは午前4時に起床してすぐに仕事にとりかかっていますし、ベートーヴェンやユーゴーは午前5時に起床してやはりすぐに仕事にとりかかります。もっと時間が遅いトーマス・マンやフランクリンなどもいますし、まったく逆に夜に創作のピークがあるカフカ、フローベール、ピカソなどといった人物もいます。

しかし朝型のアーティストはやはり多い傾向がありますし、そうした朝型の人物は起床するとすぐか、半時間ほどの朝食のあとにすぐにクリエイティブな仕事にとりかかっています。起きて、すぐに最も大切な仕事にとりかかることができること。これが朝型の知的生活を持続している人の特徴なのです。

朝型のテンプレート

私自身は朝型の知的生活者ではありませんので、一般的に早起きをしていわゆる「朝活」をしている人々の例をモンタージュにしてみたのが以下の図になります。

ここでポイントになるのは二つの点です。出勤時間を8時台とした場合に何時までに起床して、どのくらいの知的生活の時間を確保するかと、夜は何時までに就寝するかです。

たとえば私の知り合いには常に午前4時の起床を心がけ、4時から7時までは書籍の執筆にあてているという人もいます。その場合、夜の10時前には就寝する必要があるため、読書時間は帰宅後から眠るまでの一瞬に行うといったように、工夫をしていると聞きます。

夜にすべての活動を集中させる夜型に比べて、朝型の人はクリエイティブな活動を起床後の最も集中できるタイミングで実行するかわりに、知的生活は朝と、夜の眠る前の2カ所に分離する傾向があるようです。これは先程のメイソン・カリー氏の著作のインフォグラフィクスにもみえる傾向です。

朝型のメリット

朝型と夜型のどちらがよいかについては様々な研究や調査があり、一概にはいえないものの、朝型の人が持っている傾向として「プランニングが得意」「ポジティブで能動的な仕事の仕方をする」といったものがあることが知られています。

また、起床してから午前中に集中力のピークを迎えるために、仕事の効率がその時間帯で最も高い傾向もあります。後述するとおり、朝型・夜型のスタイルは自分では選べないケースもありますので、自分が朝型に近いと意識したならば、本業や知的生活をその時間帯にもってくることで、自分の性質を有利に使うことが可能でしょう。

一方、就寝時間を乱す傾向がある夜の急な予定や、不規則な仕事のペースは他の部分で吸収することが難しいために注意が必要です。

朝型にシフトする場合の生活の設計

いま夜型の人が朝型にシフトする場合には、早起きは意思の問題だと考えて準備なしに取り組むのではなく、必要な平均的な睡眠量、前日の食事の時間、そして目覚めるための手段の三つを意識して、新しい生活を設計するのがいいでしょう。

必要な平均的な睡眠量は人によって6~8時間を中心として幅がありますので、Apple Watchや活動量・睡眠トラッカーといったウェアラブルデバイスを利用してデータをとって把握しておきます。

また、体内時計は食事と消化のタイミングによって大きな影響を受けることが知られていますので、早起きがうまくいかないときは、前日の夕食や夜食のタイミングも調整してみます。

目覚める手段にも一工夫しましょう。アラームだけではなく、IFTTTとIoT家電による自動化も活用して、自動的に部屋が明るくなり、空調がかかるようにするなどといった準備をすることができます。

著:堀 正岳

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】堀 正岳(ほり・まさたけ)
研究者・ブロガー。北極における気候変動を研究するかたわら、ライフハック、IT、文具などをテーマとしたブログ「Lifehacking.jp」を運営。知的生産、仕事術、ソーシャルメディアなどについて著書多数。理学博士。

【書籍紹介】『知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略』(KADOKAWA)
今日から始めることが「10年後の自分」を支える。
「趣味」「読書」「情報発信+情報整理」「書斎」「アプリ・ツール」「お金」まで……。毎日のちょっとした習慣を積み上げれば、誰でも知的生活を実現できる!

あなたへのオススメ記事

  • 年収と睡眠時間は深い関係が!? 稼ぐ人とそうでない人の違いやいかに
  • プログラミングは現在の“基礎教養”である/堀正岳
  • オバマ元大統領は夜型だった! “夜型人間”の知的生活/堀正岳
  • 日常にブースト! 自分の「隠しコマンド」の見つけ方/堀正岳
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • なぜ15・30・45じゃないの!? 謎すぎるテニスのスコアの数え方/毎日雑学

  • 【SE女子の日常】テキストエディタは黒地白文字にしがち/ぞえ

  • 「イルカ」と「クジラ」の違いを説明せよ!/違いがわかる雑学クイズ(8)

  • 自由すぎると仕事がはかどらない【毎日でぶどり】/橋本ナオキ

  • 「禁錮刑」と「懲役刑」、罪が重いのはどっち?/違いがわかる雑学クイズ(9)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る