スキルUP

たったひとつの冴えたマネジメント法をお探しのあなたへ/倉下忠憲

マネジメントを実践するためには、「マネジメントとは何か?」の原則論を知ることが大切。今回はドラッカーの『マネジメント』をとりあげ、プレイング・マネージャー向けの「読み方」をお伝えします。

プレイング・マネージャーになったら、マネジャー向けに書かれた本を読むことで、その仕事の進め方や考え方を学ぶ必要があります。

そこで今回は必読書ともいえるピーター・F・ドラッカーの『マネジメント』をとりあげ、プレイング・マネージャー向けのポイントとその「読み方」をお伝えします。

『マネジメント』には赤本の三部作(上・中・下)もありますが、コンパクトにまとまった『マネジメント[エッセンシャル版] ー 基本と原則』(ピーター・F・ドラッカー (著)、上田 惇生 (翻訳)、ダイヤモンド社)でも十分に読み応えがあります。

今回は、このエッセンシャル版をもとに説明します。

マネジメントとは?

マネジメントを実践するためには、具体的なノウハウよりも先に「マネジメントとは何か?」を知る必要があります。

マネジメントの定義、そして機能を知らなければ、適切な実践など行なえません。

ドラッカーはまず、マネジメントの役割を3つ掲げます。

1. 自らの組織に特有の使命を果たす。
2. 仕事を通じて働く人たちを生かす。
3. 自らが社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題について貢献する。

1つめの「自らの組織に特有の使命を果たす」は、わかりやすいでしょう。

それぞれの企業は、独自の目的・目標・使命を持っているわけで、それを達成するためにリソースを適切に分配するのはマネジメントの大切な役割です。

企業と働き手、社会との関係をふまえる

では、残る2つの役割はどうでしょうか。これは案外見過ごされているかもしれません。

企業と従業員が雇用関係にあるとき、そこには「働いている」「働いてもらっている」という二重の関係が成り立ちます。決して一方的な関係ではないのです。

たまに、従業員に対して「働かせてやっている」という傲慢な態度を取る企業もありますが、ドラッカーからすればそれは大きな過ちです。

「現代社会においては、組織こそ、一人ひとりの人間にとって、生活の資、社会的な地位、コミュニティとの絆を手にし、自己実現を図る手段である。当然、働く人を生かすことが重要な意味を持つ。」(『マネジメント エッセンシャル版』より)

企業は、働き手の人生(という時間)を借り受けるわけで、そのことに対する責を持ちます。

そのため、なるべく働いている人に、その力を発揮してもらえるように(そして、仕事に満足を感じてもらえるように)することが必要だとドラッカーは説きます。

また、企業は安定的な社会があってはじめて成立できるものなので、企業は社会に与える影響を考慮し、またその成果を社会に還元する必要性も説いています。

つまり、企業を独立的なものとして捉えず、社会に位置し、働き手が参画してくれることで成立する組織体として捉えているわけです。そして、そのつながりの調整を行なうのがマネジメントの役割、というわけです。

もちろん、一介のプレイング・マネージャーに、社会への影響を抜本的に改善することはできないでしょう。

それでも、働く人たちにその力を発揮してもらえるように環境を整えるよう努めることはできるはずです。

基本を学び、応用することが重要

では、具体的にどうすればいいのでしょうか。ドラッカーはそれを事細かには説明してはいません。

むしろ本書では、タイトルが示す通り徹底的に「基本と原則」に注力しています。なぜでしょうか。本書には次のように書かれています。

・「それらの基本と原則は、それぞれの企業、政府機関、NPOの置かれた国、文化、状況に応じて適用していかなければならないい」

・「マネジメントが万能薬ではなく、挑戦であり仕事であること、いかに洗練されようとも魔法の杖ではないことがわかったからだった。」

つまり、「たったひとつの冴えたマネジメント法」というのがあり、それを愚直に実行していれば、確実に成果が上げられる、というものではなく、基本と原則を理解した上で、それぞれの状況に合わせて適切な手を打っていくことがマネジメントでは必要だ、ということです。

即効性のない答えなので、いささか残念かもしれません。

しかし、逆に考えれば、マネジメントの基本と原則を理解していれば、さまざまに異なる状況に直面しても、――懸命に頭を働かせることを厭わなければ――その状況に対応していける、ということでもあります。

具体的で即効性のあるノウハウは、すぐに役立つものの、状況が変われば一瞬で役立たずになってしまう可能性があります。変化の激しい現代では、きちんと基本と原則を理解しておく方が有用でしょう。

本書で、基本と原則を理解する

本書では、企業とは何か、その中でのマネジメントの役割と機能は何か、マネージャーの仕事とは何か。広い視野において、基本と原則が解説されていきます。学ぶべきものがたくさん詰まった一冊です。

もしかしたら、難しい本のように感じられるかもしれません。しかし、ドラッカーは難解な言葉を使わず、端的に、いっそバッサリと表現してくれるので、内容自体は掴みやすいでしょう。

本書で、基本と原則を理解しておけば、以降具体的なノウハウ知識を仕入れても、その活用度は大きく変わってくるはずです。ぜひとも一度手にとってみてください。


倉下 忠憲

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】倉下 忠憲(くらした・ただのり)
1980年、京都生まれ。ブログ「R-style」主宰。コンビニ業界で働きながら、マネジメントや時間・タスク管理についての研究を実地的に進める。その後、執筆業に転身。現在は書籍執筆やメルマガ運営を主とする物書き。著書に『EVERNOTE「超」仕事術』『Scrap box情報整理術』(C&R研究所)、『ハイブリッド発想術』(技術評論社)などがある。自分で出版を行うセルフパブリッシングも意欲的に取り組んでいる。

【書籍紹介】『マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 』(ダイヤモンド社)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 膨大な本の中から「読むべき本」を選ぶコツとは? プレイング・マネージャーの読書術①/倉下忠憲
  • 読書に“メリハリ”を利かせるコツは? プレイング・マネージャーの読書術②/倉下忠憲
  • 「読むだけ」で終わらせない! “ノウハウ本”の活かし方とは? プレイング・マネージャーの読書術③/倉下忠憲
  • プレイングマネージャーのままな人、マネージャーになる人の違い/倉下忠憲
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 豊臣秀吉は6本指だった!? 先天性奇形異常多指症の証拠が2つの文献に/毎日雑学

  • WordやExcelなどが1つに!「Office Mobile」アプリが有能と話題に

  • なぜ時間を奪う!? 帰国後驚いた社員を信用しない日本の企業文化/こんな働き方(1)

  • まさか俺、モテている!? ほむら先生とスーツ効果/ほむら先生はたぶんモテない(11)

  • 相撲の取組中に「まわし」が取れたらどうなるの?/スポーツがますます面白くなるクイズ(15)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る