スキルUP

オバマ元大統領は夜型だった! “夜型人間”の知的生活/堀正岳

あなたの知的生活は「設計」できる! 『知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略』(堀正岳著)で、ちょっとした習慣を続けるだけで知的生活を実現できる方法を学びましょう。今回は第4回目です。

「私は夜型(Night Owl)の人間だ。朝は運動をして、朝の9時にはオフィスにつき、午後の6時半ほどまで仕事をする。そして家族と夕食をとり、子供と過ごして8時半には彼らを寝かせる。そして書類仕事を11時半ほどまで片付ける。そして寝る前に半時間ほど読書をして、夜半か、0時半には眠りにつく。ときには、もっと遅いこともある」

このように述懐するのは大統領に就任しておよそ1年後のインタビューに答えているバラク・オバマ氏です。世界で最も忙しい仕事の一つに就いているにもかかわらず、どこか穏やかで、孤独を楽しむ余裕すら感じられるのは、夜型のライフスタイルが影響しているのかもしれません。

知的生活のための時間を確保するためには、24時間の時間の使い方を設計することも必要です。いつ起床して、いつ頃仕事に行くのか。忙しい場合でも何時には帰宅し、家族とどのように過ごし、何時から自分の時間を確保するのか。それぞれの日は多少時間が前後することがあっても、理想的にはこのように時間を過ごしたいというテンプレートがあるといいでしょう。

夜型のテンプレート

まとまった知的生活の時間を確保するのに、大きく分けて夜型と、朝型の2種類があります。

この二つはある程度は選択することも可能ですが、体内時計は年齢やその人の性質にも関係しているため、意志の力だけでは変えられない場合もあります。自分がどちらのタイプかは、しばらく両方を試して最も習慣化しやすいほうを選ぶのがよいでしょう。

その大きな分かれ目が、集中力が夜になっても途切れないかどうかという違いです。2009年にリエージュ大学の研究者が十数人の極端な朝型の人と、極端な夜型の人を比べたところ、夜型の人は起床してから10時間以上経過しても集中力や、判断力が鈍らなかったのに対して、朝型の人は相対的に脳活動が低下するという結果がみられました。

これはつまるところ、朝型の人の集中力のピークは午前中にあり、夜型はむしろ午後遅くから夜にかけて集中力が持続する傾向があるということです。みなさんも経験から、自分が最も集中力の高まる時間帯や、夜の何時までなら活動できるかを知っていると思います。知的生活の24時間テンプレートは、これを意識して設計する必要があるのです。

知的生活を続けるなかで、最も能率が高い時間、読書などをしていて最もはかどる時間帯がしだいに見えてくることでしょう。また、最初に疲れてあくびが出てくる時間帯もしだいに意識できるようになるはずです。

こうした体内時計のもたらす集中力の波は、意志の力だけでは変えられません。むしろ我々のほうでピークの時間に自分の知的生活をもってゆけるように調整するほうが賢いのです。

私の24時間テンプレート

私もオバマ大統領と同じ、夜型のタイプです。朝の7時くらいに起床して8時から9時のあいだには職場に行き、それから夜の19時前後まではオフィスで本業についています。それから自宅に帰り、家族と食事をとって子どもたちを寝かしつける21時までは家族中心の時間です。そして21時から、午前1時頃までが、私の知的生活のコアタイムです。

この4時間のあいだに、アメリカの朝のニュースに追いつき、ブログを書き、読書をして、さらに書籍の執筆や他の雑用をこなしています。

私が夜型の生活を好むのは、性格的な理由もあります。原稿を執筆しているとき、読書を楽しむとき、私はどこからも別の声が聞こえることがない、おそらくほとんどの人が眠っているであろう静けさのなかにいるほうが心が落ち着きます。

松岡正剛氏は読書は「夜に根っこをのばす」(『多読術』)と表現しましたが、私の場合は雑音がきえ、自分の思考が妨げられることなく広がるように感じられるこの時間だからこそ、できることがあるように感じられます。それはまるで翼を広げるような感覚なのです。

夜型の人の注意点

夜型のテンプレートを組む場合、当然注意すべきは睡眠時間の確保です。放っておけば午前2時でも、3時でも問題なく起きていられる夜型人間にとっては、どこで切り上げるかを決めておくのが大事です。

睡眠時間があまりに短い状態が長く続けば、結局は昼間の能率も下がりますし、病気のリスクが高まって長期的な知的生活どころではありません。睡眠時間と関わりなく、夜型の人のほうが死亡リスクや、心理的な疾患の可能性が有意に高いという研究結果もイギリスでは報告されており、なにごとも程度しだいだということがわかります。

睡眠時間の限界ラインと、コーヒーなどのカフェインの入った飲み物を飲んでいい最後の時間といったように、夜型の暴走を食い止める設計を取り入れることも、長い目でみると重要なのです。

著:堀 正岳

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】堀 正岳(ほり・まさたけ)
研究者・ブロガー。北極における気候変動を研究するかたわら、ライフハック、IT、文具などをテーマとしたブログ「Lifehacking.jp」を運営。知的生産、仕事術、ソーシャルメディアなどについて著書多数。理学博士。

【書籍紹介】『知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略』(KADOKAWA)
今日から始めることが「10年後の自分」を支える。
「趣味」「読書」「情報発信+情報整理」「書斎」「アプリ・ツール」「お金」まで……。毎日のちょっとした習慣を積み上げれば、誰でも知的生活を実現できる!

あなたへのオススメ記事

  • 別の職種でもヒントになる!? 月収3000万円を稼ぎ出した“銀座のママ”の仕事術
  • プログラミングは現在の“基礎教養”である/堀正岳
  • 村上春樹やヴェートーベンは朝型だった! “朝型人間”の知的生活/堀正岳
  • 日常にブースト! 自分の「隠しコマンド」の見つけ方/堀正岳
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • なぜ15・30・45じゃないの!? 謎すぎるテニスのスコアの数え方/毎日雑学

  • 遠回しすぎて伝わらない「嫌味」選手権がネットで盛り上がる

  • 【SE女子の日常】意外とアクティブなエンジニアもいる/ぞえ

  • 「駐在所」と「交番」は何が違う?/違いがわかる雑学クイズ(10)

  • 営業1年目の夏。憧れの先輩との出会い/えりたの新人営業マン成長記(1)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る