スキルUP

「副業」と「複業」の違いとは? これからの働き方を考える/けいろー

副業時代の到来と共に「複業」「パラレルキャリア」という言葉が注目されつつあります。今回はこうしたテーマを解説した本『複業の教科書』をフリーライターのけいろーさんが紹介します。

2018年は副業解禁元年。

複数の大手企業が社員の副業を解禁したほか、厚生労働省は「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除。社会的に副業を認める流れが加速した年だったといえるでしょう。

そんな副業時代の到来と共に生まれつつある、もうひとつの動きがあります。

一時的な副収入を目的とした「副業」ではなく、本業とは別の活動によって人生の可能性を広げようという考え方。

それが「複業」です。

必ずしも収入目的ではないこの活動は、「パラレルキャリア」と呼ばれることもありますね。

慌てて転職するのではなく、自分が関心を持てない副業でお小遣い稼ぎしようとするでもなく、仕事を続けながら、新たにスキルアップや出会いの経験を増やしていくキャリアルート。

そんな「第3の道」を歩もうとする人に指針を示してくれるのが、今回ご紹介する『複業の教科書』(西村創一朗・著/ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

「副業」と「複業」の違いって?

最近、新聞やニュースでも聞かれるようになった「副業」と「複業」という言葉ですが、正直なところ、あまりピンときていない人もいるかもしれません。

一見するとちょっとした言葉遊びのようにも映りますが、両者には明確な違いがあります。

辞書にも載っている「副業」は、「本業のかたわらにする仕事」を指すもの。家計の足しにするために自宅で行なう仕事です。「内職」をイメージする人も多いかもしれませんね。

「副業」は余った時間を有効活用してお小遣い稼ぎの感覚で取り組むことができるなどの特徴があり、近頃はネット上でアンケートに答えるなどの副業もあります。

対する「複業」は冒頭でも触れたように、必ずしも副収入が目的ではありません。本書の筆者によれば、それは「本業だけではできない“やりたいこと”へのチャレンジ」を指すものなのだそう。

たとえば、

・「現在は営業所勤めだけど、将来はマーケティングに携わりたい。だけど異動や転職が叶うとも限らないから、とりあえず知り合いの会社を手伝いながら勉強しよう」
・「本業は事務職。でも昔から文章を書く仕事をやってみたかったから、休日はブログを書くようにしよう」

といったようなかたちです。

「お金を稼ぎたいから」ではなく、「本業以外にやりたいことがあるから」というモチベーションで行なうのが、「複業」の基本的な考え方だと言えるでしょう。

また、複業は「パラレルキャリア」と呼ばれることもありますが、それが本業とは無関係で交わることのない、“パラレル”な活動になるとも限りません。それどころか、「やればやるほど、本業にプラスの影響を与える」というシナジー効果が生まれることも少なくないのだそう。

それこそが複業のメリットのひとつであると、筆者の西村氏は説明しています。

複業は「人生を取り戻す」?

自分がやりたいことをやって、少なからず収入も得ることができる「複業」。

とは言え、純粋に「稼ぐ」ことだけを目的にするのなら割の良い「副業」もあるでしょうし、貴重な余暇を削ってまで不安定な活動に励む必要はないようにも感じます。

一口に言えば、「コスパが悪い」。そんな印象を受けた人もいるかもしれません。

ですが、それ以上に無限の可能性を持っているのが「複業」なのではないかと、個人的には感じました。何と言っても複業は、いくつかの場面で「リスクを減らす」ことにつながるからです。

たとえば、

・転職先が想像と違った
・脱サラして立ち上げた事業が失敗した
・今の仕事が嫌で辞めたものの収入の当てもなく、どうしようか悩んでいる

などです。

本業を続けながら自身の裁量でチャレンジできる複業ならば、このようなキャリアチェンジの失敗リスクを減らすことが可能です。本書に登場する「“試食”ならぬ“試職”」という表現が言い得て妙ですね。

他方では、複業が本業に思わぬ好影響を与えることもあります。複業で得た知識や経験が本業で役立つことだってあるでしょうし、社外でできた関係が社内での取引や評価につながることもあるかもしれません。

本書では「社内外へ向けた情報をブログで発信するようになったことで、自身の希望する部門に異動できた」という筆者の経験が書かれていますが、これも決してレアケースというわけではないように思います。

と言うのも私自身、「在職中に始めたブログ(=複業)が現在、新たな本業につながっている」ので、このエピソードは強く共感しました。

複業をこれから始めるための「教科書」

もちろん、本書は何も「複業はいいぞ」とだけ書いているわけではなく、複業の始め方や軌道に乗せるための考え方も具体的に説明しています。

忙しい人でも1日5分から取り組めるようにハードルを下げつつ、そのうえで失敗せずに続ける方法を助言してくれる。文字どおり「教科書」としての役割を果たしてくれる1冊です。

中でも印象的だったのが、次の一節。

“似たり寄ったりのメンバーの中でキラリと輝く個性や持ち味。そんなスパイスを付与してくれるのが、複業の効果です。”

ただのお小遣い稼ぎとしての「副業」ではなく、自身の個性を磨き、活動の幅を広げてくれる「複業」。これからますます副業が広がっていくだろうなかでは、この「複業」の意識を持っているかどうかが大切になってくると考えられます。

◇ ◇ ◇

将来に漠然とした不安を抱えている若手社員はもちろんのこと、転職を検討している40~50代以上の世代にもおすすめできそうな、これからの「働き方」の教科書。

働き方が変わりつつあるまさに今、ぜひとも多くの人に読んでほしい本です。

けいろー

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】けいろー
フリーライター。ネットカルチャーを愛するゆとり世代。新卒入社したメーカーを退職後、趣味で始めたブログ「ぐるりみち。」経由で仕事をもらえるようになり、ノリと勢いで独立。本、グルメ、街歩き、旅行、ネット、アニメなどに関心あり。執筆実績として『HATSUNE MIKU EXPO 2016 Japan Tour』公式パンフレットなど。バーチャルな存在になりたい。

【書籍紹介】『複業の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 「凡人が天才を殺す」悲劇を起こさない組織の在り方とは/けいろー
  • 人生はRPGのように攻略可能!? 幸福を形成する3つの資本/けいろー
  • 上司は部下に教えちゃダメ!? スポーツから学ぶ最高のコーチング術/けいろー
  • あらゆる「あたりまえ」を疑え! 一流は常に疑っている /けいろー
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 多くの人が誤解している!「生産性」の真の意味/ドラッカーと生産性⑧

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 頭の良さや専門知識よりも重視するべき「経営者の絶対条件」とは?/ドラッカーと生産性⑦

  • ドラッカーが説く、経営者が「利益」よりも大切にするべきものとは?/ドラッカーと生産性⑤

  • 面倒……と思わないで。「途中経過の報告」が仕事の完成度を高める/時短術大全

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る