スキルUP

努力には「本物」と「ニセモノ」があった!/東大思考法⑦

「がんばっているのにうまくいかない」「なかなかやる気が出ない」……悩みや不安、モヤモヤを消し去り、人生を劇的に変える思考法を『東大家庭教師の 頭が良くなる思考法』(吉永賢一著)で学びましょう(第7回)。

「4つの努力」を続けていく

【あなたは「見せかけの努力」をしていませんか?】

みなさんの多くは、「努力をする」ということを非常に大切なことだと思っていますよね。私も、人生を改善していくためには、「努力」は欠かせないと考えています。

ただし、努力はやみくもにすればいいというものではありません。

努力には、「ニセモノの努力(見せかけの努力)」と「本物の努力」があるのです。人生をよりよくしたいと思うのだったら、この2つをきちんと区別をし、「本物の努力」にだけ注力していかなければなりません。

では、「本物の努力」とは、どのようなものでしょうか? それは次の4つです。

①結果が出ていることを、やめない努力

②結果が出ないことを、やめる努力

③結果が出ることを、はじめる努力

④結果が出ないことを、はじめない努力


この4つには「努力」がいるんですね。意識してやっていく必要があります。

こう書くと、当たり前のことのようですが、私たちはその逆をついついやってしまいます。

そして、「こんなに努力をしているのに、うまくいかない」という人は、たいてい、この4つの努力の逆をやってしまっていることが多いといえます。


①「結果が出ていることを、やめない努力」

「結果の出ていること」は自分に合っているのです。結果が出ているかぎり、その行為をつづければ、得られる結果を最大化することができます。ところが、私たちは、あることがうまくいき出すと、それに飽きてしまいます。そして、「もっと自分に向いているものがあるのでは」と、新しいことに手を出そうとしてしまうのです。つまり、「結果が出ていることを、やめてしまう」のです。


②「結果が出ないことは、やめる努力」

私たちは、結果の出ないことにハマる性向があります。「なんとしても結果を出してやる!」と意地になってしまい、いつまでもつづけてしまいます。パチンコしかり、返信をくれない恋人にしつこくメールを送るなどなど。

しかし、行なっても結果が出ないということは、結局、「テスト」に合格できなかったのです。そんなところにエネルギーを注ぐのは、自分自身を消耗させてしまうだけ。次の手法をテストしたほうが、前に進んでいけます。


③「結果が出ることを、はじめる努力」

この逆は、結果が出そうなのに、ついつい面倒になって、結局何もしないというケースです。信頼している人から、「こうしたほうがいいのでは?」とアドバイスされても、そのときは、「はい、やってみます!」と言うものの、結局、やらずじまいということ、ありますよね。


④「結果が出ないことを、はじめない努力」
人はどうでもいいことにすぐに飛びつきがちです。「面白いよ」と言われて、考えもせずに着手したり、あるいは、世間への見栄から自分には合わない学校を受験したり、職種についたり……。悪い遊びにハマるのも、そうですよね。

しかし、結局、結果が出なければ、それまでに費やしたエネルギーが大損になってしまいます。

努力が報われるのは、正しい方向に向いているときだけです。結果の出ないことは、はじめてはいけないんです。仮に誘惑を感じても、断ち切りましょう。そして、見向きもしないことです。かわりにあなたのエネルギーを、結果の出ることをつづける、あるいははじめることに向けてください。



吉永 賢一

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】吉永 賢一(よしなが・けんいち)
東京大学医学部家庭教師研究会代表。1971年生まれ。2歳で父親から計算を教わり、小学生時代に藤田田、トニー・ブザン、カーネギー各氏の書籍に感銘を受ける。91年東京大学理科Ⅲ類(医学部)入学、学費捻出のために家庭教師のほか、10種近くの職業を経験。しかし「教えること」を天職と思い定め、2005年に医師になることを断念。教師としては23年間の指導歴をもち、過去に指導した生徒は1500人を超える。短期間に偏差値50台→70台など劇的な変化をみせる生徒も多く、生徒および保護者から絶大な信頼を寄せられている。著書として、『東大家庭教師が教える』シリーズ(KADOKAWA)では累計16万部超えに。そのほか『東大家庭教師の結果が出るノート術』(あさ出版)、『CD付 東大家庭教師の必ず結果が出る英語トレーニング』(学習研究社)などがある。

【書籍紹介】『東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法』(KADOKAWA)
結果を手にする人の考え方、問題解決のための思考法を大公開。本書を読むことで、「悪い思考」の呪縛から逃れ、人生を好転させる「良い思考」を身につけることができます。

あなたへのオススメ記事

  • みるみる「自信」が磨かれる“1秒ルール”とは?/東大思考法③
  • 「あいまいな言葉」が思考を鈍らせる/東大思考法④
  • 生活の中に潜む“ウソ”を排除せよ!/東大思考法⑤
  • 「やる気リスト」で思考力を高める/東大思考法⑥
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 空気読みすぎて……自分の感情が出せなくなった/コミュ障は治らなくても大丈夫(5)

  • 僕って日本一からみづらいアナウンサー!? トホホな称号をゲット/コミュ障は治らなくても大丈夫(4)

  • まず一喜一憂をやめてみる。折れない心の作りかた/自己肯定感の教科書(4)

  • ほとんどの人が勘違い!? 「テンパる」の本来の意味はポジティブだった/毎日雑学

  • いざ、アイドルにインタビュー! でも臨機応変にはほど遠く…/コミュ障は治らなくても大丈夫(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る