スキルUP

成功したときの自己イメージを持つ/仕事が速い人の段取りの仕方⑤

「残業続きで毎日しんどい」「何から手をつけていいのかわからない」。その原因は、本人の努力や能力が足りないからではありません。『仕事の速い人が絶対やらない段取りの仕方』(伊庭正康著)より、残業せずに結果を出し続けるための「段取り」のコツをご紹介します(第5回)。

「イケてるセルフイメージ」を持つ

人は、人から見られているであろう「自己のイメージ」に合わせて行動を選択します。「自分は段取り良くサクサクと結果を出す人である」といった自己イメージを持ってみましょう。きっと、その姿に自分が近づいていくはずです。


【「勘違い」もやれば「本当」になる】

人間の意志なんて、それほど強くないものです。

気持ちの昂(たか)ぶりで「ダイエットするぞ」と決めても、つい目の前のクッキーを食べてしまうことはないでしょうか。ダイエットで肝心なことは、我慢することではなく、「成功したときの自己イメージ」をどれだけ鮮明に持てるか、で決まるといいます。

『影響力の武器』(誠信書房)の著者であるアメリカの社会心理学者、ロバート・B・チャルディーニ氏も、「他者が自分に対して抱いているイメージに、人は、自己イメージを合わせようとする」と言っています。


この考えを応用して、「他者があなたに対して抱いているイメージ」を自分で作ってしまいましょう。自分の「イケてるイメージ」を社内に伝播させるべく、あえてサクッと帰るようにするのです。

たとえば、こんなイメージ。


•週に3回はジムに通って自己鍛錬している人
•新作の映画はいつもチェックしていて、話が面白い人
•毎日、家族とご飯を食べ、子どもとお風呂に入る家庭的な人
•月に1回は弾丸で旅行に行く好奇心旺盛な人


つまり、どんなことでもOK。そのイメージの自分になるべく、仕事後にプライベートの予定を入れてしまうことで、帰らざるを得ない環境を作ってしまうのです。

かつて、私もこの方法に助けられました。選んだのは英会話。恥ずかしながら、「英語に強い人」とは認識されませんでしたが、「成長意欲の高い人」とは思われるようになったので、早く帰りやすくなりました。

あとは平日も週2回はジムに行くと決めたことで、体に気を使う人だと思われるようになり、「今日もジムに行くの?」と声をかけられるようになりました。

あれから20年。今なお、ジム通いは続けています。いずれも実際にやってみて、自己イメージを高めることの重要性に気づかされました。


当時から、いつもズルズルと残業する人とは絶対に思われたくなかったですし、結果として周囲もそう見てくれていたように感じます。

だからこそ、自分を追い込めたのだと思います。そう考えると、「こんな人になりたいと思ったら、そのようになれる」というのも言い過ぎではない、というのが私の確信です。あなたは、どんなセルフイメージを持ちますか?

◇ ◇ ◇

「自分のイメージ」を考えながら行動する

×【NG】「気持ちの昂(たか)ぶり」だけでトライする
気合と根性があれば「決めたこと」を実行できると考えてしまう。しかし、昂ぶりが収まるにつれて、決めたことがなし崩し的にできなくなってしまいます。

○【OK】「成功イメージ」を持ってトライする
「決めたこと」を実行できる人は、人の意志など弱いものと考えています。だからこそ、決めたことをせざるを得ない環境を作ることで、流されないようにしているのです。

伊庭 正康

【著者紹介】伊庭 正康(いば・まさやす)
株式会社らしさラボ代表取締役。1991年リクルートグループ入社。リクルートフロムエー、リクルートにて法人営業職として従事。プレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で年間全国トップ表彰4回を受賞。累計40回以上の社内表彰を受け、営業部長、(株)フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。2011年、研修会社(株)らしさラボを設立。リーディングカンパニーを中心に年間200回を超えるセッション(営業研修、営業リーダー研修、コーチング、講演)を行っている。実践的なプログラムが好評で、リピート率は9割を超え、その活動は『日本経済新聞』『日経ビジネス』『The21』など多数のメディアで紹介されている。『残業ゼロの人の段取りのキホン』『仕事が速い人の手帳・メモのキホン』(以上、すばる舎)、『強いチームをつくる!リーダーの心得』『営業の一流、二流、三流』(以上、明日香出版社)など、著書多数。

【書籍紹介】『仕事の速い人が絶対やらない段取りの仕方』 (日本実業出版社)
「当たり前」を少し変えれば、クオリティの高い仕事を短時間でこなせるようになる!段取りを少し見直すだけで、劇的に効率がアップする可能性があります。本書では、資料作成、会議・打ち合わせ、メールのやり取りなど、仕事上のさまざまなシーンにおいて段取り上手になるポイントを○×の具体的な事例を挙げて紹介していきます。
カテゴリ:スキルUP

関連記事

  • やり方ではなく目的にこだわる/仕事が速い人の段取りの仕方⑦
  • 得意なことこそ手分けしてスピードアップする/仕事が速い人の段取りの仕方⑥
  • 30秒でもスキマ時間を有効に使う/仕事が速い人の段取りの仕方④
  • 帰る時間をガチッと決めてから出勤する/仕事が速い人の段取りの仕方③
  • NEW
    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「年を取る」ことは「成長する」こと/「老後の不安」の9割は無駄①

  • 物事に取り組む時は「80%の力」でいい/「老後の不安」の9割は無駄②

  • 「あんなことがしたい」「ここに行きたい」という夢をもつ/「老後の不安」の9割は無駄③

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 定年後の目標を立てるコツ/「老後の不安」の9割は無駄④

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る